無限の縫い(nui)アートへ/プロジェクト・開催レポート

無限の縫い(nui)アートへ/展示・映画上映会・トークセッション

当研究所では「無限の縫いアートへ」と題しまして、鹿児島にあります知的障がい者施設「しょうぶ学園」の活動から、
個々人の可能性が発揮される場のつくり方に注目して、今回のプロジェクトを開催する運びとなりました。

2017年11月22日(水)-12月15日(金): 作品の展示期間
11月24日(金)14:40~17:50 :「無限創造(ゲネシス)の始まり」展示作品トーク&上映会
12月 8日(金)14:40~17:50 :「映像から共創を考える」上映会&ゲストトーク


このプロジェクトは、全体で3つの構成からなっております。

1つめは、
「しょうぶ学園」の布の工房である「ヌイ・プロジェクト」の作品展示です。
既存の枠に囚われず、伸び伸びと自由に表現されている作品は、
視る者の心を釘付けにする魅力をもっています。
作品は12/15日まで、CMTEL(シムテル)会場でご覧いただけます。

 

2つめは、
「しょうぶ学園」の日々を追ったドキュメンタリー映画の上映会です。
圧倒的な生命力を持つ作品が、1人だけじゃなく、何人からも生み出されているのは、なぜなのか。
その秘密は、日々の暮らしや環境、取り巻く人々との関係性に
あるのではないかと考え、映画をキッカケにして、
その秘密を探ろうと企画いたしました。

 

3つめは、
トークセッションです。
第1回目は11/24日に開催いたしまして、ケルト芸術文化研究家
である鶴岡真弓所長がトーカーを務め、しょうぶ学園の作品を前に、
「無限創造」として、芸術と表現など、人間の関わりを
掘り下げるトークを開催いたしました。

 

12/8日が、全プロジェクトの総集編になりまして、
上映する映画をプロデュースしたお二方を
ゲストにお招きし、「映像から共創を考える」を
テーマにお話しいただきました。