2009.06.06
芸術家派遣事業 大島北高等学校

文化庁が行っている芸術家派遣事業の一環で和田達也先生と高島由希 助手、大間々渓子 副手、高花謙一 副手と元・プロダクトデザイン研究室の副手で現在はメディアセンター CMTELのスタッフである玉川千尋さんの5名が鹿児島県の奄美大島にある大島北高等学校に赴き、6月4日・6月5日の2日間でワークショップを行いました。
 
チーム対抗でコピー用紙を高く積み上げる「ペーパータワー」、羊毛から作る「フェルトペーパーウェイト」、壊れた機械のパーツで作る「ジャンクジュエリー」と、3つのワークショップを行いました。


ほぼ、全校生徒の約170名が参加する大規模なワークショップとなったので、会場は体育館を使用しました。
体育館内3ヶ所に各ワークショップのブースを設けて、生徒はそれぞれのブースで作品を作り、完成したら次のブースに移動します。
 
dsc_01521 dsc_02251

「ペーパータワー」
staff_2 paper_2
paper_3 paper_4
paper_8 paper_1
paper_5 paper_6
paper_7 staff
paper_91

「フェルトペーパーウェイト」
felt_1 felt_2
felt_3 felt_4

「ジャンクジュエリー」
junk_1 junk_2
junk_4 junk_31
junk_6 junk_7
junk_8 junk_9
junk_10 junk_5


dsc_0183

大島北高校のみなさん、本当にありがとうございました!


「ジャンクジュエリー」と「フェルトペーパーウェイト」は
昨年のオープンキャンパスで学生が行ったワークショップです。

今年のオープンキャンパスでは「ジャンクジュエリー」を発展させたワークショップを行う予定なので、
「是非とも、体験してみたい!」という方は今年のオープンキャンパスにどうぞお越しください。

ページトップ ↑

前の記事 →

← 次の記事