TD卒 中川敦子さんのユニットtupera tuperaが横須賀美術館で展覧会を開催

デザイン科染織デザイン専攻(現テキスタイルデザイン専攻)卒業の中川敦子さんと亀山達矢さんからなるtupera tupera(ツペラツペラ)は、2002年に活動を開始し、2017年に結成15周年を迎えます。絵本やイラストレーションの仕事に加え、舞台美術やアートディレクションなど、新しいことに次々と挑戦し続ける彼らは、近年ますます活躍の幅を広げ、国内外で注目の存在となっています。

初めての大規模な展覧会となる今回は、第18回日本絵本賞読者賞を受賞した『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)や『パンダ銭湯』(絵本館)などの人気絵本はもちろん、これまで手がけた数々の絵本原画や雑貨、手づくりおもちゃなどを一堂に展示します。

展覧会名には、「人とつながることで新しいものが生まれる」というtupera tuperaのものづくりへの思いが込められています。たくさんの人とつながりながら生み出されたtupera tuperaのユニークで多彩な世界をお楽しみください。

 

【展覧会名】ぼくとわたしとみんなのtupera tupera 絵本の世界展

【会期】2017年(平成29年)9月9日(土)~11月5日(日)10時~18時

休館日10月2日(月)

【観覧料】一般900(720)円、高大・65歳以上700(560)円、中学生以下無料

*()内は20名以上の団体料金*高校生(市内在住・在学に限る)は無料

*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料

*11月3日(祝・金)は無料

【主催】横須賀美術館、毎日新聞社

【協賛】株式会社大伸社【協力】マイクロソリューション株式会社、(有)ヤスダフォトスタジオ

【関連事業】ワークショップや親子ギャラリートークなど(詳細はwww.yokosuka-moa.jpをご覧ください)

問い合わせ: 横須賀美術館  〒239-0813横須賀市鴨居4-1

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

’16年TD卒 江藤友理子さん ROCKETにて展示販売会を開催

2016年度テキスタイルデザイン専攻卒業の江藤友理子さんが、卒業制作をもとにした展示販売会を開催します。

 

・タイトル:YURIKO ETO 「ZOKU」

・日程  :2017/9/1(金) 〜 9/6(水)

・営業時間:11:00~21:00

11:00~20:00(9/3)

11:00~18:00(9/6)

・場所  :表参道ROCKET

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4−12−10 表参道ヒルズ同潤館

・HP          :OMOTESANDO ROCKET

 

竹の子族、みゆき族、カミナリ族…

“カッコイイ”という感覚、時代ごとのカルチャー、自由を求めた日本の若者たちの間には様々な「族」が生まれました。

本展は、1989年から2000年を背景にした架空の「族」をテーマに、服や小物で当時のカルチャーを表現したコレクションの展示販売会です。

この時代は20世紀が終わりを迎える一方で、平成という新しい時代が始まった期間です。

バブルが弾け、ポケベルは携帯電話に代わり、プリクラやたまごっちが流行、ゆとり・さとり世代が生まれたのもこの時代。

手織りや刺繍、プリントによる楽しいテキスタイルでできた一点もののコレクションのほか、子どもの頃に憧れたキラキラのビニールバッグやアクセサリーを販売します。

ちょっぴり懐かしい不思議な世界をぜひお楽しみください。

 

江藤友理子:多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業。SICF17にて審査員賞(シアタープロダクツ金森香賞)受賞。

web:yurikoeto.com

instagram:@yuriko_eto

twitter:@yuriko_eto

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

国際交流展「美の探求」のお知らせ

8月19日(土)から29日(火)まで、「千代田アーツ3331・メインギャラリー」にて、日米韓のアーチストが集う国際交流展 ”In Pursuit Of Beauty「美の探求」” が開催されています。
アメリカで活躍するアーチストと日本アーチストが共感し企画した現代アートの美術展です。

世界で活躍するベテランから、才能ある若手まで、アメリカから15名、韓国から1名、日本から39名の総勢55名が集います。多摩美術大学のテキスタイル卒からは弥永保子、小林瑠璃、田中孝明が参加しています。

