月別アーカイブ: 2020年7月

新入生の初登校日がありました

こんにちは。グラフィックデザイン研究室です。

7月2日に、新入生のはじめての登校日がありました。
授業はオンラインという形で5月にスタートし、画面越しの大学生活という状態でしたが、
この日ようやく1年生と大学で対面を果たせて、ひとまず安堵しています。

この日は、1年生に午前と午後で分散登校をしてもらい、

○ショート・オリエンテーション
○コンピュータールームガイダンス
○GD学科の施設ツアー

を複数回行う形で、学科の様子を体感してもらいました。

初登校日にデザイン棟の入口にて。気づけば初夏になってしまいました。

初登校日にデザイン棟の入口にて。気づけば初夏になってしまいました。

オリエンテーション集合場所。入口で手指消毒と、学生証による出席登録をしてから入場です。

オリエンテーション集合場所。入口で手指消毒と、学生証による出席登録をしてから入場です。

半分ずつの人数ですが、はじめて一年生の同級生同士がここで顔を合わせました。

半分ずつの人数ですが、はじめて一年生の同級生同士がここで顔を合わせました。

オンライン授業では画面越しでしたが、先生とリアルに対面するのも初めてのことです。

オンライン授業では画面越しでしたが、先生とリアルに対面するのも初めてのことです。

さらにグループを分けて、施設を体感してもらいました。 コンピュータールームガイダンスの様子です。

さらにグループを分けて、施設を体感してもらいました。
コンピュータールームガイダンスの様子です。

初めて使う学校の設備も、みんなで消毒。

初めて使う学校の設備も、みんなで消毒。

もう一方のGD学科ツアーです。研究室の助手副手が引率し、デザイン棟の中を巡りました。

もう一方のGD学科ツアーです。研究室の助手副手が引率し、デザイン棟の中を巡りました。

手は掛かりますが、集合場所も最後にみんなで消毒です。

手は掛かりますが、集合場所も最後にみんなで消毒です。

2020freshman_9

1年生の皆さん、リアルな大学を感じてもらえたでしょうか。

集合時のショート・オリエンテーションでは、1年生の授業を担当する先生方より挨拶がありました。
– – – – – – – – – – – – – –

町の中の様子を見ると、少しずつ日常を取り戻しつつあるようですが
大学では、大勢の学生や教職員が集まり、同じ空間の中を過ごします。
多摩美でも、キャンパスの中で授業を受けたり、作品を制作をするという
これまでは当たり前のようにできたことが、とても難しいことに変わってしまいました。
段階を踏みながら、大学を再び開き、新しい大学の日常を構築しようという試みも、
消毒の仕方・新しいルール・生活習慣をひとつひとつ見つめながら、
やっと先週から再開できた状況です。

授業自体もオンライン上で開始し、今後も継続せざるを得ないという流れにあります。
こうしたことに対して、一般的にネガティヴな切り口で語られることは多いようです。
しかし、この新たな試みによるポジティヴな面も、いま見えてきています。
新しい時代に即した、新しい経験が積み上がっていくこと。
これからの時代の、新たなデザイナーが育つ期待感。
多摩美のこれまで80年の中でも、授業のオンライン化という取り組みは歴史的な挑戦でしたが
みなさんはこの「第一期生」であるということに、どうぞ誇りを持ってください。

そして今日、この初めての登校日をきっかけに
初めて会う同級生とのリアルな友達としてのつながりを築いていってください。
デジタル環境の中にいては、なかなか難しかったことだと思います。

全員揃ってマスクを着けているこの光景を、目に焼き付けておいてください。
教員も含め、困難な状況下にありますが、みなさんには前向きに、たくましく学んでほしいです。
この世代から将来を担う人が沢山でてくることを期待しています。

今後も、皆さんやご家族、周りの方の健康、安全を守れるように
慎重に少しずつ、後期からは施設利用や対面授業を組み合わせていきます。
ご理解とご協力をあらためてお願いします。

(当日の先生方の挨拶より)

– – – – – – – – – – – – – –

このごろ再び感染者数の推移が心配になってきました。
またここで元気に会えるように、新しい習慣を身につけて過ごしていきましょう。

カテゴリー: GD研究室から | 新入生の初登校日がありました はコメントを受け付けていません。