2010.07.26
卒業生だより -仙田周平 さん-

『卒業生だより』5回目は、仙田周平さん(2007年卒)です。
仙田さんは、今年イタリアのデザイン事務所に転職が決まりました。そのきっかけとなったのが
「MACEF DESIGN AWARD」の2008年に一位、2010年に二位に入賞したことだったそうです。


2010jun25_senda_021





(1)「MACEF DESIGN AWARD 2008、2010」の作品を詳しく説明してもらえますか?

「MACEF DESIGN AWARD 2008」
00

「2015年の食卓」というテーマに対する作品です。
このスプーンは「私たちは、自然の恵みを受けて生きているのだ」ということを、そっと感じさせてくれます。
将来、私たちが今以上に「食」を人間の根源的な営みとして、大切に想ってくれるようにとの願いが込められています。





「MACEF DESGIN AWARD 2010」
1

2

3



「the intelligent hand」というテーマに対する作品です。
手で描かれた折り目により機能する書類用ファイルを提案しました。
従来のファイルは、直線の折り目によって機能(開いたり閉じたり)しますが、
このファイルは、それが自由な曲線で出来ています。
これにより、従来のものより、美しく機能し、審美性も向上します。
アイテムの構成要素全体でなく、ある一部分が大きな違いを生み出すことこそが
「the intelligent hand」であるとこのファイルは表現しています。
このファイルは、CDケースや写真や書類のファイルに応用できます。




(2) 「MACEF DESIGN AWARD」に二度も応募した理由を教えてください。

2008年のときは、それまで、食をテーマとしたデザインや、
テーブルウェアのデザインに取り組んだことがなかったから、という単純な理由でした。
2010年のときは、「the intelligent hand」というテーマが、とても興味深かったからです。
それは、卒業制作時に、手を使って考えるデザインの手法に取り組んでいたので、
思い入れがあったのだと思います。ですので、同じのに2度応募したことはほとんど偶然です。
あと参加するかどうかは、いつもテーマで決めますが、どちらもそれが魅力的だったことが理由だと思います。


(3) 在校生へのメッセージをお願いします。

失敗や評価を気にしすぎず、やりたいと思うことがあるなら挑戦し、
出来ることからひとつずつ自分のペースで歩み、
自分なりに得られた何かから始めることが大切だと思います。
それを受け入れることが出来るだけの環境がここにはあると思います、がんばってください!


Tags:

ページトップ ↑

前の記事 →

← 次の記事