2010.02.05
卒業生だより -青柳翔太さん-

3人目の「卒業生だより」は卒業後、ロンドンのRoyal College of Art(RCA)に留学中の
青柳翔太さんから、留学生活の模様をご紹介していただきます。


- from aoyagi -

aoyagi_31
2009年に多摩美のプロダクトデザイン専攻を卒業し、その年の秋からロンドンの
Royal College of Artという学校に留学中です。

こちらに来てから5ヶ月ほどが経ちました。今回が初めてのレポートになります。

僕はこの学校のDesign Productsというコースを専攻しています。
ここは大学院大学なので基本的に1、2年生しかいません。

僕の専攻には2学年合わせると70名ほどの学生がおり、
そのうちの半分以上がイギリスの外から来ている留学生です。

授業の言語はもちろん英語ですが、教室にいるといつも多様な言語が聞こえてきます。
みんなひとつの教室の中にいます。




aoyagi_51
教室にある掲示板

Design Productsにはプラットフォームという独自の制度があります。

これは日本の大学にもあるゼミのようなもので、2〜3人の講師が
それぞれを担当していますが、彼らの関係に上下はありません。

またこの専攻を管理する側がプラットフォームを持たないので、
全てのプラットフォームは対等で、その独自性を維持しています。

これが多種多様なアウトプットがRCAの学生から生まれるひとつの要因かもしれません。

プラットフォームは個別に異なる嗜好を持っていてるので、講師によるプレゼンテーションのあとに
各自が学びたいことに最も近いと思うところを選ぶことになります。

現在、6個のプラットフォームがあります。
つけられた番号は2・6・8・10・12・13とバラバラで、どこか永久欠番のようでかっこいいです。


aoyagi_41
基本的に、各自の属したプラットフォームでの課題・研究が大学での中心的な活動になりますが、
その他に面白いものとして回路設計や電子部品の操作などへのサポートもあります。

Arduinoといったプログラミング操作が可能な基板を使用し、
簡単な用途としては照明などの光の強弱をコントロールできたり、
カメラやマイクなどのセンサーを使用してインタラクティブな装置を制作するなど
用途は色々考えられそうです。

実際に動くモデルを作ることで得られるリアリティはとても大きいです。

他人に体験してもらえばその場でフィードバックがすぐに得られるし、
検証からさらに飛んだアイディアにつながるかもしれません。

このプログラムには、数年前にRCAを卒業したデザイナー(写真左)が講師として来てくれています。
上の写真はコイルを使って金属に磁力を持たせる簡単な実験をしているところです。

授業が終わってから片付けをしていたときの雑談から始まったのですが、みんなとても興味深々です。

その後、コイルの話からRFIDの話題になりOyster Card(日本のSuicaのような交通カード)を
学校のカードリーダーに近づけるとお金を吸い取られる とか、だったら逆にハックできるんじゃないか
と話は変な方向に。。。技術的には可能だそうです。

今回は僕のいるコースを簡単に紹介しました。
次回はWork in Progress Showについてレポートします。

–青柳


青柳さんには今後も留学生活の様子をレポートしていただく予定です。
どうぞお楽しみに!



Tags: ,

ページトップ ↑

前の記事 →

← 次の記事