FACULTY > 堀内 正弘

教員紹介 Faculty members

教授堀内 正弘Masahiro Horiuchi

担当科目

  • 環境問題論
  • 環境共生論

私は、良い環境デザインとは「秩序立った多様性」をもつものだと考えています。
自然界はそのように成り立っていますが、例えば都市を人が好き勝手に作ると、「混沌とした多様性」になってしまいます。欧米の先進的な都市には「都市デザインガイドライン」という手法があることを学び、私は日本の都市づくりに導入しました。
建築やインテリアデザインもスケールが違うだけで、同じ手法により、良い環境を生み出すことができます。他と差別化することで独自性をもたせるデザインも必要ですが、オーソドックスで良い環境づくりの基本にはこのような考え方があると思います。

略歴

1954/東京世田谷生まれ 1978/東京芸術大学美術学部建築学科卒業 1980/東京大学工学系大学院修士課程(芦原・香山研究室)修了 1980/磯崎新アトリエ勤務 1983/イエール大学建築学修士課程修了 1983/エドワード・ララビー・バーンズ事務所勤務 1987/株式会社アーキソフト計画研究所主宰 1995〜/株式会社都市工房主宰 1998/多摩美術大学助教授 2008〜/教授

研究業績

主な業績

建築設計、景観設計、都市計画、メディアデザイン等の経験を生かし、現在は市民と行政の協働による創発のさまざまな仕組みづくりに取り組む。BCS賞、公共の色彩賞、日本感性工学会賞、グッドデザイン賞(2007,2012)、ストップ温暖化大作戦東京グランプリ、同全国大会モーダルシフト賞、エコジャパンカップ2011エココミュニケーショングランプリ、低炭素杯2013最優秀ソーシャルイノベーション賞、他受賞

ホームページ
http://urbanecology.jp

1987年に完成した日比谷シャンテ ”合歓の広場” は、私が独立して最初に手がけた公共の作品である。2018年に”日比谷ゴジラスクエア”となり、残念なことに当初のコンセプトが消えてしまったので、記録として紹介したい。ここには木陰のベンチ、せせらぎ、カフェがあり、だれでもが一息つけるポケットパークである。カフェの建物は、あまり自己主張せずに、都市に溶け込むようにデザインされた。

多摩美術大学 環境デザイン学科 Tama Art University Department of Environmental Design

多摩美術大学環境デザイン学科
八王子キャンパス
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
042-676-8611(代)

COPYRIGHT ©  2015 TAMA ART UNIVERSITY, ALL RIGHTS RESERVED.