展覧会中、来場者との交流をはかる為に、多数のイベントとワークショップが企画されています。

8月31日(木)から9月3日(日)までは、別展として、「12アーティスト+親子のWorkShop 作品展”4days展”」 が同じ会場で開催されます。

詳しくは→http://henohenocom.wixsite.com/3331

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

TD ’12年修了小林万里子さんがパークホテル東京の一室を手がけました。

2012年大学院テキスタイルデザイン専攻修了の小林万里子さんが、ホテルに滞在しながらそこで生まれるインスピレーションを元に部屋を作るというパークホテル東京の「アーティスト・イン・ホテル」プロジェクトに厳正な審査の上で選出され、最後の一室を手がけました。

プロジェクトの募集テーマは「日本の美意識」で、小林さんは「縁」をテーマに制作しました。

このたび、31Fフロアの「アーティスト・イン・ルーム」が全室完成となり、公開イベントが行われます。作家による制作秘話や作品販売等も予定しており、他にもホテル全体で様々なイベントが行われます。

6(日)のみ小林さんがお部屋にて来場者の皆様に作品の説明をします。

また同日18時~19時に31階のカフェラウンジにて、小林さんと宿泊支配人兼アーティストインホテルプロジェクトリーダーの小野淳志さんによるトークショーを行います。

 

宿泊しなければ見られないアーティストルームを、一同に見ることができる年に一度の貴重な機会です。

是非皆様お誘い合わせの上、足をお運び下さい。

 

日時:2017.8.5(土)- 8.6(日)

場所:パークホテル東京/汐留メディアタワー25F(新橋駅より徒歩7分)

時間:15:00ー20:00

入場チケット:¥2000(1day)※アートカクテル1杯付

☆来場者制限を設けております。なるべく事前にご予約の上お越しください。

☆web予約・詳細→hotelartfes2017.peatix.com  [8月3(木)18:00まで]

 

アートフェス詳細:http://parkhoteltokyo.com/event/hotelartfes/

アーティスト・イン・ルーム:http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

福助株式会社の技術協力による実践的授業の実施

 

2016年、多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻2年生STUDIO2の授業に、福助株式会社(以下:福助)の技術協力により各学生が様々な創作活動を展開しました。

テーマの「座礼立礼/足元から考える着衣」では、椅子と床の関係の中で足袋と服を表現する課題に取り組みました。授業では、“福助足袋”の歴史やものづくりのこだわりや、製造工程などの紹介がありました。学生は福助が独自に生産している足袋生地を用いてテキスタイルデザインと染色加工を行い、福助の工場で作られた足袋でスタイリングを試みました。

【授業の流れ】

・11月23日オリエンテーション

“福助足袋”の歴史や市場に対する視座、生産方法やその管理など様々な内容の紹介がありました。

・11月28日 サンプル製作開始

・12月2日 本番生地の染色

足袋生地にテキスタイルデザインと染色加工を行いました。

 

・1月12日 講評会

福助のデザイナー、本学教員による合同講評会が行われ有意義な会となりました。

 

 

福助株式会社のwebサイトでも昨年の授業について紹介されています。合わせてご覧ください。

http://www.fukuske.com/tamabi_fukuske/

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

オープンキャンパスイベント情報:テキスタイルトーク

今週末15日(土)と16日(日)は、多摩美術大学八王子キャンパスでオープンキャンパスが開催されます。

生産デザイン学科テキスタイル専攻では、テキスタイルやそれに付随する業界で活躍されている方々4名をゲストに迎え、トークショーを行います。どなたでも参加可能です。ぜひご参加ください。

「テキスタイルデザイン領域は分かり辛いと言われるが、果たして卒業生の活躍の幅の広さを考えると成る程と思う。それこそがこのデザインの真骨頂であり、生活の隅々にまで届いている所以だ。一線で活躍するデザイナーとテキスタイルデザイン領域の多様性と展望について考える。」

 

