2011.07.26
Dyson Engineering Lecture & Workshop

先日、ダイソンの方をお招きし「Dyson Engineering Lecture & Workshop」を行いました。


はじめに、ダイソンのデザインエンジニアであるAndy氏によるレクチャーを行いました。
dsc_00041

ダイソンの製品のデザイン哲学についてのお話でした。
dsc_00662

英語での講義と図や映像でのレクチャーで、わかりやすくダイソンのデザイン哲学をお話頂きました。
dsc_0013

dsc_00232

dsc_00781

dsc_00812

続いて、ワークショップを行いました。
チームに分かれ、決められた時間内とテーマでアイデアを出しプレゼンを行うという内容。
dsc_01093

テーマは「生活での不満を、空気の力を利用して解決するプロダクト」です。
ブレスト → アイデア → ラピッドプロトタイプ → プレゼンテーション という行程を
120分という時間で行うというワークショップです。
dsc_01112

dsc_0128

dsc_0145

プロトタイプの制作用に、ダイソン製品のパーツなどご提供して頂きました。
dsc_0103

dsc_0101

dsc_0108

非常勤の織咲先生も、ワークショップを見学しておりました。
dsc_0114

dsc_0148

dsc_0152

dsc_0160

dsc_0172

dsc_0209

dsc_01762

dsc_0186

dsc_0197

プレゼンテーションの前に、このワークショップの次の日が誕生日であった和田先生へ、
ダイソンの神山様よりバースデーケーキのプレゼントというサプライズがありました。
dsc_0232

dsc_0235

会場が和んだところで、各チームでプレゼンテーションを行いました。
dsc_0250

短時間でアイデアを出し合い、プロトタイプを制作し
その想いをプレゼンで伝えます。
dsc_0258

dsc_0262

dsc_0271

dsc_0277

dsc_0281

dsc_0289

dsc_0292

dsc_0299

評価が高かったチームには、賞品が与えられました。おめでとうございます。
dsc_0317

dsc_0325


今回のワークショップでは、短時間でアイデア〜プレゼンまでを行いました。
この内容をトレーニングし、今後のデザインや就職の実習などにも活きていく
とても有意義な内容となりました。ダイソンのAndyさん、神山さん
有り難うございました。

2011.07.26
関根 秀樹 氏 ー特別講義&ワークショップー

昨年に引き続き、関根 秀樹 先生の特別講義を行いました。
dsc_0244


講義は、先生の紹介を通し体験的な講義となりました。
はじめに、火起こしのレクチャーです。
dsc_0017

何人かの学生が挑戦しましたが、なかなか火は起きません。
dsc_0037

関根先生が、挑戦すると。
dsc_0048

なんと6秒でつきました。
dsc_00511

他にも火打ち石など、さまざま火起こしの手法を紹介して頂きました。
dsc_0082

先生は学生時代に火起こしの歴史を研究されていたそうです。
dsc_01232

dsc_0134

続いて、原始的な楽器の紹介です。
写真は「うなり木」という楽器だそうです。
dsc_01861

まわしながら音を鳴らす道具です。音や鳴らし方に迫力があります。
dsc_0215

dsc_0239

こちらは、ぴよぴよヌンチャク
dsc_0274

dsc_03251

dsc_0342

dsc_0350


次にワークショップです。
先程、紹介のあった「うなり木」の制作を行いました。
dsc_0025

制作中会場では、先生も携わられた、原始楽器で演奏された音楽のCDを流しました。
dsc_00072

会場では不思議な世界観が漂います。
dsc_00052

dsc_0003

dsc_0022

dsc_0047

dsc_00641

dsc_00942

次に大学の敷地内にある竹を取り、さまざまな楽器を制作しました。
dsc_01094

dsc_01101

竹をさまざまな長さに切るだけでも楽器になりました。
dsc_01132

竹による独特の音とリズムで、制作を忘れセッションが繰り広げられました。
dsc_0120

竹や木は、使い方次第でさまざまな楽器に化け
一つの形から多くの音色を奏でることができました。
プリミティブな形や考え方から、デザインに通じる多くの事を学びました。
関根先生有り難うございました。


