東京国際映画祭2016レポート〜テディ・スリアアトマジャを中心に 〜

2016年の東京国際映画祭TIFF(第29回)は、10月25日から11月3日まで六本木ヒルズを主会場に10日間にわたり開催された。 世界中の映画が上映されるなかで、アジア映画は「アジアの未来(Asian Future)」や「ワールド・フォーカス」部門で数多く上映され、とくに後者では7月4日に急逝したイランのアッバス・キアロスタミ追悼企画や来年没後10年となる台湾のエドワード・ヤンの滅多に上映されな … Read more

七里圭監督最新作『サロメの娘』パフォーマンス上演

映像文化設計ゼミの企画イベントとして、七里監督の最新作『サロメの娘』パフォーマンス上演を2016年11月16日メディアホールにて開催いたします。 マルチプロジェクションとパフォーマンスによるライブ上演、 多層のスクリーンへの映写と身体表現の合体による、斬新な上映=上演空間の創出。 映画はどこにあるのか?を問い続ける七里監督が「音から作る映画」として始めた 『サロメの娘』シリーズ(2014-)の最新 … Read more

サエボーグさん特別講義 開催のお知らせ

(photo by 都築響一) ジェンダー文化論 特別講義 サエボーグの豚小屋 ■日時:2016年6月24日(金)10:40〜 ■場所:多摩美術大学八王子キャンパス 情報デザイン・芸術学棟3階25-311教室 ■主催:芸術学科 映像文化設計ゼミ *入場無料・予約不要 サエボーグ ラテックス製のスーツを自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティスト。第17回岡本太郎現代芸術賞展(川崎市岡本 … Read more

Image Forum Festival2016レポート

イメージフォーラムフェスティバル2016は4月29日から5月6日まで、渋谷のシアターイメージフォーラムをメイン会場に開催された。前身となるアンダーグラウンド映画新作展や実験映画祭から数えると40年以上の歴史をもつ実験映像フェスティバル、30回目の今年はこの30年の受賞作を回顧する8ミリ主体の特別プログラム「ユニーク・エンカウンターズ」が組まれ、この映画祭が発見・輩出してきた作家たちを展覧した。 今 … Read more

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015レポート1〜『ナイトレート・フレームス』ほか〜

 山形国際ドキュメンタリー映画祭YIDFF(隔年開催、NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭主催、山形市共催)は2015年10月8日から15日まで山形市で8日間にわたり開催された。今回が14回目、ドキュメンタリー専門の数少ない映画祭として国際的な注目を集め、応募作品数は1874本、入場者数は24000人を越えた。  メインの部門は「インターナショナル・コンペティション」と「アジア千波万波」だが、 … Read more

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015レポート2『青年★趙(チャオ)』

 『青年★趙(チャオ)』は杜海濱(ドゥ・ハイビン)監督による山西地方に暮す若い青年、小趙の高校生から大学時代までの5年間を捉えたドキュメンタリーだ。  少年時代の趙は愛国心に満ち溢れている。中国共産党を支持し、人民服に身を包み、中国の国旗を掲げ、「中国がんばれ!中国万歳!」と愛国のスローガンを叫ぶ、小村で趙を知らない人はいない。毛沢東を賛美する歌を歌い、自分の国を誇らしげに語る青年であると同時に、 … Read more

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015レポート3『オリジナル/コピー』

 ムンバイに住む町で最後の映画看板描きシェイク・レーマンを追ったドキュメンタリー。インドでは、大手シネコンの台頭や、ビデオ、テレビを含む映画以外の娯楽の発展の影響を受け、町の映画館は荒波の中にある。  彼らの映画館の経営も例外ではなく、近隣にもある映画館との関係、施設の老朽化はさらに追い打ちをかけていく。日に日に減る売り上げをマーケティングによって打開するために、 より目を張るプラスチック製の看板 … Read more