2016年度版『10の図書館』完成いたしました。

10の図書館とは 平出隆教授の下、書物設計ゼミの学生が、執筆、構成、編集までの一連の作業を行い刊行される書籍です。 毎年一人一人が自ら決めたテーマにそって、10冊の本を選ぶ。 自由で様々な種類の本が、さながら図書館のように積み重ねられていく。 一年ごとにページ数が増え、本の装丁も新しくなっていく、現在進行形の本となっています。

本をつくる・歴史をつくるⅢ  ことば・郵便・アート 第3回開講のお知らせ

本をつくる・歴史をつくるⅢ ことば・郵便・アート 第3回 本と手紙の闘い  メール・SNS・ネット環境は、近代における手紙と本との敵対関係 (手書き/活字、私/公、オリジナル/複製、破片/全体……)を溶解し、解消したかに見えます。 しかし、このバリアフリー化、ポストモダン化は、人間の根源的な行為としての「読み/書き」の頽廃を肯定していないでしょうか。 「ことば・郵便・アート」最終回となる第3回は、 … Read more

アーティストブック作品2

安部夏妃 『あなたはどこに?』 人という存在はただそこにある存在として立っているだけでなく、「空間」もまた人の存在として成り立っている要因の一つだと考えております。 「空間」に散りばめられた存在の欠片を見つけて頂けたら幸いです。

大学進学フェスタに参加します!

活版印刷ワークショップ@大学進学フェスタ  書物設計ゼミは、10月2日(日)にパシフィコ横浜で開催される 大学進学フェスタに参加することになりました。 昨年に引き続き、活版印刷ワークショップ「活版印刷で栞をつくろう」での参加となります。 活字を拾い、組み、お気に入りの言葉を刷る。 自分だけのしおりを作ってみませんか。 多摩美術大学に興味のある方、芸術学科に興味のある方、活版印刷に興味のある方などな … Read more

ことば・郵便・アート 本をつくる・歴史をつくるⅢ 第2回開講のお知らせ

Crystal Cage College四谷 書物論研究講座 本をつくる・歴史をつくるⅢ ことば・郵便・アート 第2回  紙を束ねて〈本〉とすることで、人びとは世界をひろげてきました。 ことばや絵を紙に載せ、心をこめて他者へ送り届ける〈郵便〉というスタイルもまた、 人間の本質に根ざしたものです。人と人とがつながりあいたいという本能的な欲求は、 社会制度に直接左右されることなく、郵便を工夫して作りだ … Read more