【開催レポート】研究会「DIC川村記念美術館で開催の『言語と美術──平出隆と美術家たち』展の発展的アーカイヴ化」2019年3月8日

  「野外をゆく詩学 」部門(平出隆所員)の研究会「DIC川村記念美術館で開催の『言語と美術──平出隆と美術家たち』展の発展的アーカイヴ化」が3月8日(金)に多摩美術大学メディアセンター・メディアルームにて開催 … 続きを読む

『私のティーアガルテン行』平出隆 所員著書

紀伊國屋書店から平出隆所員の著書『私のティーアガルテン行』が発行されました。 北九州に生れ育ち、ベルリンのティーアガルテンで「生涯という迷宮」への豊かな啓示を享けた詩人が、幼少時からの教えの庭を追懐しつつ、紙と版への思考 … 続きを読む

【開催レポート】第5回「土地と力」シンポジウム『イメージの発生』

ご来場をいただきまして、誠にありがとうございました。 下記より、当日の模様を各所員ごとに抜粋し、お伝えします。 2017年度 多摩美術大学 芸術人類学研究所+芸術学科21世紀文化論 共催 第5回「土地と力」シンポジウム『 … 続きを読む

【開催レポート】公開研究会 「野外をゆく詩学 17」 2018年1月19日

「野外をゆく詩学 17」公開研究会は1月19日、多摩美術大学芸術人類学研究所で開催されました。 講師は三松幸雄、宮田浩介、澤直哉。進行は、部門統括の平出隆所員。 それぞれに単独の思考が互いに交差し、聴衆の反響と共に深まる … 続きを読む