ICAF2019について

こんにちは、グラフィックデザイン学科です。

9/26(木)〜9/29(日)にかけて、国立新美術館にて
ICAF2019(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)が開催されました。
http://www.icaf.info/

ICAFは、大学や専門学校などの教育機関で制作された学生作品を上映する映画祭です。
今年は多摩美術大学が幹事校としてフェスティバルの運営にあたりました。
フェスティバルのメインビジュアルは、橋爪伸弥さん(’18年修了)が手がけています。

また、観客の投票により順位を決める観客賞では、
周小琳さん(’19年修了)の修了制作『四月』が見事1位を得ました!

東京での開催は終了しましたが、今後は地方上映も多数予定されています。
ご機会がありましたらぜひご参加ください!

カテゴリー: すべて | ICAF2019について はコメントを受け付けていません。

クラス展示のお知らせ|アニメーションⅠ, Ⅱ『あにま!』

こんにちは。グラフィックデザイン学科より展示のお知らせです。
現在、デザイン棟2階 プレゼンテーションルームと2Fギャラリーにて、
アニメーション3,4年のクラス展示『あにま!』が開催中です。

3年生は前期作品、4年生は3年後期と4年前期作品を中心として、
それぞれの作品の上映および制作したコンテや
キャラクター等の紹介展示を行なっています。

【『あにま』から『あにまにあ』?】
今年のアニメーションクラスの展示委員が決めたテーマは『あにま anima』です。ラテン語で「生命」や「魂」を指す言葉で、アニメーションの語源でもあります。アニメーションは、その語源が示すように、動かないものに命を吹き込む行為です。これぞまさにアニメーションの醍醐味ですが、ひとつのアニメーション作品を完成させるためには膨大な時間と労力、そしてエネルギーを必要とします。
そして『あにま anima』のアナグラム(文字の入れ替え)から『まにあ mania』という言葉が作れます。特定の事柄ばかりに熱狂的な情熱を注ぐ者という意味で、その語源はギリシャ語で「狂気」だそうです。その二つの言葉を組み合わせると、『あにまにあ animania(アニメーションの熱狂人)』なる、上から読んでも下から読んでも同じ(笑)造語ができあがります。今回の展示は卒業制作前の4年生と3年生作品ですから、まだライトな作品や荒削りなものも多いかと思います。しかし、この展示をステップに『あにま』は『あにまにあ』に進化し、もっとマニアックで、もっとディープで、もっとクレイジーな作品を作ってくれることでしょう。まだまだこの先が楽しみなアニメーションクラスの様々な『あにま』をお楽しみください。

(アニメーション担当教員 野村辰寿教授より)

▼アニメーション クラス展示『あにま!』
日程:2019年 10/1(火)~ 10/12(土)
会場:デザイン棟2階プレゼンテーションルーム・ギャラリー

カテゴリー: すべて, 展覧会情報 | クラス展示のお知らせ|アニメーションⅠ, Ⅱ『あにま!』 はコメントを受け付けていません。

クラス展示|グラフィックデザインD 『平面と立体と経験』


グラフィックデザイン学科より展示のお知らせです。
現在、デザイン棟2Fプレゼンテーションルームギャラリーにて
佐藤直樹教授の「グラフィックデザインD」クラス展示が行われています。

今回のテーマは「平面と立体と経験」です。

平面作品だけでなく、オブジェや本などの立体物としての作品が多く出品されています。
是非お越しください。

グラフィックデザインが「平面」の表現であることには間違いないんだけど、
エディトリアルの場合は「立体」的に考えることができなければ成立しないし、
受け取る側の「経験」まで想像しないと独り善がりなものになってしまいがちだよね。
といったところを各自でプロジェクト化してチャレンジすることが
このクラスの課題だったわけですが、うまくいったかな?
ま、イマイチうまくいかなかったと思っても、そのことを自覚できたなら成功と考えましょう。

(展示に寄せた佐藤直樹教授のコメントより)

▼グラフィックデザインD クラス展示『平面と立体と経験』
日程:2019年 7/16(火)~ 7/27(土)
会場:デザイン棟2階プレゼンテーションルーム・ギャラリー

カテゴリー: すべて, 展覧会情報 | クラス展示|グラフィックデザインD 『平面と立体と経験』 はコメントを受け付けていません。

ゲスト講義|福島 治 氏

去る6月27日(木)に「クリエーションⅠ」(3年生)の授業内にて、
グラフィックデザイナーの福島治さんをお招きしたゲスト講義が行われました。
講義は「ソーシャルデザイン」をテーマにして行われ、学生のみなさんにとっては、これから自分たちが生きていくの社会・世界に向けた、自分たちが創っていくデザインを考える、大変有意義な1日になったのではないでしょうか。

 