2017年多摩美術大学オープンキャンパス

テキスタイルトーク4「広い視野でテキスタイルデザイン領域を考える」

・日時:平成29年7月16日(日) 13:00-14:30

・ゲスト:氷室友里、太公良、水田祐史、若林夏  (敬称略、名前順)

・司会:テキスタイルデザイン専攻学科長 高橋正

・場所:テキスタイル棟18-104教室

・対象:どなたでも参加できます。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

多摩美術大学オープンキャンパス2017

今週末15日(土)と16日(日)は、多摩美術大学八王子キャンパスでオープンキャンパスが開催されます。

生産デザイン学科テキスタイル専攻では、学生の作品展示や公開授業、進学相談会、アトリエ公開、ワークショップ等、本学での学びの環境を体感していただけるよう只今準備を進めています。是非ご来場ください。

事前予約制ワークショップ
「描くことからはじまるテキスタイルデザイン」
イラストや画像データを大型インクジェットプリンターでテキスタイルプロダクトに変換するワークショップです。
作業工程の待ち時間では、テキスタイルデザイナーとして活躍する卒業生と学科長との対談を聴講していただきます。
テキスタイルデザインの可能性を多方面から体感してください

締切7月13日(木)(定員に達し次第募集締切)

※定員に達しない場合は延長募集します。

「氏名・高校名・学年・ワークショップ参加希望」を明記し、

下記メールアドレスまで送信してください。

予約が完了します。返信のない場合はお問い合わせください。

参加したい受験生の方はこちら→ tx2017@tamabi.ac.jp

Twitterでも随時情報をお届けしています。インクジェットプリンターの動画も公開中!

https://twitter.com/tamabi_textile

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

TD ’09年修了近藤正嗣さん、’04年卒 シミズダニヤスノブさん 株式会社pole-pole(ポールトゥポール)立ち上げ

2009年大学院テキスタイルデザイン研究領域修了の近藤正嗣さんと、2004年テキスタイルデザイン専攻卒業のシミズダニヤスノブさんが、フリーランスのテキスタイルデザイナーによる株式会社pole-pole(ポールトゥポール)を立ち上げました。

 

 

 

会社名:株式会社pole-pole(ポールトゥポール)

メンバー:近藤正嗣、シミズダニヤスノブ、廣瀬勇士(文化服装学院テキスタイルデザイン科出身)(敬称略)

コンセプト:“新しいデザインではなく大切なデザイン”をコンセプトにフリーランスのテキスタイルデザイナー達によって2017年に結成されたデザインチームです。

個々のこれまでの活動を活かしてデザイン制作やオリジナル商品の開発、企画、多種多様の企業さん、工場さんと一緒にデザインを考えていきます。

pole-poleとは『点と点をつなげること』

私たちは、何かと何かをデザインでつなげていきます。

Web: http://from-pole-pole.com

Instagram: https://www.instagram.com/poletopole2017/

 

お披露目として展示会が行われます。

pole-pole textile labo 001 “faces”

pole-poleとしての初の展示は、「柄、色彩、素材、技法、、、」を考える前に今まで関わってきたテキスタイルというモノを考えるところから始まりました。その中でテキスタイル(布地)は、平面ではなく立体物であるということを再確認しました。
“ 表 ” と “ 表 ”
テキスタイルに表と裏を与えるのではなくどちらの面も表と認識して「デザイン」を考えました。今回の展示会では、テキスタイルはもちろんのことテキスタイルデザインへのアプローチも併せて楽しんでいただけたらと思っています。

 

日時:2017年6月28日(水) – 9日(日)

平日:14:00 – 20:00 / 土・日:11:00 – 20:00

※月曜休館

場所:CASE GALLERY

〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町55-6

Tel: 03-5452-3171

入場無料

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

TD4年 白藤さんと鶴見さんがECAL×TAMABIの交流会に参加

六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて、スイスのローザンヌ美術大学(ECAL)工業デザイン学科の学生達と、多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻と同学科テキスタイルデザイン専攻の学生達とのコラボレーションにより、「ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3」が開催されました。

