2011.03.15
2010年度 受賞報告

今年度行いました(株)丸和製作所との産学共同にて、プロダクト3年の天野雄太さんが制作した作品「金属標本」が職業訓練法人アマダスクール主催の「優秀板金製品技能フェア」にて審査員特別賞を受賞致しました。

17

21

3








2011.01.06
AXISとWallpaper*

現在発売されているデザイン誌にプロダクトデザインの卒業生の作品が掲載されています。


ひとつめは、「AXIS」の2月号(vol.149号)

もうひとつは、「Wallpaper*」の1月号です。(no.142号)


wallpaper_axis



AXISには106ページから109ページまで、「Doing industry-academia 産学共同の正しいやり方」と題された記事で、
ナイキとプロダクト研究室が行なった「マス・クラフトマンシップ」プロジェクトが紹介されました。

axis01


Wallpaper*には、昨年(2010年3月)に卒業した入江卓郎さんの卒業制作が、なんと表紙に掲載されました。
(このブログの一番上の写真、wallpaper*の表紙です)
この写真を撮影する為に、わざわざロンドンまで送って撮影をしたとのことです。


入江さんの作品は表紙の他に84ページと87ページにも掲載されています。

wallpaper01


93ページには、同じく昨年卒の橋本竜さんの卒業制作も掲載されています。(右ページ下部の自転車の作品です)
wallpaper03


書店でお見かけの際には、是非ご覧下さい!


[azm]

2010.11.12
シンガポールナンヤン美術アカデミー来校

11月5日(金)にシンガポールからナンヤン美術アカデミーの先生2名と学生の皆さんか来校されました。
初めて来日した学生も多く、多摩美術大学に大いに刺激を受けているようでした。

dsc_0003dsc_0004

ナンヤン芸術大学の皆さんは3D学科で家具を専攻している学生です。
和田学科長からの多摩美及びプロダクトデザイン専攻の紹介があった後、多摩美のプロダクトからも4年生の4名がプレゼンテーションをしてくれました。

dsc_0035dsc_0047dsc_0051dsc_0063dsc_0066dsc_0081


自作の電子楽器でのライブもあり、ナンヤン美術アカデミーの学生も興味深く参加していました。

dsc_0085dsc_0091dsc_0098

みなさん興味深く学生の作品を見てくれました。


dsc_0102

プレゼンの後の集合写真。

dsc_0108

その後、和田学科長の案内で大学内のツアーがあり、同じ生産デザイン学科のテキスタイルのギャラリーや、CMTEL、図書館などをまわりました。

dsc_0110dsc_01171dsc_01211
dsc_0126

最後に図書館の前で集合写真を撮りました。
短い時間でしたが、楽しい交流会となりました。


yu






2010.11.11
株式会社 島津製作所 会社見学 

10月18日、19日プロダクト2年生Studio1の13名は株式会社島津製作所の会社見学へ京都へ行ってきました。

島津製作所は創業100年以上の歴史ある企業で、教育用理化学機器や医療機器、分析計測器や産業用機械などの幅広い分野で事業を展開されています。今回の見学では島津製作所創業の歴史を知ることができる「島津創業記念資料館」と実際に製品を製造されている本社工場にて様々な分析計測機器、医療機器などを見せていただきました。

創業記念資料館にて。
創業当時の貴重な資料や製品をたくさん見させていただきました。
当時の創業者、島津源蔵さんの思いや発明品の数々…実際の機器で実験ができる体験コーナーもあり、科学の不思議と当時の科学技術追求への高い志を感じました。
今日の発展は、先人の方の気の遠くなるような努力の賜物であると思いました。そしてまた、何かひとつのことに対して深く追求していくことの大切さを感じました。
p1010595

創業記念資料館前にて記念写真を撮っていただきました。
この記念資料館は初代島津源蔵さんがその当時実際に住居兼工場として事業を営んでいた場所に建てられており、建物からも当時の面影を感じることができます。
dscn00391

医用メディカルセンターショールームにて。
ここでは実際に医療の現場で使用されているX線医用機器を見せていただきました。
こちらは台に寝た状態で様々な角度からレントゲンの撮影ができる仕様になっているX線撮影システムです。
ショールームの方に実際の使用方法などを教えていただき、製品に触れながら見学させていただきました。
p1010613

こちらは可動式タイプのレントゲン機器で、患者さんが病院の病室にいながらレントゲン撮影を受けられるというものです。ここでは小児科用にキャラクターのステッカーを貼ったものが展示されていました。
手押しで移動させるのですが、女性でも簡単にコントロールできる機構になっています。
p1010614

見学の最後にデザイン室の皆さんと懇談会の場を設けていただきました。
学生の発表の場も設けていただき、デザインにまつわる貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。
p1010617


今回見学をさせていただき、一番強く感じたことは実際に自分たちで足を運んで現場を見せていただくことはとても大切なことだということです。どのような場所で、どのような過程を経てその製品が作られているのか、実際に製品のデザインや製造をされている方々と顔を合わせながらお話を聞かせていただくことにより、学生はそれぞれのものづくりに対する考え方をより深めることができたのではないかと思います。

島津製作所のみなさん、ありがとうございました!

omama








2010.04.02
プロダクトデザイン専攻卒業制作展の模様


雨の降る中、3月5日から3月7日までの三日間、

南青山のMODAPOLITICAにてプロダクトデザイン専攻の卒業制作展が行われました。


dm



imgp4230
骨董通りからみた見た会場の入り口


imgp4232
一階の展示風景1



_dsc2869
一階の展示風景2



_dsc2845
二階の展示風景




4年間の集大成の卒業制作。2年間の研究成果の修了制作。

出展した学生は、プレゼンボードだけではなく、自らの口で丁寧に説明しています。

会期中には多くのお客様にご来場頂きました。

なかでも出展者のご家族の皆様、プロダクトの卒業生が沢山集まるのは、

卒業制作展ならではです。



出展者の皆様、お疲れさまでした。

ページトップ ↑

過去の記事 →

2

1