PRODUCT DESIGN EXHIBITION 2014

2014.10.4(9:00 - 21:00) - 10.5(9:00 - 18:00)

DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY

「プロダクトデザイン」ってなんだろう?

多摩美術大学プロダクトデザイン専攻の
3つのスタジオに所属する学生達によるバリエーション豊かな作品展

  • 神土 僚:「SOLEs」 ソールから作るプロダクト
  • 藤谷慎吾:「WRINKLE」シワをコンセプトにした靴
  • 五十嵐 瞳:折り紙で鋳込む磁器
  • 山下紘生:「NextMotorcycle」パワーソースの変化が二輪車にもたらすもの
  • 渡邉彩加:金魚の持つ色を摘出したクレヨン
  • 重田くるみ:「ZOOM」省略された視覚情報を用いたバッグ
  • 大塚美優:「SugarSpoon」砂糖を楽しむための新しいマドラースプーン
  • 和田翔馬:「ゴオンジュウ」言語学をとりいれたプロダクト

DISCOVERY

プロダクトデザインとは、自動車、バイク、家電製品、家具、靴、衣服、バッグ、食器、おもちゃ、楽器、ゲーム、スポーツ用品、アクセサリー、化粧品、パッケージなど人々の生活を支えている身の回りのあらゆるモノに関わるデザインのことです。
プロダクトデザインの領域は拡大し、従来のデザインの枠組みを超えた新しい関係が生まれ、領域と領域の狭間に、デザイナーの新たな活躍の場が広がってきています。多摩美術大学のプロダクトデザイン専攻では、”モノ”視点からデザインの領域を統合的につなぐ観点を含めながら、この先の時代を支えるデザイナーを育成していきます。
この展示会のテーマはDISCOVERY。展示作品はもちろんのこと、企画、設営、運営まで全て学生によるものです。ぜひ、次世代デザイナー達の作品を御覧頂き、新しいデザインについて再発見してください!

関連プログラム 10月4日, 5日 14:00 〜 和田学科長によるプレゼンテーション

-->