カテゴリー: すべて, 特別講義 | ゲスト講義|福島 治 氏 はコメントを受け付けていません。

ワークショップ:STUDIO Web制作ワークショップ

こんにちは。グラフィックデザイン学科です。

先日64日にSTUDIO株式会社 石井 穣氏によるWeb制作ワークショップを開催致しました。

ドラッグ&ドロップだけで、簡単にデザイン、コーディングができるツール『STUDIO』を使い、実際にWebページを制作し、公開までの過程を体験しました。

この経験を活かし、課題のプレゼンテーションや、ポートフォリオサイトなどに活用していければと思います。

カテゴリー: すべて, 授業情報 | ワークショップ:STUDIO Web制作ワークショップ はコメントを受け付けていません。

展示のお知らせ:グラフィックデザインC 服部先生クラス展示「STRECH」

こんにちは。グラフィックデザイン学科から展示のお知らせです。

528日(火)よりデザイン棟2Fプレゼンテーションルーム、ギャラリーにて服部一成教授クラスの展示が行われています。

今年の展示のテーマは「STRETCH」です。

「伸び伸び、自由自在に。」というような意味が込められています。

是非お越しください。

▼グラフィックデザインC-Ⅰ「STRETCH」

会期:2019年5月28日(火)~6月7日(金)

会場:デザイン棟2階 プレゼンテーションルーム(07-208)、2Fギャラリー

担当教員:服部一成教授

カテゴリー: すべて, 展覧会情報 | 展示のお知らせ:グラフィックデザインC 服部先生クラス展示「STRECH」 はコメントを受け付けていません。

クラス展示|アートディレクションA クラス展示『これだ!!』

去る5月14日〜24日に、八王子キャンパス・デザイン棟2Fプレゼンテーションルーム・ギャラリーにて、
アートディレクションA(大貫 卓也 教授担当)クラスの展示がありました。

現在の4年生が昨年度、3年次に制作を行った作品を展示しています。
今回の展示テーマは『これだ!!』です。


アイデアで行き詰まった人もいれば、
最終の表現定着で行き詰まった人もいました。
それでも踏ん張って、問題が解けた瞬間の
『これだ!!』を体験した人は確実に成長します。
その体験を体で覚えていてください。
この先も、その体験をするために努力を続け、
数多くの『これだ!!』を積み重ねてください。
行き詰まることを喜びに変えましょう。

(展示に寄せた大貫教授のコメントより)

 
▼アートディレクションA クラス展示『これだ!!』
日程:2019年 5/14(火)~ 5/24(金)
会場:デザイン棟2階プレゼンテーションルーム・ギャラリー

 

カテゴリー: すべて, 展覧会情報 | クラス展示|アートディレクションA クラス展示『これだ!!』 はコメントを受け付けていません。

ゲスト講義|小林 一毅 氏

去る4月18日(木)に「クリエーションⅠ」(3年生)の授業内にて、
この春「JAGDA新人賞2019」を受賞された、本学科OBの小林一毅さんをお招きしたゲスト講義が行われました。

お話はスライドを交えた内容で、小林さんご自身がコレクションされている蔵書、貴重な資料も教室に登場しました。
講義後も、場所を変えた学生との歓談もやむことなく、これからデザイナーを目指す学生のみなさんには、大変参考になる1日だったのではないでしょうか。

 

カテゴリー: すべて, 特別講義 | ゲスト講義|小林 一毅 氏 はコメントを受け付けていません。

展示のお知らせ:上田先生クラスの展示 「From the hip」

こんにちは。

グラフィックデザイン学科研究室です。

4/22~5/11 プレゼンテーションルームにて上田先生クラスの展示

「From  the hip」が行われています。

現4年生が制作した授業課題の2つ、紙課題と写真集が展示されています。

—-この2つの、「光」と「私の眼差し」という、写真にとって大切なことと、真正面からとりくむことで、あらゆる写真表現の大元の喜びに触れることが出来ると考えます。(担当教員:上田義彦 挨拶文抜粋)

会場以外にも学内の各所に告知ポスターが貼られていますので、

そちらも合わせてぜひご覧ください。

カテゴリー: すべて | 展示のお知らせ:上田先生クラスの展示 「From the hip」 はコメントを受け付けていません。

展示のお知らせ:Shining in your eyes 2019

こんにちは。GD研究室です。
2/5よりキヤノンオープンギャラリー2にて、
写真クラスの学外選抜展が行われています。

_____

多摩美術大学グラフィックデザイン学科選抜展
何気ない日常で、ふたたび訪れることのない「今」を、感じたものを直感的に、
ただひたすらに写真に収める。
見ることをやめない限り、私達の写真の旅が終わることはない。
そこにはそれぞれの眼差しが、思いが、感情が、奇蹟が写っていた。
本展は、2年間にわたり写真家・上田義彦のもとで「写真の喜び」について学んだ
多摩美術大学グラフィックデザイン学科6名による展示です。
まばゆい光を生け捕り、日常という非日常に魅了された6名の
瑞々しい作品の数々をご覧ください。

小川真未/北川千乃/金炯鎭/貞末歩夢/戚羽豪/劉也

会期 2019年2月5日|火|〜2月19日 |火|
時間 10:00~17:30
定休 日・祝日
入場料 無料
場所 キヤノンオープンギャラリー2

_____

 

カテゴリー: すべて | 展示のお知らせ:Shining in your eyes 2019 はコメントを受け付けていません。