カテゴリー: すべて

TD修了 小林万里子さん個展「背負うだけなら太陽だけでいい」開催

2012年大学院テキスタイルデザイン専攻修了の小林万里子さんが個展「背負うだけなら太陽だけでいい」を開催いたします。

小林さんは、織る・染める・編む・刺す、といったテキスタイル技法を用いて多様な素材を組み合わせ、世界に存在する様々な結びつきを表現してきました。
3m×5mの大型作品「熱と水」のほか、立体8点を含めた新作を中心に23点を発表いたします。期間中はアーティストトークも開催されます。(予約優先)
みなさまぜひご高覧ください。

【出展概要】
小林万里子展「背負うだけなら太陽だけでいい」
・会期:2020年11月3日(火・祝)〜22日(日)
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)・11月15日(ビル休館日)
・時間:11時〜19時(土・日・祝は17時まで)
・会場:CADAN 有楽町
東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F(Google Map)
山手線/京浜東北線「有楽町」駅 日比谷出口より徒歩1分
千代田線/日比谷線/都営三田線「日比谷」駅 A3・A6出口から徒歩3分
有楽町線「有楽町」駅 D2出口から徒歩3分
・入場料:無料

 

【アーティストトーク】
・日時:2020年11月13日(金) 18:30-19:00
・出演:小林万里子、深井厚志(一般財団法人カルチャー・ヴィジョン・ジャパン)
・参加無料 予約優先(15名)Peatixにてご予約ください。
※適度な距離を保ってお立ちいただいたままでのトークとなります。スペースに余裕がありましたら当日参加も可能。

 

 

小林万里子  Mariko Kobayashi
1987 年生まれ。多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻、2012 年同大学院修了。
主な個展に「All of the world」(2019 年、s+arts gallery、東京 ) 、「青にめざめ、赤 にねむる」(2018 年、Art for Thought、東京 )、「循環の森」(2018 年、FEI ART MUSEUM、神奈川)、グループ展には「FIBER&FACES 12+1 ー変容する繊維ー Metamorphosis」(2019 年、アーツ千代田3331、東京 )、「六本木アートナイト 2015(WS)」「ストリートミュージアム 2015」(ともに 2015 年、Tokyo Midtown プ ラザ B1、東京)、「New beat in 香港」(2012 年、香港理工大学、香港)など。

 

教授:川井

’13年TD修了 氷室友里さん ELLE DECOR ITALIA 30 young talentに選出

ELLE DECOR ITALIA30周年の記念として世界の若手デザイナーを30人紹介する特集ページ30 young talentに氷室友里さんが選出されました。イタリア版の最新号とwebページに掲載されています。
氷室友里|テキスタイルデザイナー

1989年生まれ。2013年多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン領域修了。在学中にフィンランドのアアルト大学に交換留学しジャカード織を学ぶ。大学院での修了制作を土台に、オリジナルのテキスタイル開発へ発展させ注目をあびる。
と布の関わりと通して、驚きや楽しさをもたらし日々を豊かにしていくことをテーマに、2016年にHIMURO YURI STUDIOを設立。オリジナルテキスタイルの開発のほか、近年は企業へのデザイン提供や、商業施設のアートワーク制作なども行い、精力的に活躍中である。

websitehttp://www.h-m-r.net

instagramhttps://www.instagram.com/himuroyuri/

TD客員教授 相澤陽介先生 ヤマト運輸の新制服をデザイン

客員教授の相澤陽介先生が、9月16日から着用開始のヤマト運輸の新制服をデザインされました。制服の刷新は2000年以来、20年ぶりとなります。

 

新制服は、コーポレートカラーの「グリーン」と、長年親しまれてきた「縦ストライプ」を前面に押し出したデザイン。生地には、植物由来PET素材を採用し、特殊な糸加工・生地設計で、伸縮性を13%向上させているそう。ブルゾンの背中・靴のかかと・ベルトには反射材がついており、夜間の安全性を確保。帽子のつばの長さを通常に比べ少し短くし、視認性を向上させるなど、随所に細やかなデザインが施されています。

 

「働きやすさ」と「環境への配慮」を両立させた新制服は、配達ドライバーをはじめ、営業所の窓口担当など約10万人に着用されます。

 

 

2019年度修了の岡本風愉さん個展「生きるようにつくること」開催

2019年度修了の岡本風愉さんが、10月初旬に個展を開催いたします。
本来であれば今年の春に大学院修了作品展として開催予定でしたが、今般の情勢から延期し、この度開催のはこびとなりました。ぜひご高覧ください。

