1studio2年生「Realization」講評会

studio1 2年生の第1課題『Realization〜解体・分解・再構成〜』の講評会がデザイン棟ギャラリーで行われました。

ベーシックなプロダクトデザインの構造や機能を身近なアイテムを通じて理解し、
【単機能プロダクトのアイテム】×【造形キーワード】から、イメージを具現化します。
 

blog_2018023_119.jpgblog_2018023_120.jpgblog_2018023_121.jpgblog_2018023_122.jpgblog_2018023_123.jpgblog_2018023_124.jpgblog_2018023_125.jpgblog_2018023_126.jpgblog_2018023_127.jpgblog_2018023_128.jpgblog_2018023_129.jpgblog_2018023_130.jpgblog_2018023_131.jpgblog_2018023_132.jpgblog_2018023_133.jpg


実際にLEDが光るように、音が鳴るように、タイマーが計れるように実働するモデルを作るのは大変だったと思います。

皆様大変おつかれさまでした!

facebook share twitter share ページトップへ