彫刻を学ぶことはすべてを学ぶ事

 彫刻芸術は人類の歴史のなかでもっとも古い芸術のひとつであり現在もなお、私たちの遺伝子に脈々と引き継がれた美的表現のひとつとして、文明を多彩に彩っています。その彫刻をひとことで表現すれば「存在の芸術」と言えます。なぜならば、彫刻の材料となるさまざまな物質には宇宙の記憶が、そしてそれを加工する技術には人類の記憶が含まれているのです。よって現代において彫刻を創造することは、あらゆる文化や歴史に触れながら自らの意志を「かたち」に現す芸術と言えるからです。
 彫刻芸術の概念は今も求心と拡張を繰り返しながら、さらなる可能性を求めて進化し続けています。そのなかで、私たちは世界に誇る特異で奇抜な伝統的美学を受け継いでいますが、この貴重な文化遺産を礎として、新たな彫刻表現の可能性を模索し世界に発信していかなければなりません。
 彫刻学科では伝統と革新を対立項と見なさず、過去に学び未来を創造する我が国独自の芸術家の育成をめざしています。国内外でもトップクラスの設備を備え、塑造・木彫・石彫・金属・ミクストメディアの各領域における専門工房には経験豊かな教員が配属され伝統的な手法から拡張を続ける現代美術まで、基礎課程から学ぶことができます。そして専門課程では、学生自らがめざす領域を自由に選択しながら個々のもつ能力を最大限に発揮できる制作環境を整えています。

「彫刻を学ぶことはすべてを学ぶこと」です。
本学科で培ったさまざまな経験は芸術家として、またいろいろな進路の礎となり社会に貢献できることでしょう。

ニュース & トピックス

平成29年度第4期所蔵品展 Artists of Yokosuka

本学非常勤講師の井上裕起が出品いたします。 平成29年度第4期所蔵品展 特集:A・・・

続きを読む >
第33回彫刻奨学生作品展

本学 大学院1年生 福井敬貴が出品いたしました。 第33回 公益財団法人北野生涯・・・

続きを読む >
「歩く人」吉川陽一郎

本学非常勤講師の吉川陽一郎が個展を開催いたします。 「歩く人」吉川陽一郎 会期:・・・

続きを読む >
新聞紙の変身展

本学卒業生の関口光太郎と本学修了生の遠藤良亮が出品しております。 新聞紙の変身展・・・

続きを読む >