【出展概要】

岡本風愉 個展「生きるようにつくること」
・日時:2020年10月7日(水)〜11日(日)
・時間:12〜19時(最終日は17:00まで)
・会場:Contemporary Art Gallery CHIKA(工房親)
・入場料: 無料
・リンクはこちら
教授:川井

TD卒業 根本芽生さん アートフェスティバルSICF21 出展

2019年度卒業の根本芽生さんが、公募に選出され、東京・南青山にある「スパイラル」開催のアートフェスティバル、SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)に出展いたします。

【出展概要】

・日時:2020年9月19日(土)、20日(日)
・時間:19日(土)13〜19時
    20日(日)11〜19時
・会場:スパイラル青山(スパイラルホール3階)
・入場料:一般 700円
     学生 無料
(要学生証提示、SICF公式Facebook・Twitter・Instagramのいずれかに「いいね!」「フォロ ー」で無料)
・リンクはこちら
https://www.sicf.jp/information/

 

また、10月には合同展示会「rooms」にもブランド名「me me idea」で出展いたします。併せてこちらもぜひご高覧ください。

【出展概要】

・日時:2020年10月15日(木)〜17日(土)
    ※一般入場は17日のみ
・時間:10〜18時
・会場:新宿三井住友ビル三角広場
・リンクはこちら
https://www.roomsroom.com/rooms-tradeshow

 

教授:川井

東京ミッドタウン・デザインハブ企画展 ゼミ展2020「見のがし卒展」に参加します。

東京ミッドタウン・デザインハブ開催のゼミ展に参加します。
同展は例年、デザイン系の教育研究を行っている大学からゼミ単位で参加展示を行っていますが、今年はコロナ禍により春の卒業制作展示ができなかった作品を集めた「見のがし卒展」として開催されることになりました。

昨年度の卒業制作のほんの一部ですが、試行錯誤のうえ丁寧に制作した作品を是非ご高覧ください。2019年度卒業生全員の卒業制作作品写真も合わせて展示いたします。

 

東京ミッドタウン・デザインハブ 第87回企画展

ゼミ展2020「見のがし卒展」

【日時】 2020年9月8日(火)〜 9月13日(日)

11時 〜 19時 (最終日 17時まで)

【会場】  東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)

【ギャラリートーク】9月13日(日)15時 〜15時45分

 

専任講師:辛島

TD卒業 飯田純久さん イイダ傘展15周年記念「翳す-かざす-」展 開催

雨傘・日傘を生地から制作し、一本ずつ手作りで制作するイイダ傘店。

その15年分のアーカイブ生地や、アイディアスケッチ、工場とのやりとり、生地作りの様子、傘を仕上げるまでのアトリエ風景などをご覧いただける展示です。

ぜひご高覧くだださい。

また、これまでに発表してきたアーカイブの中からお好みの生地と持ち手を選べる傘の受注会やグッズ販売、修理企画も予定されてます。

【展示内容】

・傘100本使用の大型インスタレーション

・イイダ傘店のものづくり

・テキスタイル集

・アーカイブ受注会

・オリジナルグッズ販売

・スパイラル館内連動企画

・15年記念冊子の販売

 

【出展概要】

・会期:2020年9月8日(火)〜13日(日)

・時間:11:00〜20:00

・会場:スパイラル青山(1階)
教授:川井

TD卒業 黒沢秋乃さんがニットブランドを立ち上げました

テキスタイルデザイン専攻卒業の黒澤秋乃さんが、ニットブランド「ONICA」を立ち上げ、このたび渋谷にて展示会を開催いたします。
All made in japanのウィメンズニットレーベルです。

 

黒沢さんは多摩美術大学でテキスタイルデザインを学び、その後フィンランドのアアルト大学大学院に留学。在学中にはイエール国際モードフェスティバルに選出されました。帰国後はニット企画会社にて経験を積み、2020年よりご自身のブランドをスタートしています。

みなさまぜひご高覧のほどお願い申し上げます。

 

【出展概要】
ONICA collection #001展示会

・会期:2020年3月27日(金)

※東京都の外出自粛要請を受け、1日のみの開催となりました。

・時間:10時〜19時

・会場:terrasse Gallery 2F

東京都渋谷区渋谷1-20-3 haus&terrasse

・入場料:無料

・インスタグラム http://instagram.com/onicaknits

・WEBサイト https://onicaknits.com

 

 

