多摩美術大学

大学院博士前期課程(修士課程) 事前面談申込フォーム

本学出身以外の方で、研究計画の内容について志望教員と面談を希望する場合は、以下の専用フォームよりお申し込みください。

注意事項

  • 事前面談は、自身の研究計画の内容と教員の研究テーマとが適合するかを確認する機会の提供として設けており、全員に課すものではありません。
  • 面談の有無は、入学試験の実施および結果には一切関係がありません。
  • 入力された個人情報は、面談の実施や教員への連絡等の業務のために利用します。当該個人情報の漏洩・流出がないよう、適切に管理をおこないます。
  • 受験生から本学教員や研究室に直接電話やメール連絡をしないでください。
  • 教員のスケジュールによっては、面談そのものを実施しないこともあります。
  • 面談は、希望する研究領域の試験実施前に定められた期間内の1回限りとします。
    (教員が1名に絞れない場合や、別の教員との再面談を希望する場合でも不可)
  • 1人の教員に対し、同じ時間に複数人の面談希望者と面談を行う場合があります。
  • 『申込フォーム』で記入すべき事項に間違い等があり、訂正(再申し込み)を依頼したにもかかわらず、申込期間内に応じない場合は面談を辞退したとみなします。
  • 面談の実施日時は、申込締切日の翌々日以降に順次メールで連絡します。教務部入試課が日時を提示し、申込者が了承した時点で事前面談の申し込みが完了となります。
  • 面談を無断欠席した場合は、理由の如何を問わず、以後の事前面談の申し込みは認めません。
  • メール未達等の理由で連絡不備があった際でも、大学は一切の責任を負いません。
  • 面談時間は厳守してください。
  • 外国籍(日本の永住許可を得ているものを除く)で出願する者は、小論文試験を「日本語」で解答する場合、以下のうちいずれかに該当している必要があります。
    • ①日本学生支援機構が運営する「日本留学試験(EJU)」において、2018年11月、2019年6月・11月実施のいずれかを受験し、「日本語」で260点(400点満点)【読解(200点)+聴読解(200点)】以上および「記述」35点(50点満点)以上を取得した者、または2020年6月実施予定に出願した者。
    • ②国際交流基金・日本国際教育支援協会が運営する「日本語能力試験(JLPT)」において、2018年12月、2019年7月・12月実施のいずれかを受験し、N1に合格した者、または2020年7月実施予定のN1に出願した者。
    • ※小論文試験を「日本語」で解答を希望するが、上記条件を満たしていない場合は事前面談の申し込みもできませんので注意してください。
    • ※やむを得ず上記の条件を満たせない場合は、「日本留学試験等の中止に伴う本学入学者選抜の対応について」をご覧いただくか、教務部入試課までお問合せください。
    • ※絵画専攻、彫刻専攻、工芸専攻、デザイン専攻において小論文試験を「英語」で解答する場合、または日本国内の大学・大学院を卒業(見込)で出願する場合、上記試験の受験は免除いたします。

テレビ会議システム(ZOOM等)利用時の注意事項

  • 面談を記録する行為(録画・録音・スクリーンショット作成・写真撮影等)は禁止します。
    それらをSNS等、第3者に配信、公開した場合は法的な責任を問う可能性があります。
  • 面談は一人で静かな部屋で行ってください。
  • カメラ、マイク、通信環境はあらかじめご自身で準備してください。
    面談に際して、カメラやマイク、通信環境等の不具合により面談が中止となった場合、面談を再度申し込みすることはできません。
  • 災害や停電、事故等の理由により面談が中止になった場合も大学は一切の責任を負いません。

事前面談申込期間:2020年9月7日(月)~9月11日(金) 16:00まで

※面談期間は2020年11月23日(月)~12月1日(火)

赤太字の項目は必ず入力してください。

受験生個人情報
氏名
ふりがな
性別
生年月
国籍
連絡先1(携帯電話番号) ※海外在住の場合は国番号も入力
連絡先2(固定電話番号)
メールアドレス 携帯電話で迷惑メール対策として「ドメイン指定受信設定」、「パソコンからのメール受信拒否設定」等の設定をされている場合、本学からのメールが届かない場合があります。以下のドメインからのメールを受信できるように設定をお願い致します。
@tamabi.ac.jp

確認のためもう一度メールアドレスを入力してください
日本語学校名(2020年4月1日現在で在学している方)
外国籍者における出願資格
出身学校情報
出身学校種別
学校名
学年等
取得学士号名 取得した学士号の種類(証書番号ではありません)を記入してください
学修歴 高等学校卒業以降の年月、入学・卒業の別(休退学、編入学、転学等を含む)を具体的に記入してください

高校卒業

大学入学

大学卒業

その他(休退学、編入学、転学等)

志望専攻・研究領域・面談
志望専攻・研究領域
専攻 研究領域
絵画
彫刻
工芸

デザイン




芸術学
演劇舞踊
出身大学で学んだ研究内容
(300~600字程度)
出身となる学科でどのような科目を修得したか、具体的に記入してください(授業科目の列記可)
面談を希望する教員名
(1名のみ入力可)
上記教員のもとで学びたい理由
(500~800字程度)
面談を希望する教員の研究・実績と、ご自身が現在行っている制作や今後行いたい研究を照らし合わせて、学術的な理由を詳しく記入してください
作品ファイル共有URL 面談の際に教員に見せたい作品(2点以下)があれば、オンラインファイル共有サイト(Google drive、保管期限がない共有サイト)にアップロードし、URLを記入してください
※権限設定が必要な場合は、大学が閲覧できるように設定してください

パスワードを設定した場合は記入してください

氏名  
ふりがな  
性別  
生年月  
国籍  
連絡先1(携帯電話番号)  
連絡先2(固定電話番号)  
メールアドレス  
日本語学校名  
出身学校種別  
学校名  
学年等  
取得学士号名  
学修歴  
志望専攻・研究領域  
出身大学で学んだ研究内容  
面談を希望する教員  
上記教員のもとで学びたい理由  
作品ファイル共有URL