2017年11月開催 第5回「土地と力」シンポジウム『イメージの発生』

2017年度 多摩美術大学 芸術人類学研究所+芸術学科21世紀文化論 共催

第5回「土地と力」シンポジウム『イメージの発生』

会場:多摩美術大学八王子キャンパス・レクチャーホールB

日時:2017年11月18日(土) 開演13:15(開場12:45) 終演16:10

入場無料・事前予約なし ※一般の方は先着順でご入場いただき、満席の場合は立ち見となります。

芸術のもつさまざまな可能性を人類学的に探究することを目的として創設された芸術人類学研究所は、新たなディケイド(10年期)にむけて最初の一歩を踏み出す。研究所開所11年を迎えて、昨年の「聖なる場所のネットワーク」に続き、鶴岡真弓所長以下、平出隆、港千尋、椹木野衣、安藤礼二の全所員が参加し、芸術表現の根源、「イメージの発生」について、それぞれの専門分野から、最新の知見を持ち寄り、共同討議を行う。ケルトに伝承された循環生命論、詩をつらぬく物質的想像力、自然と人工の差異が消滅する多孔空間、「太陽の塔」と生命の樹、縄文・アイヌ・洞窟壁画、等々の主題から、新時代を切り拓く芸術研究のマニフェストが立ち上がる。