港 千尋 Chihiro Minato

Languages: English日本語

多摩美術大学 芸術人類学研究所 所員
多摩美術大学 美術学部情報デザイン学科 教授

プロフィール

 1960年神奈川県生まれ。写真家、映像人類学者。早稲田大学政治経済学部卒業。南米滞在後、パリを拠点に写真家として活躍。また同時に、混迷の時代をするどく射抜く独自の批評活動を展開。芸術の発生、記憶と予兆、イメージと政治などをテーマに、ラディカルな知と創造のスタイルを提示。1995年より多摩美術大学美術学部で教鞭をとり、現在は同大学情報デザイン学科教授。
2006年〈市民の色〉で伊奈信男賞受賞。2007年第52回ヴェネチア・ビエンナーレ美術展における日本館の展示企画コミッショナーに就任。著書に『記憶――創造と想起の力』(講談社、サントリー学芸賞)、『第三の眼』(廣済堂出版社)、『遠心力』(白水社)、『自然 まだ見ぬ記憶へ』(NTT出版)、『洞窟へ――心とイメージのアルケオロジー』(せりか書房)、『影絵の戦い』(岩波書店)、写真集『瞬間の山』、『文字の母たちLe Voyage Typographique』(インスクリプト)、『In-between2 フランス、ギリシャ』(EU・ジャパンフェスト日本委員会)など多数。

書籍

『掌の縄文』(羽鳥書店、2012年)
『芸術回帰論 イメージは世界をつなぐ』(平凡社、2012年)
『ヴォイドへの旅 空虚の創造力について』(青土社、2012年)
『バスク七色』<叢書 crystal cage>(東京パブリッシングハウス、2012年)