ECALの学生達が多摩美術大学の学生達とともに、足利と東京での研修中に取り組んだものづくりの成果を展示。

25日の夕方には会場内でディスカッションが行われました。プログラムの主催であるECALと多摩美術大学が、それぞれの大学や普段のカリキュラムについて紹介。ECALより3名、多摩美術大学より4名の学生達が、スイスと日本のそれぞれの文化や教育、デザインについて意見を交わしました。テキスタイルデザイン専攻からは、4年生の白藤美緒さんと鶴見朋世さんがディスカッションに参加しました。

「UGOKU: Work In Progress」展

会期:2017年5月25日(木)~26日(金)
開館時間:10:00-19:00(25日は17:00まで)
入場料無料
主催:ローザンヌ美術大学(ECAL)、多摩美術大学、21_21 DESIGN SIGHT
協力:tempo(mother tool)+DRILL DESIGN、スイス大使館、the State of Vuad Summer University program

 

ECAL+多摩美術大学 ディスカッション

2017年5月25日(木)17:30~19:00
ゲストスピーカー:熊野 亘(プロダクト・デザイナー)、ダヴィッド・グレットリ(デザイン・ディレクター)
言語:英語

http://2121designsight.jp/documents/2017/05/ecal-tamabi.html

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

’07年TD卒 内村彩さん 伊勢丹新宿ブライダルゲストウェアのイベントに参加

2007年テキスタイルデザイン専攻卒業の内村彩さんによるテキスタイルブランド「アヤビレラ」が伊勢丹新宿のブライダルゲストウェアのイベントに参加します。

今回「アヤビレラ」では春夏の軽やかなヘッドピースをご提案。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

「TOKYO NEW BRIDE」第5弾

場所:伊勢丹新宿本館2階センターパーク/TOKYO解放区

日程:5 / 31 (水) – 6 / 20 (火)

イベント詳細:http://isetanparknet.com/news_event/170524-bride.html

下記日程、内村さんが店頭にいらっしゃいます。

6/3  (土) 16:00〜17:00

6/10 (土) 同上

6/17 (土) 同上

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

TD卒 鈴木マサル先生が「familiar ZOO by Masaru Suzuki」を開催中

今年創立67周年を迎える、ベビー子ども服ブランド familiar(ファミリア)とのコラボレーションによる「familiar ZOO by Masaru Suzuki」。

1957 年に誕生したファミリアのロングセラーアイテムであるデニムバッグのものづくりをベースに、創立年数にちなみ”67 種類” の限定デザインを鈴木先生が提供。ファミリア専属の加工者が、刺繍、アップリケ、縫製と全て手作りで仕上げる” 一点もの” の「familiar ZOO bag」を一同に展示、販売。柄のモチーフは、67 種類の動物たち。ファミリア銀座本店 1F イベントスペース 「CUBiE」を会場に、鈴木先生が描く不思議なフォルムの動物たちが集う、familiar ZOO が開園します。

「機能面からすれば色や柄などのデザインは、必ずしも重要とは言えない要素。でも、あえてその要素を加えてゆくのは、色や柄には気持ちを高揚させる力があるから。」と鈴木先生は語ります。鈴木先生が描く、絶妙な色使いと大胆な構図がもたらす、ユーモア溢れる不思議な世界観から「ワクワク」「ウキウキ」するような喜びや楽しさ、心地よさや嬉しさ…。ぜひ会場にてご体感下さい。

familiar ZOO by Masaru Suzuki

会場  :ファミリア銀座本店 1F イベントスペース 「CUBiE」

     東京都中央区銀座8-8-8 銀座888 ビル

会期  :2017 年 5 月 10 日(水) – 7 月10 日(月)11:00 ~ 19:30

     ※最終日7 月10 日(月) は18:00 閉店

主催  : 株式会社ファミリア

会場・DM デザイン:minna(ミンナ)

http://www.familiar.co.jp/news/familiarzoo.html

「鈴木マサルのゴールデンウィーク - 傘とテキスタイル-」展についての記事はこちら


プロフィール:

