1年生 スタジオ別課題 講評会

本日、1年生の講評会が行われました。
はじめての、各スタジオに分かれての講評会となりました。
その時の様子を御覧ください。 

まずは、インハウスデザイナーを目指すStudio1の講評会の様子です。
素材の可能性を学び、新しい「時計」を提案する課題です。

DSC_5068.JPG

ご指導されるのは中田先生です。
ティーチングアシスタントとして、院生の小松原くんにも参加していただきました。 

DSC_50812.JPG

DSC_5103.JPG

DSC_5127.JPG

DSC_5116.JPG

つづいて、幅広いプロダクト分野に可能性を見出すStudio2の講評会の様子です。

様々な視点を持つことで、新たな発見につなげる体験をすることを目的とした課題です。

DSC_5145.JPG

DSC_5081.JPG

DSC_5070.JPG

DSC_4977.JPG

DSC_4947.JPG

最後に、プロダクトデザイン研究を志す人材を育成する、Studio3の講評会の様子です。

擬音語、擬態語という抽象的なイメージを利用して、デザインの新しい切り口を発見する課題です。

DSC_7166.JPG

DSC_7274.JPG

DSC_7200.JPG

DSC_7192.JPG

DSC_7182.JPG

DSC_7173.JPG

1年生の皆さん新しいメンバーとのはじめての講評会、お疲れ様でした!!

facebook share twitter share ページトップへ