多摩美術大学 大学院 博士課程後期

Updated

2017/5/23/
2017の学位論文・作品紹介を掲載いたしました。
2017/5/1/
学事日程・教育課程、教員紹介、在籍者紹介、大学院研究室紹介の情報を2017年度版に更新しました。
2016/4/26/
学事日程・教育課程、教員紹介、在籍者紹介、学位論文・作品紹介ページを2016年度の情報に更新しました。

学位論文・作品紹介 2005

2005年 博士号取得者一覧

甲第04号千 眞圭 CHUN Jin-kyoo2005年3月23日 博士 (芸術)

論文

平面的展開から造形的絵画の発想へ
-日本近代版画の誕生とその時代的役割を中心に-

主査:
李禹煥
副査:
本江邦夫
副査:
島尾新
副査:
藤井久栄

作品

時-空間の連続性

2003年
木版
77.5×100.5cm

甲第05号金 慧栄 KIM Hye-young2005年3月23日 博士 (芸術)

論文

現代ガラスアートにおける
原始模様の新たな適用形態に関する研究
-渦巻文様を中心に-

主査:
佐藤晃一
副査:
辻惟雄
副査:
島尾新
副査:
伊藤孚

作品

誕生

2003年
吹きガラス、グラス、ファイバー

甲第06号有坂 ゆかり ARISAKA Yukari2005年3月23日 博士 (芸術)

論文

絵画の認識と可能性
-制作者の視点-

主査:
本江邦夫
副査:
建畠晢
副査:
諸川春樹
副査:
馬越陽子

作品

リボンの海

2003年
キャンバスに油彩
181.8×227.3cm

甲第07号井上 貴美 INOUE Takami2005年3月23日 博士 (芸術)

論文

「作品」と「場」の造り出す関係の変遷とこれからの展望

主査:
本江邦夫
副査:
李禹煥
副査:
堀浩哉
副査:
谷新

甲第08号朴 香淑 PARK Hyang-sook2005年3月23日 博士 (芸術)

論文

現代社会における児童画の役割
-児童画の影響及び現代社会との関連を考える-

主査:
李禹煥
副査:
本江邦夫
副査:
鶴見雅夫
副査:
馬越陽子

作品

会いたい!

2003年
キャンバスに油彩
162×194cm