教授:髙橋正

産学共同研究八王子織物プロジェクト2019年度成果作品展示「経緯」

多摩美術大学と八王子織物工業組合の産学共同研究の成果作品を、JFW JAPAN CREATION 2020にて発表いたしました。

八王子織物工業組合とテキスタイルデザイン専攻の共同研究も5年目となりました。

今年度は、織物デザインを専攻している学生19名が4つのチームにわかれ、それぞれ世界の織文様から一つを選び、経糸と緯糸からなる柄のルーツを辿り再び構成するプロセスを経てデザインをまとめました。機屋の皆さんと製作した、新たなテキスタイルのネックウェアを、たくさんのご来場者様にご覧いただくことができました。

 

JFW JAPAN CREATION 2020

会 期 :2019年11月19日(火)、 20日(水)

主 催 :一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構

会 場 :東京国際フォーラム ホールE(展示ホール)

HP:https://www.japancreation.com

教授:川井由夏

大学院2年生岡本風愉さん個展延期について

2020年3月11日(水)〜15日(日)工房親にて開催を予定しておりました大学院2年生岡本風愉さんの個展が、新型コロナウィルス(COVID-19)感染の危険性を鑑み、延期となりました。日程が決定いたしましたら、当サイトにて改めてお知らせ申し上げます。

学科長・教授:髙橋正

卒業制作展示・3年生展示 開催中止のお知らせ

この度は大変残念なことではございますが、既に告知済みのテキスタイルデザイン研究室主催の3つの展示の開催を中止いたします。

・卒業制作学外展示(青山スパイラルホール/3月6日〜9日)

・卒業制作学内展示(八王子キャンパス/3月20日〜23日)

・3年生選抜展示(青山ライトボックス/3月7日〜9日)

 

新型コロナウィルス(COVID-19)による感染の恐れが拡大しており、学生や参加者への危険性を鑑み中止を決定するに至りました。

展覧会を楽しみにされていた皆様、ご尽力頂いておりました関係者各位には心よりお詫び申し上げます。ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

今後とも一層のご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

学科長・教授:髙橋正

助手の鬼原美希さんが日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」に出演

テキスタイルデザイン研究室助手の鬼原美希さんが、2月1日放送の日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」に出演します。

今回は京王線の旅。千歳烏山にアトリエを構える織作家として、世界各国を巡り現地の素材を使った綴れ織作品を中心に紹介されます。ぜひご覧下さい。

2020年2月1日(土)朝9時25分〜10時30分放送

番組概要:

毎週土曜あさ9時25分から放送。日テレ「ぶらり途中下車の旅」は、毎回個性豊かな芸能人が旅人となり、電車で気ままにぶらり旅。ナレーションは小日向文世。

放送局:日本テレビ、ミヤギテレビ、Daiichi-TV、サンテレビ他

放送地域:関東広域圏、宮城県、静岡県、兵庫県他

番組HP:https://www.ntv.co.jp/burari/

教授:川井

TD領域修了の大水綾子さんが、皇室藕絲蓮織物献上会に貢献。

令和元年11月11日 渋谷区東郷記念館にて皇室藕絲蓮織物献上会が行われました。テキスタイルデザイン専攻学部卒業およびテキスタイルデザイン領域で修士課程を修了した大水綾子さんが、ミャンマーで手紡ぎした蓮糸を自ら糸の補強から染めと織を担当しました。1300年の年月を超えて復元した蓮糸100%の礼服用着尺反物を、愛子内親王殿下へ霞会館を通じて献上しました。

蓮織物(藕絲織物)の歴史は日本においては、仏教伝来とともに、奈良県当麻寺,観経当麻寺蓮糸曼荼羅に代表されるように、飛鳥時代から伝わる、皇室と非常に御縁の深い織物です。

2002年、上皇天皇陛下のご学友であった故・千本松幹夫先生が「社団法人 献上藕絲蓮の会」を設立し、上皇陛下に20cm×20cmの小さな蓮袱紗を献上し、蓮糸で出来た着物を愛子内親王殿下が20歳になるまでに献上する約束をされたことがこのプロジェクトのはじまりです。

2010年以降に、その遺志が引き継がれ、大正紡績株式会社、株式会社GIM、オーロラ株式会社等、様々な企業の尽力を得て、2018年大水綾子さんの染織により蓮藕絲100%の着尺反物が織り上がりました。
泥水の中でも凛と咲き誇る蓮が持つ「生命の誕生」「多産の象徴」「釈迦が生まれた聖なる花」にちなみ、愛子内親王殿下の御健康、御平安、御多幸を祈願するとともに、日本の伝統文化の継承と平和が蓮織物に託されました。

教授:川井由夏