【刊行物】安藤礼二教授、新刊『大拙』

安藤礼二教授が執筆された『大拙』が刊行されました。 ー 宗教における霊性を究めてアジアを超えた「知の巨人」の全貌 折口の次は、大拙だ。 東西の宗教・思想をつなぐカギがここにある! 仏教思想を西洋哲学に匹敵する次元にまで深め、アメリカに大乗仏教の神髄および禅文化を広く紹介し、西田幾多郎からジョン・ケージまで多大なる影響を与えた鈴木大拙。近代日本において最も重要な仏教哲学者の足跡をたどり、その思想の全 … Read more

【メディア】美術手帖(Web版)に家村ゼミ展の記事が掲載されました

10/15よりアートテーク・ギャラリー1階にて開催されている「家村ゼミ展2018」について、web版美術手帖に掲載されています。 記事の詳細は以下のリンクからご覧ください。 https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18583 ◼︎家村ゼミ展2018 2018年10月15日(月)〜2018年10月27日(土) 10:00〜18 … Read more

【メディア】「チコちゃんに叱られる」「アイルランド・アーチストとの交流」

1、鶴岡真弓所長・教授がNHK総合テレビ人気番組「チコちゃんに叱られる」に出演します。 アイルランド、ケルト起源の「ハロウィン」の謎を解く。 http://www4.nhk.or.jp/chikochan/ 10月26日(金)ヨル 19:57- 20:42 10月27日(土)アサ 8:15 – 9:00 2、日本経済新聞、10/20土曜日予定 朝刊の「交遊抄」で鶴岡真弓所長・教授による … Read more

【メディア】「アートならくがき帳」連載スタート

音楽之友社のWebマガジン「ONTOMO」で、小川敦生教授執筆のコラム「日曜ヴァイオリニストの“アートな”らくがき帳」の連載が始まりました。 第1回目のテーマは、「ロシアの文豪が書いた愛をフランスの作曲家ショーソンが《詩曲》に――苦悶する愛をヴァイオリンで体験する」です。自身のヴァイオリン演奏経験をもとに、小川教授が稀代の名曲と破天荒な愛の物語の関係をひもときます。 記事はこちらをクリックしてご覧 … Read more

美術家と企業の関係著した「翼竜のたまご」刊行

小川敦生教授が企画に携わった書籍「翼竜のたまご」(坂上直哉著)が日経BP社から発売になりました。 日新製鋼という企業の中で40年間にわたってステンレスを素材にしたアート作品を制作した美術家の坂上直哉さんが、企業とアートの関係を語ります。 詳しくはこちらをご覧ください。

鶴岡教授がTOKYO FM『ピートのふしぎなガレージ』に出演します。

鶴岡教授が、TOKYO FMで毎週土曜17:00〜17:50放送中の番組『ピートのふしぎなガレージ』に出演します。 10月29日(土)の放送では「ハロウィン」の直前大特集。 鶴岡教授がインタビューに答えています。ぜひ、お聞きください。 『ピートのふしぎなガレージ』TOKYO FM(JFN系全国37局ネット) 毎週土曜17:00〜17:50放送中