「活版印刷で栞をつくろう」リハーサル

7月15日(土)16日(日)の2日間、多摩美術大学ではオープンキャンパスが開催されます。 オープンキャンパスに向けて、今日は書物設計ゼミの学生が中心となり、ワークショップ「活版印刷で栞をつくろう」のリハーサルを行いました。 芸術学科では「活版印刷で栞をつくろう」とともに、ワークショップ「絵の具をつくろう」も開催します。 オープンキャンパスではたくさんの方のご来場をお待ちしております。

「Watch! Watch! Watch!」展

昨日、「文化演出の現在Ⅰ(PBL)」企画による展覧会、「Watch! Watch! Watch!」展のオープニングレセプションが行われました。 「文化演出の現在Ⅰ」は、全ての学科の学生が履修することができるオープン科目となっており、今回の展覧会には日本画専攻、油画専攻、テキスタイル専攻、芸術学科の学生が参加しています。 テキストや会場構成、広報などの班に分かれ、企画・運営の全てを学生たちが行います … Read more

アーカイヴ設計ゼミ「研究発表会」

アーカイヴ設計ゼミでは、6月13日(火)に「研究発表会」を行いました。 研究発表会では、各々の学生がスライドやレジュメなどを工夫して作り、自分の興味のあるテーマに対して発表を行います。 文学や美術の他、宗教、展示、仏像、漫画、被服などテーマも多岐に渡り、様々な発表が活発に行われました。 ※写真は発表会の様子(一部)。 発表の後は先生からのコメントもあり、それぞれの学生が自らのテーマに対してこれか … Read more

【芸学出張ライヴ】ベネチア・ビエンナーレを取材

小川敦生教授がイタリアで開かれている芸術祭「第57回ベネチア・ビエンナーレ」を取材しました。   ベネチアは水の都。本島では船が唯一の交通手段です。   主会場はアルセナーレとジャルディーニの2つ。アルセナーレは水の都であることを象徴する旧造船所を再利用しています。その一角で、本学にゆかりの深い美術家、菅木志雄さんが旧作の再制作作品を出品しています。   こちらは、世 … Read more

オフキャンパスで美術展鑑賞

5月13日(土)、1・2年生の必修授業「21世紀文化論」では、神奈川県立近代美術館〈葉山館〉に「砂澤ビッキ」展を鑑賞しに行きました。 天気はあいにくの雨でしたが、学芸員の方のレクチャーにも参加し、様々なことを学んだことだろうと思います。