鈴木マサル|テキスタイルデザイナー

多摩美術大学染織デザイン専攻卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。
1995 年に独立、2002 年に有限会社ウンピアット設立。

2005 年からファブリックブランド OTTAIPNU(オッタイピイヌ)を主宰。
自身のブランドの他に、2010 年よりフィンランドの老舗ブランド marimekko のデザインを手がけるなど、現在、国内外の様々なメーカー、ブランドのプロジェクトに参画。
東京造形大学教授、有限会社ウンピアット取締役。

【website】  http://masarusuzuki.com

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

TD研究室助手 仲澤玲奈さんはじめTD卒業生が「日本の夏じたく」に出品

2014年大学院テキスタイルデザイン研究領域修了、現在テキスタイルデザイン研究室助手の仲澤玲奈さんが展示販売会「日本の夏じたく」に参加します。

仲澤さんはもじり織による透け感のある布を手織りで制作しています。

仲澤さんの他に、卒業生の中島洋一さん、久保紀波さん、大城玲子さん、山下枝梨子さんが参加しています。

ぜひ足を御運びください。

日本の夏じたく

会期:2017年5月26日(金)ー28日 (日) ※但し26日は招待のみ

会場:三溪園/鶴翔閣・横笛庵・白雲邸

〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

時間:鶴翔閣(展示販売)

26日(金)13:00~16:30

27日(土)・28日(日)10:00~17:30

横笛庵(展示)

26日(金)13:00~16:30

27日(土)10:00~16:30

28日(日)10:00~15:30

白雲邸(喫茶・茶席)

10:00~16:00(3日間)

URL: https://n-natsu-s.jimdo.com/

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

’12年TD修了 小林万里子さん「てづくり手帖」で特集

2012年大学院テキスタイルデザイン研究領域修了の小林万里子さんが「てづくり手帖vol.13」の連載ページに特集されました。

テキスタイル界で活躍するデザイナー・アーティストを紹介する「テキスタイルの風」に、カラー4ページで掲載されています。

是非ご覧下さい。

 

・テキスタイルの風(9)「いきもの」をめぐる布と針と糸の冒険 小林万里子

2017年5月17日発売「てづくり手帖vol.13初夏号」日本ヴォーグ社

http://www.tezukuritown.com/techo/

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

’12年TD修了 鬼原美希さんが企画展「作家達の戯び心-掌サイズの世界-」に参加

2012年度大学院美術研究科修了の鬼原美希さんが、京都・河原町ギャラリーマロニエ企画展「作家達の戯び心-掌サイズの世界-」にて小作品三点を出展しています。
創業50年を越える駄菓子屋をリサーチして得た、駄菓子のパッケージを織りこんだアクセサリーです。
お近くにお越しの際は、ぜひ足を御運びください。

 

会期:2017年5月16日(火)〜5月28日(日)※月曜休廊・入場無料

開館時間:12:00-19:00(日曜18:00)

会場:ギャラリーマロニエ
〒604-8027
京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332
TEL:075-221-0117
www.gallery-maronie.com

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

’16年TD卒 村本萌さん プリントワークショップに企画・講師として参加

2016年テキスタイルデザイン専攻卒業の村本萌さんが、代々木公園で行われたシルクスクリーンプリントのワークショップの企画・デザインに携わり、当日も講師として参加しました。

卒業制作学外展でワークショップの関係者が村本さんに声をかけたのがきっかけ。彼女の卒業制作のコンセプトと依頼者の意図がうまく合致し、今回ワークショップが開催される運びとなりました。

ワークショップの内容は、母の日に向けて、こどもたちがお母さんにプレゼントするTシャツをシルクスクリーンで制作するというものでした。

母の日にちなみ、村本さんが花のデザインを提案。こどもたちは色と柄の組み合わせを考えながら思い思いのTシャツを制作し、大盛況となりました。

イベント詳細:http://www.whitelifemag.com/feature/mothersday.html

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn