弊学科WEBサイトがリニューアルいたしました。
https://product.tamabi.ac.jp

TOPに掲載している動画は、卒業制作や、在校学生作品、制作風景やリサーチ風景など、様々なシーンを切り取っています。
どんなものを作っているのか?プロダクトデザイン学科ってどんなところなのか?
わたしたちの日常を覗けるように、定期的に更新いたします。
今後とも弊学科をどうぞよろしくお願いいたします。
 

プロダクト研究室

 

facebook share twitter share ページトップへ

「日本のキレイ&TOKYO リンレイトイレ」は、リンレイと産学共同研究プロジェクト「日本のキレイ」を行っている多摩美術大学が共同でRe:デザインしたトイレです。

このたび、学内コンペティションにて、
プロダクトデザイン専攻4年 井上岳哉さん 3年 宮崎萌さんの作品が、水の広場トイレにて採用。
プロダクトデザイン専攻3年 高木友浩さんの作品が入選いたしました。

messageImage_1628152223298.jpg
水の広場トイレ:「水循環でめぐる日本のキレイ」

messageImage_1628152228552.jpg
「SHIBUKI」

水の広場トイレにて採用されました、井上さん、宮崎さんの作品は新宿中央公園にて見る事ができます。

 

リンレイ トイレ プロジェクト
https://www.rinrei.co.jp/rinrei-toilet/

 
facebook share twitter share ページトップへ

本年度より始まりました本学科取り組みのご紹介と、学生作品掲載情報です。

プロダクトデザインでは、studio3の学生が株式会社ナカダイ様と多摩美術大学TUBが連携を組み、循環型社会構築に向けた「すてるデザイン」という企業連携プロジェクトを行なっております。
プロジェクトの概要はこちらをご参照ください
https://tub.tamabi.ac.jp/projects/1265/

プロジェクトの紹介と共に、プロダクトstudio3の学生の取り組みが一部紹介されましたので、ご紹介させていただきます。

NHK『NEWS WEB』(学生作品一部掲載記事)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210614/k10013084071000.html

日経電子版 (学生作品掲載記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD11AQZ0R10C21A6000000/

 

210805.jpg

facebook share twitter share ページトップへ

2021_archive_02.jpg

 

2021年卒業制作・修了制作 作品

2021年3月、みなさまの応援もあり卒業制作展を無事に開催することができました。
COVID-19の影響の最中での開催につき、ご参加が難しい方もいらっしゃったと思われます。
学生作品をより多くの皆様の目に届けられるよう、特設サイトを制作いたしました。 


下記URLよりご高覧いただけますと幸いです。 

https://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/product/gw/2021/

 

プロダクトデザイン研究室 一同

facebook share twitter share ページトップへ

明日より3日間、横浜 馬車道の"BankART Temporary"と"BankART KAIKO"にて、
生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻4年生と大学院修士2年生による
卒業・修了制作展を開催いたします。

今回はコロナ感染対策のため、ご入場時の検温、登録フォームへの入力、
マスク着用、アルコール消毒をお願いしております。
ご来場の皆様におかれましてはご理解いただけますよう、何卒宜しくお願いいたします。
みなさまのご来場を、心よりお待ちしております。

*本展示は予約制ではございません。
*混雑時には随時入場規制を行うことがございます。予めご了承ください。
*会場には駐車場のご用意がございません。お車でお越しの際はお近くの有料駐車場をご利用ください。 


visual.jpg


会期
2021年3月5日(金)〜7日(日)
11:00〜18:00(最終日17:00まで)
※入場料無料


会場 今年度は2会場に分かれて開催いたします。
BankART Temporary(〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1)
みなとみらい線「馬車道駅」1b出口すぐ
地図を見る

BankART KAIKO(〒231-0003 横浜市中区北仲通5-57-2)
みなとみらい線「馬車道駅」2a出口 徒歩1分
地図を見る

お問い合わせ
多摩美術大学プロダクトデザイン研究室
product@tamabi.ac.jp
042-679-5624(月〜金)10:00〜17:00


主催:多摩美術大学プロダクトデザイン専攻
卒業制作・修了制作展 2021 実行委員会

 


facebook share twitter share ページトップへ

2020_nenmatsunenshi_04.jpg

12月23日(水)〜 1月4日(月)は冬季休暇、校舎閉鎖期間となります。
研究室へのお問い合わせは1月5日(火)以降に順次ご返信いたします。
何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

2020_nenmatsunenshi_05.jpg

年明けにまたみなさんに会えるのを楽しみにしております。
良いお年をお過ごしください。

2020_nenmatsunenshi_03.jpg

facebook share twitter share ページトップへ

プロダクトの非常勤講師である吉田守孝先生が
本日開催するオンラインイベントにご登壇されます。
事前予約不要、参加費無料のイベントですので
ご興味のある方はぜひご参加ください。

デザイントーク 「私達のアノニマス・デザイン」
ATELIER MUJI GINZA Gallery1で開催中の
Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展」のイベントです。

開催日時:2020年11月19日(木)19:00-20:00
会場:ATELIER MUJI GINZA Online(オンライン配信)
登壇者:熊野亘さん(プロダクトデザイナー)、吉田守孝先生 (プロダクトデザイナー)
聞き手:田代かおるさん(ライター、本展キュレーター)
定員:なし(事前予約の必要はございません)
参加費:無料