2011.07.21
オープンキャンパス 二日目

オープンキャンパス二日目です。
引き続き、ワークショップや作品展示、教室再現でお客様をお出迎え。
dsc_0043

dsc_00531

dsc_0144

がんばれがんばれ!
dsc_0064

・・・あれ!? 奥にいる黄色いタオルの方は・・・
dsc_00682

今年は1000人を越えるお客様にワークショップを体験していただきました。
dsc_00761

『つくってダクダク』も二日目です。
dsc_01832

舞台裏のぞいちゃいました。
dsc_0176

今年卒業した先輩方がぞくぞくと。。。
dsc_0205

dsc_0210

元副手の大間々さんも!
dsc_0227

ご来場ありがとうございました。
dsc_00811


そして、オープンキャンパス後は和田先生のお誕生日を祝う
ガーデンパーティーで締めました☆
dsc_0040

dsc_0098

dsc_0158

dsc_01761




2011.07.16
オープンキャンパス初日

只今オープンキャンパスを行っております。
プロダクトデザイン専攻では、

●ギャラリーでの卒業制作の展示
●在学生の課題作品の展示
●生活再現の部屋
●石膏や羊毛を使ったワークショップ
●入試参考作品の展示
●研究室進学相談

などなど、さまざまな企画をお送りしております。
本日撮れた写真でご紹介していきます。

デザイン棟に入ると、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、環境デザインの
学科案内をお配りしています。
dsc_00051


デザイン棟1階のギャラリーでは、昨年度の卒業制作の作品が展示されています。
dsc_01741


dsc_0219

フェルトを使ったブレスレットと
石膏に色をつけて造形する、ワークショップを行っています。
dsc_0106



dsc_0183

優しい在校生が教えてくれます。
dsc_01471


dsc_00101

奇麗なラッピングをしてお渡しをします。
dsc_02061

受験生にとって、在校生から多摩美やプロダクトデザイン専攻の話を聞ける場となっています。
dsc_01401

フェルトのワークショップでは、教室に吊るされた羊毛の固まりから
紡ぎだすところから始まります。
dsc_01092

1年生の”つねっち”です。
dsc_01111

生活再現の部屋では、スケッチや制作のデモンストレーションを見る事が出来ます。
dsc_00841

「つくってダクダク」という催しも行っています。
dsc_00451

プロダクトデザイン専攻でおなじみのシリコン成型を行っています。
dsc_00291


dsc_00231

今年度の入試の参考作品の展示
dsc_00651

ステージでは教授による入試の解説や、学生の公開プレゼンも行っています。
dsc_00091

只今、和田先生のスカイプを使ったインタビューを行っております。
dsc_00071

和田先生は、現在ロサンゼルスで開催中のリトルトーキョーデザインウィークに設営で渡米していて
アメリカからスカイプでデザインの現場を伝えてきていただきました。
dsc_0001

プロダクトデザイン研究室も公開しており、進学相談を行っております。
dsc_02431

デッサンなどを見せてアドバイスを受けることもできます。
dsc_02451


dsc_0237

明日も暑くなりそうですが、是非起こし下さいませ。
dsc_00491


尚、メディアセンターのCMTELでは、キャスティングという成型方法を利用した
多摩美リングをつくるワークショップを行っています。
プロダクトの4年生もインストラクター努めております。
是非お越し下さいませ。
dsc_00971



dsc_00951


dsc_00941




2011.07.15
オープンキャンパス前日!

プロダクトデザイン専攻では、
明日からのオープンキャンパスに向けて全員で準備を進めています!

7/16日(土)、7/17日(日) 9:00-16:30
デザイン棟 1 階にて、プロダクトデザイン専攻の
作品展示・進学相談・ワークショップなどのイベントを
開催いたしますので是非お越し下さい。

こちらは学生が作成、運営しておりますオープンキャンパス特設ページです。ご覧下さい。
banner_opencampus2011


dsc_0004

dsc_00161

dsc_00141

dsc_0006

dsc_00153

皆様のご来場、お待ちしております。


ページトップ ↑

過去の記事 →

2

1