東京都庭園美術館で「20世紀のポスター[図像と文字の風景]」が開催中(多摩美術大学/企画協力)

1998年より株式会社竹尾とグラフィックデザイン学科によって継続してきた「ポスター共同研究」の成果となる展覧会「20世紀のポスター[図像と文字の風景]──ビジュアルコミュニケーションは可能か?」が、東京都庭園美術館で開催中です。

この展覧会は、1920年代から90年代にかけて制作された「構成的ポスター」に焦点をあてた展覧会です。ヨゼフ・ミューラー゠ブロックマンやマックス・ビル、オトル・アイヒャー、ウォルフガング・ワインガルトなど、有名なデザイナーが手がけたポスター作品が多数展示されています。

すべてのポスターは、株式会社竹尾の所蔵する竹尾ポスターコレクション(多摩美術大学寄託)から選出されています。

展覧会に関するパブリシティ、カタログ、会場等のデザインは、グラフィックデザイン学科の澤田泰廣先生のアートディレクション、長澤昌彦先生のデザインによるものです。また、企画は佐賀一郎先生による監修となります。

コロナ禍のつづく状況ですが、春休みの時期に足を運んでみてはいかがでしょうか?

庭園美術館ウェブサイト
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/210130-0411_ConstructivePostersOfThe20th.html

展覧会情報
20世紀のポスター[図像と文字の風景]──ビジュアルコミュニケーションは可能か?
会期:2021年1月30日(土)~4月11日(日) 10:00–18:00
会場:東京都庭園美術館
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、日本経済新聞社
企画協力:多摩美術大学
特別協力:株式会社竹尾
後援:在日スイス大使館 
年間協賛:戸田建設株式会社、ブルームバーグ・エル・ピー

20世紀のポスター[図像と文字の風景]

アートディレクション/澤田泰廣
デザイン/長澤昌彦

カテゴリー: すべて | 東京都庭園美術館で「20世紀のポスター[図像と文字の風景]」が開催中(多摩美術大学/企画協力) はコメントを受け付けていません。

副手募集について(多摩美術大学グラフィックデザイン学科研究室)

グラフィックデザイン学科研究室では、このたび副手を募集します。
詳細につきましてはこちらのPDFよりご覧ください。

応募締切と提出書類:
2021年1⽉5⽇(⽕)必着で履歴書を郵送して下さい。

提出先:
〒192-0394 東京都⼋王⼦市鑓⽔2-1723
多摩美術⼤学 美術学部グラフィックデザイン学科研究室
※封筒に「副⼿応募」と朱書きすること。

以上

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科研究室

カテゴリー: GD研究室から, すべて | 副手募集について(多摩美術大学グラフィックデザイン学科研究室) はコメントを受け付けていません。

芸術祭期間中のGD研究室の閉室について

10月30日(金)から11月5日(木)の、弊学の定める芸術祭期間中は、グラフィックデザイン学科研究室は窓口業務を停止し閉室させていただきます。

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科研究室

カテゴリー: GD研究室から, すべて | 芸術祭期間中のGD研究室の閉室について はコメントを受け付けていません。

グラフィックデザイン学科卒業制作展2020作品集販売開始のお知らせ

【グラフィックデザイン学科卒業制作展2020作品集】は、グラフィックデザイン学科の学生(2020年 3月卒業生)により編集された作品集です。
例年は、3月に開催する[卒業制作学外展示]の図録として販売しています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、この展示も中止にせざるを得ず、作品集を見ていただく機会も失われていました。

今回、通信販売にて販売を開始いたします。

購入方法は以下のURLをご参照ください。
https://www.tamabi.ac.jp/admission/prospectus.htm
※一番下部にカタログ販売の案内がございます。

卒業生の力のこもった本作品集を是非ご高覧ください。

GD2020_guraduation

グラフィックデザイン学科研究室

カテゴリー: すべて | グラフィックデザイン学科卒業制作展2020作品集販売開始のお知らせ はコメントを受け付けていません。

新入生の初登校日がありました

こんにちは。グラフィックデザイン研究室です。

7月2日に、新入生のはじめての登校日がありました。
授業はオンラインという形で5月にスタートし、画面越しの大学生活という状態でしたが、
この日ようやく1年生と大学で対面を果たせて、ひとまず安堵しています。

