2009.09.30
就職対策会

これから本格的に就職活動が始まる3年生全員が集まって、対策会を行いました。

e382a4e383b3e382bfe383bce383b3e5a0b1e5918ae4bc9aefbc92

現在の自分の状況や、お互いにこれからの就職活動について、意見交換をしました。


e382a4e383b3e382bfe383bce383b3e5a0b1e5918ae4bc9aefbc93

最後に田中先生から就職についてのアドバイスがありました。

課題と平行して、就職活動のスタートです!



2009.09.18
三宅一成 特別講義 開催報告

9月17日に三宅一成氏の特別講義を開催しました。


dsc_0023

卒業後、企業で働いていた時の仕事の話や留学から独立までのお話など、
今の学生にとって卒業後の進路を決めるのに大変参考になるお話ばかりでした。


dsc_0063

また、三宅先生は多摩美プロダクトの卒業生でもあるので、
今回の講義は学生時代に教わっていた先生方が見守る中での講義となりました。


dsc_0059

三宅先生の卒業制作は今でも先生方の記憶に残っていて、
学生時代の思い出話も交えながら、卒業制作で制作した作品も紹介していただけました。

先生方も自分の教え子が、今回は教える側として来ていただけたので、嬉しそうでした。

三宅先生、どうもありがとうございました。


2009.09.04
【GOOD DESIGN EXPO 2009】開催報告No.3

GOOD DESIGN EXPO 2009開催報告のパート3です。

最終日には会場ステージにて、学生によるプレゼンテーションを行ないました。

dsc_0268

大勢の方が見ている中、多摩美のことやプロダクトデザイン専攻の学生生活や制作活動を発表しました。


dsc_0277

展示ブース同様、スクリーンに流れる映像も学生が制作です。


dsc_0281

搬入から展示ブース完成までの様子を撮影し、それをプレゼンテーションでも紹介しました。

プレゼンテーション終了後には東京工科大学 intebroさんたちの企画「Dream Design Discussion」に登場!


dsc_0282





夏休み中に取材に来ていただいた際の模様はこちらになりますので、あわせてご覧ください!









2009.09.03
【GOOD DESIGN EXPO 2009】開催報告No.2


有志の学生が夏休みのすべてを費やしたGOOD DESIGN EXPO 2009開催報告の第2弾です。

こちらはサブブースの様子です。

dsc_0134
dsc_0144
dsc_0096

サブブースの棚には100種類以上にもおよぶ「カルテ」ち呼ばれるボードが置いてあり、
来場者はメインブースで触れた素材や写真についての詳しい内容を知ることが出来ます。

dsc_0166
dsc_0163
dsc_0199
そして、カルテを使いながら学生による説明も受けられます。
今回のGOOD DESIGN EXPO 2009では学生たちが毎日触れているものを、
多摩美プロダクトのリアルな日常を紹介することをテーマのひとつとして掲げてました。


「出会いはデザインになる」

これが今回、考えた出展コンセプトです。





「出会いはデザインになる」

きれいな空を見て写真を撮りたくなるあの気持ち、

ふとした時に訪れるさまざまな出会い。

すべては「出会い」から始まる、

人と人、人とモノ、人とコト。

何かに心動かされる時、人はカタチに残そうとする。

「デザイン」とはそういうことなのかもしれません。

私たちはモノを通して人と人をつなげることに挑戦し続けています。





今回、多摩美のブースに足を運んでいただいた、たくさんの方々は
私たちなりの「デザイン」に出会っていただけたのではないでしょうか。

次回はステージプレゼンの模様をご紹介しますので、どうぞお楽しみに!


2009.09.02
【GOOD DESIGN EXPO 2009】開催報告No.1

来週から後期授業が始まりますが、その前に先日開催された
GOOD DESIGN EXPO 2009の模様をご報告をします。


dsc_0246
dsc_0147
dsc_0229
今年の大学出展スペースは「大小2つのスペースを与える」という出展ルールがありました。

そこで、今回のブースは通路側にある大きなブース(メインブース)と
奥にある小さなブース(サブブース)の2段構成となりました。


多摩美やプロダクトに関わる素材や技法、風景写真をアクリル板に1枚1枚貼り付け、
トラスから吊り下げて壁面を作り上げました。(合計で300枚以上のアクリル版を使用しました!)


メインブースでは様々なマテリアルやシーンに触れてもらい、発見をしてもらいます。

それぞれのアクリル板には番号が記され、奥のサブブースには「カルテ」と呼ばれる
作品や素材、風景について詳細な説明が描かれているボードがあります。


簡単に説明するとメインブースにはたくさんのモノが展示されてあり、
その中から興味を持ったものの詳しい説明がサブブースにある仕組みです。


最初に「今年はスペースが2つある」と聞かされた時はみんな驚きましたが、
みんなでアイデアを出し合い、逆にその条件を積極的に活かすことが出来たブースになりました。


dsc_0139
メインブースの壁面には学生が作った映像が投影されています。

dsc_0201

今回はここまでです。
続きは近日中にご報告します!


ページトップ ↑