動画視聴URLやトークの詳細は、ATELIER MUJIのHPをご確認ください。
https://atelier.muji.com/jp/event/2454/

今回のイベントを行う「Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展」は
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1にて、2021314日(日)まで開催しています。

facebook share twitter share ページトップへ

プロダクトの客員教授である山中俊治先生の特別講義のお知らせです。


山中俊治先生 特別講義 

「もしかする未来」を見つめ続けること
〜ビジョン、ドローイング、プロトタイピング、そして再始動〜

 
・開催日時:11/19(木) 5限 16:30~18:00
・対象:多摩美術大学全学科
 (申し込み締切 11/18 17:00まで )

興味のある方はぜひご参加ください。


2020__01.jpg

facebook share twitter share ページトップへ

元本学学長で、立体デザイン専攻(プロダクトデザイン)でも教鞭をとっていらっしゃいました、
高橋士郎名誉教授
展覧会「古事記展 神話芸術テクノロジー」が川崎市岡本太郎美術館で行われます。

高橋先生が長年にわたり取り組んできた「空気膜造形」研究の集大成として、日本の古事記に挑んだ
奇想天外でユーモラスな作品41点が展示されるほか、土日祝日や美術館のある生田緑地のイベント時
には、屋外にもバルーンロボット「バボット」が登場します。

みなさまぜひ足をお運びください。


kojiki_flyer_small.jpg
展覧会ビジュアル

高橋士郎 古事記展 神話芸術テクノロジー

会期:2020年7月23日(木・祝)~10月11日(日)
開館時間: 9:30~17:00 ※入館は16:30まで
休館日:月曜日(8月10日、9月21日を除く)、8月11日(火)、9月23日(水)
観覧料: 一般900(720)円、高・大学生・65 歳以上700(560)円、中学生以下は無料
※(  ) 内は20名以上の団体料金
主催: 川崎市岡本太郎美術館
企画協力:株式会社バボット
助成: 一般財団法人地域創造

お問い合わせ:川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形 7-1-5 生田緑地内
TEL: 044-900-9898 / FAX: 044-900-9966

 

03.JPG
高橋士郎《家屋の神》2019 年 ナイロン、送風機
    《大事の神》2006 年 ナイロン、送風機、モーター

05.JPG
高橋士郎《八雷神》2013 年 ナイロン、送風機

06.JPG
高橋士郎《海上の神》2019 年 ナイロン、送風機

07.JPG
高橋士郎《涙の神》2008 年 ナイロン、送風機、モーター

00_takahashi_portrait.JPG
作者近影
写真:港千尋
※高橋士郎作品は全て作家蔵

また、こちらの展覧会の図録は、本学の多くの教員・卒業生が関わっている、豪華なラインナップと
なっています。

写真撮影:港千尋(メディア芸術コース教授)
寄稿:安藤礼二(芸術学科教授)、伊藤俊治(情報デザインコース客員教授)、岡谷公二
論考:高橋士郎
デザイン:永原康史(情報デザインコース教授)

展覧会制作では以前プロダクトデザイン研究室で助手を勤めていらっしゃいました、莇貴彦さんや
多くの卒業生が関わっていらっしゃいます。

 

みどころ

● 奇想天外でユーモラスなキャラクターに注目
一般的に古事記というと難しいイメージですが、今回の高橋士郎の古事記に登場する神々は空気膜構造の
ロボット「バボット」で構成されています。奇想天外でユーモラスなキャラクターは子どもから大人まで
親しみやすく古事記の世界を知ることができます。

● 写真撮影、動画撮影が可能!
写真撮影、動画の撮影も自由、来館者は動くバボット( 空気膜造形) にさわることもできます。
( フラッシュ、三脚の使用は不可)

● 屋外にもバボットが登場!
展示室内だけでなく、土日祝日、生田緑地のイベント時には美術館の屋外にもバボットが登場し、誰でも
自由に見ることができます。

 

関連イベント

●上映会
古事記を題材にした短編アニメーションをはじめとした、神々をモチーフにした短編アニメーション
プログラムの上映会を行います。
日時:9月20日(日)14:00~15:00
定員:70名(当日先着順)
場所:岡本太郎美術館 ガイダンスホール
料金:無料

● 高橋士郎 古事記展 記念シンポジウム
「神話とアート ―記憶と創造の未来に向けて」
日時:10月4日(日)14:00~16:00(開場 13:30)
司会:港千尋(写真家)
パネラー:伊藤俊治(美術史家)、平藤喜久子(神話学者、日本文化研究所所長)
定員:70名(当日先着順)
場所:岡本太郎美術館 ガイダンスホール
料金:無料

●「ヒョウタンと気膜」 高橋士郎×港千尋
日時:10月11日(日)14:00~15:30
定員:70名(当日先着順)
場所:岡本太郎美術館 ガイダンスホール
料金:無料

※新型コロナウイルス感染拡大対策のため、イベントの開催内容が変更となる場合がございます。
詳細は川崎市岡本太郎美術館ホームページでご確認ください。
http://www.taromuseum.jp

facebook share twitter share ページトップへ

2020_gw.png


2020年卒業制作・修了制作 作品

この度は誠に残念ながら卒業制作展を中止する運びとなりましたが
学生作品をより多くの皆様の目に届けられるよう
本年度より、特設サイトを運営していくこととなりました。

下記URLよりご高覧いただけますと幸いです。 

https://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/product/gw/2020/

プロダクトデザイン研究室 一同



facebook share twitter share ページトップへ