テキスタイルデザイン専攻について

Introduction

テキスタイルは、人の手により作られ古くから人間の心身と生活を包み育んできました。世界中のあらゆる民族が、風土に根ざした繊維素材と技術によりそれぞれのテキスタイル文化を創出しています。テキスタイルは世界の人々を繋ぐ共通の営みです。

テキスタイルは身近な衣生活や住空間にとどまらず、車両内装・産業資材、医療素材から宇宙開発の素材としてさまざまな場所で用いられ、その可能性は広がり続けています。このような幅広い領域に関わるテキスタイルにはファッション・芸術文化や経済、社会の諸相が色濃く反映されています。なかでも日本は、「伝統的な手わざによる染織文化」と「先端的なテキスタイルテクノロジー」が共存する世界でも希有な国の一つです。

生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻は、テキスタイルにかかわるデザイン活動・芸術表現を行う優れたデザイナーとアーティストの育成を目指します。

授業では、素材の成り立ちとその扱い、技術・造形表現の習得を土台に、布の物理的な機能や文様の装飾的な役割、色彩の力などに注目し、手わざによる染織技法の習得からデジタルテクノロジーを駆使した表現まで実践します。同時に社会におけるさまざまな視点からテキスタイルの役割を考え、産官学や国際社会との共同プロジェクトを通して実践的な学習を行います。また、環境問題に対する認識を深めながら、未来を考え創造する力を養います。

国際社会の即戦力となるような豊かな感性と思考力を備えた人材育成のため、実践的な英語教育・交換留学・国際交流プロジェクトなどに取り組んでいきます。新しい時代のテキスタイルクリエーションを担うリーダーの育成、人文科学領域において服飾文化・民族学・保存修復などの研究、文化遺産および伝統的な染織技術の保護と継承、地場産業の振興など、幅広い意味で社会のテキスタイル領域を支え発展に寄与できる人材の輩出を目標とします。

学生の生活

@>>> https://www.tamabi.ac.jp/tx/intro.html
 

施設

地上3階建てのテキスタイル棟には、研究室、各種教室、工房とギャラリーがあります。そこでは、染・織実習、シルクスクリーンはもとより各種布加工、素材加工を可能にする設備がニーズに合わせて備わっています。また、エントランスギャラリーでは常に学生の作品展が行われ学生相互の刺激空間として機能しています。

 

 

入試

テキスタイルデザイン専攻ではこんな人に入学してもらいたいと思っています。

糸や布や色彩に関して誰よりも強い関心を持っている人
テキスタイルの造形可能性について自由な発想を持てる人
国際的なテキスタイルデザイナー・アーティストなど
創造的な領域で活躍したいと願う人
広い意味での想像力、表現力、審美眼を具えた人
テキスタイルの世界を自ら切り拓く意力のある人