福助株式会社の技術協力による実践的授業の実施

 

2016年、多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻2年生STUDIO2の授業に、福助株式会社(以下:福助)の技術協力により各学生が様々な創作活動を展開しました。

テーマの「座礼立礼/足元から考える着衣」では、椅子と床の関係の中で足袋と服を表現する課題に取り組みました。授業では、“福助足袋”の歴史やものづくりのこだわりや、製造工程などの紹介がありました。学生は福助が独自に生産している足袋生地を用いてテキスタイルデザインと染色加工を行い、福助の工場で作られた足袋でスタイリングを試みました。

【授業の流れ】

・11月23日オリエンテーション

“福助足袋”の歴史や市場に対する視座、生産方法やその管理など様々な内容の紹介がありました。

・11月28日 サンプル製作開始

・12月2日 本番生地の染色

足袋生地にテキスタイルデザインと染色加工を行いました。

 

・1月12日 講評会

福助のデザイナー、本学教員による合同講評会が行われ有意義な会となりました。

 

 

福助株式会社のwebサイトでも昨年の授業について紹介されています。合わせてご覧ください。

http://www.fukuske.com/tamabi_fukuske/

客員教授 皆川明先生 特別講義「ミナ ペルホネンのデザインとその背景」

客員教授 皆川明先生の特別講義「ミナ ペルホネンのデザインとその背景」が開講されました。
ミナ ペルホネンの たくさんの生地見本を見させていただきながら、生地にまつわる様々なエピソードや、ミナ ペルホネンを立ち上げてから現在に至るまでのお話を、学生との質疑応答を交えながらお話して下さいました。

H24_皆川明先生_特講_1 H24_皆川明先生_特講_2 H24_皆川明先生_特講_3

客員教授 皆川明先生 特別講義「ミナ ペルホネンのデザインが生まれるまで」

客員教授 皆川明先生の特別講義「ミナ ペルホネンのデザインが生まれるまで」が開講されました。
ミナ ペルホネンの たくさんの生地見本を見させていただきながら、生地にまつわる様々なエピソードや、ミナ ペルホネンを立ち上げてから現在に至るまでのお話を、学生との質疑応答を交えながらお話して下さいました。

H23_皆川明先生特講4 H23_皆川明先生特講1 H23_皆川明先生特講2 H23_皆川明先生特講3

新井淳一先生特別講義

「私の織物生活65年にあたり思うこと」

客員教授 新井淳一先生による特別講義が開催されました。

「鳥に翼があるがごとく、人間に労働あり」と羽根のように舞うのではなく鳥のように飛ぶのだと、

先生の多岐にわたる織物の仕事のお話に聞き入りました。先生の作品には織りや絞りといった伝統的な

手仕事と、最新の技術を駆使した、他に見ることのない美しさに魅了されました。幾つもの時代を経験

され、常に時代の流動的なものに影響を受け、同時にそういったものに影響を与えて続けてきた先生の

心意気にテキスタイル業界で活躍していきたい学生は想像の幅が広がり深い感動でいっぱいでした。

3新井 2新井先生

基礎造形Ⅰ学外授業「和紙の里」

東秩父村 和紙の里
1年生の「基礎造形Ⅰ」の授業では後期の始めから紙漉の課題を行っています。
今回はバスを借り、1年生全員で東秩父村和紙の里へ学外授業へ出かけました。
まず、和紙の里で基本的な手漉きの和紙の作り方を学びました。

トロロアオイ
今年の夏は猛暑で材料が悪くなってしまい、仕事が進まないこともあるようです。
そんな中でも実際の手漉き体験とプロの技を見せて頂くことが出来ました。
こちらは紙を漉く際に粘り気を持たせるネリの原料、トロロアオイの根です。

紙漉き体験
全員が1人1枚自分の和紙を漉きました。初めてでも、それなりに皆きれいな
和紙を漉くことが出来ました。

鷹野禎三氏の工房へ
その後、畑の一本道を抜けて伝統工芸師 鷹野禎三氏の工房へ向かいます。

鷹野禎三氏の工房見学
鷹野氏の工房でも猛暑の影響は大きいそうで、なかなか仕事にならないそう
ですが、特殊な機材や、透かしを入れる方法、和紙がどのように利用されて
いるのか、など色々な質問にお答え頂きました。

その後東秩父を後にし、遠山記念館という美術館で美術品と、立派な建築の
お屋敷の内部を見学させて頂き学校へと戻りました。

見学先の皆様大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。

紙漉の工房では独特の雰囲気があり、紙漉の世界を感じました。
伝統的な技法でありながらも至る所に工夫が見られました。そうした自分自身で
作り方から考え、実践する姿勢が作品に少しでも生かされればと思います。

OPEN CAMPUS 2010 特別講義 皆川 明 氏

『ミナ ペルホネンのデザインの考え方』
オープンキャンパスの1日目、客員教授 皆川 明 先生の特別講義が開講されました。

講義風景
テキスタイルに限らず多くの他学科の学生や一般のお客様で賑わいました。

生地1 生地2

ミナ ペルホネンのデザインの考え方そのものとも言える沢山の生地を
お持ち下さいました。それらのデザインの一つ一つに込められた様々な
エピソードと共に、日本の産地の現状や、皆川先生のクリエーションへの
思いなどの大変貴重なお話をして頂きました。

特別講義 高橋理子先生

2

特別講義にて高橋理子先生にお越しいただきました。
「高橋理子の実験と挑戦」というタイトルで、お話頂きました。
テキスタイルコースの学生たけでなく他学科からも多くの学生が集まりました。

3 1

日本の伝統的な技術を大切にしながらも、現代の技術を取り入れ、新たなものづくりへと日々挑戦されている
先生のエネルギーあふれるお話聞を聞く事ができ、大変貴重な時間となりました。

特別講義 関島寿子先生「バスケタリーの定式」開講

関島先生 関島先生

テキスタイルデザイン専攻 客員教授 関島寿子先生による特別講義が開講されました。

タイトルは「バスケタリーの定式」カゴを作る際に必要とされる手法と、

ものを作る上での考え方を実践を交え、お伝え頂きました。

これから学生たちは先生の教えを活かし、自発的作品を製作します。

特別講義 築城則子先生

特別講義
特別講義「制約と無限のデザイン、縞と色」にて、小倉織の築城則子先生にお越しいただきました。
植物染料で染めた糸や、先生の緊張感の有る繊細で美しい作品を実際に手にとりながら見させていただきました。
日本伝統の小倉織と、先生が新たな作品に挑戦されている姿勢をユーモアを交えながらお話くださり、大変貴重な時間となりました。

奥田正美先生によるシルクスクリーンプリント実習

奥田先生4_22 奥田先生4_28_2

2年生基礎テキスタイルデザインにおいて奥田正美先生による

シルクスクリーン実演、実習が行われました。

これまで知ることのなかった細かな工程まで学ぶことができました。

この実習を活かし、1人が1枚のプリント生地を制作します。

オープンキャンパスでの展示には45名全員の作品が並びます。