この日は、1年生に午前と午後で分散登校をしてもらい、

○ショート・オリエンテーション
○コンピュータールームガイダンス
○GD学科の施設ツアー

を複数回行う形で、学科の様子を体感してもらいました。

初登校日にデザイン棟の入口にて。気づけば初夏になってしまいました。

初登校日にデザイン棟の入口にて。気づけば初夏になってしまいました。

オリエンテーション集合場所。入口で手指消毒と、学生証による出席登録をしてから入場です。

オリエンテーション集合場所。入口で手指消毒と、学生証による出席登録をしてから入場です。

半分ずつの人数ですが、はじめて一年生の同級生同士がここで顔を合わせました。

半分ずつの人数ですが、はじめて一年生の同級生同士がここで顔を合わせました。

オンライン授業では画面越しでしたが、先生とリアルに対面するのも初めてのことです。

オンライン授業では画面越しでしたが、先生とリアルに対面するのも初めてのことです。

さらにグループを分けて、施設を体感してもらいました。 コンピュータールームガイダンスの様子です。

さらにグループを分けて、施設を体感してもらいました。
コンピュータールームガイダンスの様子です。

初めて使う学校の設備も、みんなで消毒。

初めて使う学校の設備も、みんなで消毒。

もう一方のGD学科ツアーです。研究室の助手副手が引率し、デザイン棟の中を巡りました。

もう一方のGD学科ツアーです。研究室の助手副手が引率し、デザイン棟の中を巡りました。

手は掛かりますが、集合場所も最後にみんなで消毒です。

手は掛かりますが、集合場所も最後にみんなで消毒です。

2020freshman_9

1年生の皆さん、リアルな大学を感じてもらえたでしょうか。

集合時のショート・オリエンテーションでは、1年生の授業を担当する先生方より挨拶がありました。
– – – – – – – – – – – – – –

町の中の様子を見ると、少しずつ日常を取り戻しつつあるようですが
大学では、大勢の学生や教職員が集まり、同じ空間の中を過ごします。
多摩美でも、キャンパスの中で授業を受けたり、作品を制作をするという
これまでは当たり前のようにできたことが、とても難しいことに変わってしまいました。
段階を踏みながら、大学を再び開き、新しい大学の日常を構築しようという試みも、
消毒の仕方・新しいルール・生活習慣をひとつひとつ見つめながら、
やっと先週から再開できた状況です。

授業自体もオンライン上で開始し、今後も継続せざるを得ないという流れにあります。
こうしたことに対して、一般的にネガティヴな切り口で語られることは多いようです。
しかし、この新たな試みによるポジティヴな面も、いま見えてきています。
新しい時代に即した、新しい経験が積み上がっていくこと。
これからの時代の、新たなデザイナーが育つ期待感。
多摩美のこれまで80年の中でも、授業のオンライン化という取り組みは歴史的な挑戦でしたが
みなさんはこの「第一期生」であるということに、どうぞ誇りを持ってください。

そして今日、この初めての登校日をきっかけに
初めて会う同級生とのリアルな友達としてのつながりを築いていってください。
デジタル環境の中にいては、なかなか難しかったことだと思います。

全員揃ってマスクを着けているこの光景を、目に焼き付けておいてください。
教員も含め、困難な状況下にありますが、みなさんには前向きに、たくましく学んでほしいです。
この世代から将来を担う人が沢山でてくることを期待しています。

今後も、皆さんやご家族、周りの方の健康、安全を守れるように
慎重に少しずつ、後期からは施設利用や対面授業を組み合わせていきます。
ご理解とご協力をあらためてお願いします。

(当日の先生方の挨拶より)

– – – – – – – – – – – – – –

このごろ再び感染者数の推移が心配になってきました。
またここで元気に会えるように、新しい習慣を身につけて過ごしていきましょう。

カテゴリー: GD研究室から | 新入生の初登校日がありました はコメントを受け付けていません。

GD学科の施設利用を再開しました

本学では、「緊急事態宣言」が解除されたことを受け、6月下旬より段階的なキャンパスにおける「面接指導」または「施設利用」について検討し、徐々に再開することとなりました。
グラフィックデザイン学科でも十分な対策案を検討・実施し、昨日6/26より施設利用を一部再開いたしました。
緊急事態が解除された後も、感染リスクについては予断を許さない状況です。
当面の間、施設利用の際に、学生のみなさんに守ってほしいルールや、「新しい習慣」、また「新しくなった風景」をご紹介します。

*基本的なこと
『家を出る前に検温し、マスクを必ず着用して行動しよう』
『学科についたら受付に立ち寄り、学生証で通学・帰宅のチェックを取ろう』
『施設を利用する前には、自分を感染から守るために。施設を利用した後には、感染リスクを他人に広げないために。使った座席や機材などを清掃する習慣をつけよう』

*予約制度について
施設利用は、完全予約制としています。人数超過を防ぐために、通学できるのは、事前に予約が成立した人のみとなります。
※GD学科生専用の予約フォームURLについては、CampusSquareから参照してください。
※その他詳細についても、同様にCampusSquareで案内している内容に従ってください。

*学科での対策と新しい習慣について

校門ではサーモカメラで検温があります。また、デザイン棟に到着したら正面入り口から入ってください。

校門ではサーモカメラで検温があります。また、デザイン棟に到着したら正面入り口から入ってください。

GD学科生は、正面から入って右側、TAUホール側の階段を使います。交通整理のため、3学科で経路の取り決めをしました。

GD学科生は、正面から入って右側、TAUホール側の階段を使います。交通整理のため、3学科で経路の取り決めをしました。

3階に上がったらまずは受付に向かってください。GD学科の受付は2箇所設けました。その日の目的に対応した窓口へどうぞ。

3階に上がったらまずは受付に向かってください。GD学科の受付は2箇所設けました。その日の目的に対応した窓口へどうぞ。

こちらはコンピュータールーム利用者のための特設窓口です。ここに着いたら、学生証を出席登録端末に読み込ませてください。

こちらはコンピュータールーム利用者のための特設窓口です。ここに着いたら、学生証を出席登録端末に読み込ませてください。

*写真スタジオ、私物の引き取りを事前に予約している場合は、研究室のカウンターへ立ち寄ってください。

手の消毒も忘れずに!アルコール手指消毒剤を各所に設置しています。

手の消毒も忘れずに!アルコール手指消毒剤を各所に設置しています。

このカウンターで予約を確認し、学生証の確認が済んだら、コンピュータールームに移動しましょう。

このカウンターで予約を確認し、学生証の確認が済んだら、コンピュータールームに移動しましょう。

座席の間引きと、常時換気を行なっています。利用中も他の学生と間隔をあけて座りましょう。

座席の間引きと、常時換気を行なっています。利用中も他の学生と間隔をあけて座りましょう。

手袋をつけてのカッティング作業をしてもらっています。

手袋をつけてのカッティング作業をしてもらっています。

消毒に必要なものも一式ご用意しています。

消毒に必要なものも一式ご用意しています。

作業が終わったら、自分が使った席と機器を除菌作業して利用終了です。各部屋にはスタッフが常駐します。掃除・消毒の方法もご説明します。

作業が終わったら、自分が使った席と機器を除菌作業して利用終了です。各部屋にはスタッフが常駐します。掃除・消毒の方法もご説明します。

利用が終わったら全員、研究室で「帰宅」の学生証登録を済ませ、速やかに帰宅しましょう。

利用が終わったら全員研究室で「帰宅」の学生証登録を済ませ、速やかに帰宅しましょう。

お帰りの際も階段で。「密」を防ぐため、エレベーターは原則ご遠慮いただきます。

お帰りの際も階段で。「密」を防ぐため、エレベーターは原則ご遠慮いただきます。

gd-pnn_17

以上、施設利用の再開した様子をご紹介しました。
少しずつではありますが、新しい習慣を身につけ、気をつけながら日常を取り戻せていけたらと思います。

カテゴリー: GD研究室から | GD学科の施設利用を再開しました はコメントを受け付けていません。

【重要】更新:今後のGD研究室の業務について

日本政府による「緊急事態宣言」が延長されたことを受け、
本学では引き続き5月31日(日)までキャンパス閉鎖が延長されましたが、
今後授業は段階的にオンライン上で再開されることとなりました。
グラフィックデザイン学科研究室では5月8日より当面の間
規模を縮小した上で窓口業務の一部再開、および在宅勤務体制を継続します。

