【タマガ見聞記】紙の世界を旅する

「タマガ」とは/本学科フィールドワーク設計ゼミが発行しているウェブマガジンです。芸術関連のニュース、展覧会評、書評、美術館探訪記、美術家のインタビューなどアートにかかわる様々な記事を掲載します。  東京・北区の「紙の博物館」は、紙の百科事典のような存在だ。しかも、実物を見せてくれたり、ものによっては触らせてもらえたりする。驚くほど美しい紙や、紙には見えない紙もある。4つの展示室を歩き、普段何気なく … Read more

特集「アートの壁」などを掲載したWhooops!Vol.15を発行

本学科フィールドワーク設計ゼミ(担当:小川敦生教授)では、アート誌『Whooops!』Vol.15(無料)を発行しました。特集は「アートの壁」。2万年も前に壁にアートを描いたクロマニョン人、移設して新たな魅力が加わった片岡球子の陶板壁画などを取材した記事を掲載しました。そのほか、「アイヌの人々の踊りと音楽を楽しむ」などの記事もお読みいただけます。 冊子は、本学八王子キャンパス(芸術学棟ほか/ただし … Read more

「童画」特集や「面白まんが」を掲載したWhooops!Vol.14配布中!

本学科フィールドワーク設計ゼミ(担当:小川敦生教授)では、アート誌『Whooops!』Vol.14(無料)を発行しました。色彩の美を極めた陶芸や宇宙をテーマに制作されたチームラボの新作を取り上げた展覧会が、美しい写真とともに紹介されています。特集は「童画」。子ども向けに描かれた童画の誕生や、近年の立体的な作品の登場の背景をひもときます。人気の「面白まんが」もお忘れなく! 冊子は、本学八王子キャンパ … Read more

【タマガニュース】チームラボが禅の「円相」をテーマに立体の書に挑戦

チームラボが禅の「円相」を作品にした。特別展「禅―心をかたちに―」が開かれている東京国立博物館平成館のラウンジに、《円相 無限相》というタイトルで設置、公開している。来年1月ロンドン、3月ドバイでの公開に先駆けた展示だという。  チームラボは、猪子寿之さんをリーダーにして、技術と創作の掛け合わせをグループで追究しながらアート作品を制作している組織。デジタル映像を使った表現を得意とし、空間そのものを … Read more

【タマガニュース】障害者の才能を掘り起こし社会につなぐ展覧会

「タマガ」とは/本学科フィールドワーク設計ゼミが発行しているウェブマガジンです。芸術関連のニュース、展覧会評、書評、美術館探訪記、美術家のインタビューなどアートにかかわる様々な記事を掲載します。  「小学生のときから美術館に出品している作家なんです」  東京・六本木の国立新美術館で始まった「ここから -アート・デザイン・障害を考える3日間-」展に出品された、歯の細かい櫛のような作品の前で、同展の全 … Read more

東近美でモーツァルト、ブラームスなど演奏するおしゃべり付きのコンサート

東京国立近代美術館(東京・竹橋)で、「トーマス・ルフ展」(※)の関連イベントとして、9月11日にモーツァルトやブラームスを演奏するおしゃべり付きのコンサートが開催されます。ロスアンジェルス交響楽団元首席ヴィオラ奏者の大山平一郎氏、東京交響楽団コンサートマスターの水谷晃氏らが演奏、本学科の小川敦生教授が「ゲストスピーカー」として参加します。来場したお客様との「対話」(ダイアローグ)の時間も設けられま … Read more

芸学生対象のヴィジュアル作品コンテスト応募開始

 アート誌『Whooops!』(フィールドワーク設計ゼミ発行)はこの秋 芸学ヴィジュアル作品コンテスト2016 を開催します! 〆切は9月末! イラスト、写真、CGなどの紙媒体での表現を前提としたヴィジュアル作品のコンテストです。 対象は本学芸術学科に今年度在籍している学生。 ふるってご応募ください。 応募要項については、下記にリンクを貼ったチラシ裏面をご覧ください。 芸学ヴィジュアル作品コン … Read more