『装飾デザインを読みとく30のストーリー』 鶴岡真弓 所長著書

鶴岡真弓所長の著書『装飾デザインを読みとく30のストーリー』が日本ヴォーク社より5月16日から発行されました。

本書は『小原流 挿花』(小原流)に2013年1月号~12月号まで連載された「時空を超える装飾文様」、『ミセス』(文化出版局)2013年4月号~2014年3月号まで連載された「女神たちの装飾」、「手づくり手帖」(日本ヴォーク社)に2015年Vol.05初夏号~2017年Vol.13初夏号まで連載された「INAXライブミュージアムNEWS LETTER vol.6・装飾する魂」の原稿に加筆・修正を加え編集したものである。

書籍名:装飾デザインを読みとく30のストーリー
著者:鶴岡真弓
出版元:日本ヴォーク社
価格:2,800円(税別)
ISBN/商品コード:978-4-529-05762-2

URL:http://www.tezukuritown.com/shop/product_info.php?products_id=64675

【目次】

はじめに

  1. 貴婦人と淑女の「薔薇」-フレンチ・ロココから日本のモダン・キモノへ

  2. 「黄金の麦」とラマス祭-豊穣の文様と乙

  3. ウィリアム・モリスと文様の花園-中東・インド・中国との出会い

  4. 成長とメタモルフォーゼ-ゲーテの「植物変容論」からルンゲ、グリムまで

  5. 大自然の精霊「鹿」-北方ユーラシア世界の動物信仰

  6. ミツバチ文様を愛した皇帝-美の蜜源を求めて

  7. いのちを包む 布と装飾-ベビー服からウェディング・ドレスまで

  8. 「夢二の女性」とアール・デコ-藍への愛

  9. 「結び」と「組紐」のケルト文様

  10. 生命の樹-ユーロ・アジア世界の樹木信仰

  11. 天上の花 地上の星-阿修羅のジュエリーと宝相華

  12. 蝶と蝶番-花の種蒔きの光のかたち

  13. 「野ばら」の風とデザイン-ミュシャとマッキントッシュ

  14. 真実を告げる鳥-若冲とポルトガルの鶏

  15. 「青海奈美文様」異国からの宝船-吉祥の波の見方

  16. ザクロの生命力-エキゾティックな多産のシンボル

  17. 「重陽の節句」と「菊」の精霊-不老長寿の花

  18. 冬至と「太陽の蘇り」-闇から光へ

  19. 「馬の女神」と豊穣のしるし-エポナからゴダイヴァへ

  20. 「アラベスク文様」とレオナルドの天文学-天と地のコレスポンダンス

  21. クリムトの装飾-エミーリエとアデーレ

  22. ペイズリー文様-ショールの大流行と共に

  23. アテナ女神のフクロウ-知恵の鳥

  24. ギュスターヴ・モローとインドの宝飾-世紀末フランスの装飾と絵画

  25. ポッティチェッリと金銀細工-黄金と真珠のルネサンス

  26. ゴシック大聖堂の「葉飾り」-サント・シャペルのステンドグラスからあ「美しき女庭師」へ

  27. 白鳥伝説-レダ、オデッド、羽衣の産む力

  28. 暁の女神たち-アウロラとエオスの出現

  29. 后妃テオドラと「連珠」の首飾り-東方を夢見たビザンティン帝国

  30. 装飾する魂を求めて-あとがき

図版提供先一覧