窓口対応時間:10:00〜15:00(月〜土)
お問い合わせ:042-679-5623
その他お問い合わせ先:gurafu@tamabi.ac.jp

今後の大学の方針につきましては、新しい情報を大学ホームページで適宜ご確認ください。
https://www.tamabi.ac.jp/index_j.htm

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科研究室

カテゴリー: GD研究室から | 【重要】更新:今後のGD研究室の業務について はコメントを受け付けていません。

【重要】キャンパス閉鎖に伴うGD研究室の閉室について

新型コロナウイルスに伴う「緊急事態宣言」を受けたキャンパス閉鎖に伴い、
4月8日より5月6日までの期間、グラフィックデザイン学科研究室は窓口業務を停止し閉室させていただきます。

今後の新年度の予定につきましては、新しい情報を大学ホームページで適宜ご確認ください。
https://www.tamabi.ac.jp/index_j.htm

[関連:「緊急事態宣言」を受けた本学の対応(キャンパス閉鎖)について]
https://www.tamabi.ac.jp/topics/covid-19/2004070000.htm

いま、世界が大変難しい状況にあり、多くの混乱がある中ですが、
ご自身の身の安全を大事にお過ごしください。

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科研究室

カテゴリー: GD研究室から | 【重要】キャンパス閉鎖に伴うGD研究室の閉室について はコメントを受け付けていません。

展示のお知らせ|「ASIA+EUROPA student exchange exhibition」「&山形季央展」

こんにちは。 グラフィックデザイン学科より展示のお知らせです。 現在、アートテーク1F 101 ~ 105展示会場にて、 「ASIA+EUROPA student exchange exhibition 学生ポスター交流 … 続きを読む

その他のギャラリー | 展示のお知らせ|「ASIA+EUROPA student exchange exhibition」「&山形季央展」 はコメントを受け付けていません。

特別講義|佐藤可士和 氏(2019年度グラフィックデザインA-1)

こんにちは。グラフィックデザイン研究室です。

10/28(月) 当学客員教授の佐藤可士和先生による、
グラフィックデザインA-Ⅰの受講者を主な対象にした、特別講義が行われました。
前半は講義形式、後半は当日2Fプレゼンテーションルームで開催されていた
グラフィックデザインA-Ⅰクラスの展示「ZOOOOM」の作品講評会が行われました。

前半の講義では、「ICONIC BRANDING」というキーワードを軸に、佐藤可士和先生の仕事について紹介いただきました。佐藤先生の「ICONIC」を軸としたロゴデザイン、プロダクトデザイン、空間からさらに音楽や建築に至るまでの、平面デザインの枠に収まらない幅広い仕事の内容に圧倒されながらも、その幅広さの理由に納得させられた講義時間でした。

また講義後の質問タイムでは特に、「相手の話をよく聞いて理解すること。本人すらわかっていない問題を明らかにし、それに解決策を与えること。」という佐藤先生のクライアントに対する基本姿勢についてのお話がありましたが、課題内では自己表現を追求しがちな学生たちにとっても、ハッとするものがあり心に残る内容だったのではないでしょうか。

後半の講評会では、時間の都合上展示参加者の中から佐藤先生の気になる作品について、先生と作者の学生との対談という形で講評をいただきました。講評会の最後には展覧会の作品の中から佐藤可士和賞を選出いただいたり、緊張感のある講評会となりました。

今回の特別講義では、佐藤先生に直接お話を伺うことができ、メディアでは感じることのできない、先生のお人柄が感じられたように思いました。先生のお仕事のことはももちろんですが、佐藤先生の物事に向き合うどこまでも素直な姿勢は学ぶべきことがあるように感じました。

カテゴリー: 特別講義 | 特別講義|佐藤可士和 氏(2019年度グラフィックデザインA-1) はコメントを受け付けていません。