INTERVIEW > 成川 恵一

日本造園設計 副室長・主任デザイナー・一級建築士成川 恵一 Keiichi Narikawa

現在の仕事について

「禅」と「日本庭園」を基軸とした庭園設計・ランドスケープデザインを行っています。仕事は国内外を問わず、日本の伝統・精神を大切にした空間設計と現場監理。建築や周りの環境に合った庭園空間を提案するもので、現代的なランドスケープ空間を作る事もあります。インテリア・エクステリアという仕切りは無く、建築も考慮した一体空間として計画を進めていきます。

多摩美を受験した理由

幼い頃から絵画を習っており、絵を描くことは好きでした。高校時代、デザインをするような職に就けないかと考えた時に、初めて環境デザインという分野を知りました。小さい頃に通っていた絵画教室の学長が、土木系の環境デザインをしており少なからず影響はされたと思います。また、「建築学科」という専門学科ではなく、むしろ「環境デザイン学科」という空間全般を幅広く学べる学科という事が魅力的に感じました。

多摩美で学んで感じたことやよかったこと

多摩美でのデザイン課題で学んだ事は、「いかに叩きだした一つのコンセプトだけをクリアに相手に伝えるか、それをどうやって空間や形にまとめるか」でした。その基本的な方法は、働いている今でも役に立っています。色々な法規的・外的な要因に配慮しながらも、デザイン案の信念を貫くということを学んだと思います。また、建築士になりたい方は、環境設備・法規・構造力学等の三年次履修項目をしっかり勉強する事をお勧めします。

環境デザイン学科を受験しようとしている受験生のみなさんへ

環境デザイン学科は、空間デザインに対して幅広く情報を得る事ができ、その中で本当に自分のやりたい事を模索しながら制作、または就職ができる学科だと思います。また、二年次以降でコース分けされた後でも、課題によってコース外の課題を選択できるなど、比較的に自由度が高い事も魅力の一つであると思います。受験に向けては、自分を信じること、最後までやり切る事、焦らず一握りの余裕を持つことが大切です。

1.NassimParkResidences_2011_bird view
2.NassimParkResidences_2011_yoga room
3.NassimParkResidences_2011_waterfall

多摩美術大学 環境デザイン学科 Tama Art University Department of Environmental Design

多摩美術大学環境デザイン学科
八王子キャンパス
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
042-676-8611(代)

COPYRIGHT ©  2015 TAMA ART UNIVERSITY, ALL RIGHTS RESERVED.