新入生のみなさんへ 教授 藤原大

こんにちは。教員の藤原大です。私は、本専攻の教務主任を担当しています。主にカリキュラムに関することでお話しする機会があると思います。さて、みなさんは未来を展望するために多摩美術大学を志望し、そして今年度より、こうして接する機会がうまれました。この機会を大切にする私は、現在の社会状況下においても、テキスタイルを志す皆さんと共に未来を見つめています。
一日も早くお会いできる日を心より楽しみにしています。

藤原大

新入生のみなさんへ 講師 辛島綾

ご入学おめでとうございます。新緑萌ゆる季節となりました。新たなエネルギーに溢れる中で不安な日々を過ごしていることと思います。多摩美術大学キャンパス内で、一番早く芽吹きをするのはどの樹木でしょうか?それは柳です。折れにくく美しく材は祝い箸にもなる縁起の良い植物です。まだ寒さの残る時期に芽を出し、激しい雨風も嫋やかに交わす柳のように、困難な状況であっても折れることなく伸びやかに学んでいきましょう。

辛島 綾

新入生のみなさんへ 講師 山田菜々子

今後どんな状況になっても皆さんの健康を第一に考えなければなりません。
この新型感染症は、まずは感染を広げないことが第一であり、唯一の方策です。そのために自宅待機を余儀なくされているこの状況を、「今後何を目標としようか?」「大学が再開されてから何を具体的にしていこうか」と考え、計画する絶好の機会ととらえてください。また、大学での面接授業が始まりましたら、この経験を実りあるものに変えていきましょう。

山田菜々子

在校生のみなさんへ 〜新学期にあたって〜

在校生の皆さんは新学期を迎えて準備に余念のないことと思います。また、早く学校で制作したいと考えている人も多いと思います。ご存知の通り、今年度の新学期は教員や大学にとっても未曾有の体験です。目に見えないCOVID-19 の感染は世界的に猛威を振るっており、収束の兆しが見えません。緊急事態宣言が出されて、一層混迷を深めているといっても過言ではなく、この不条理な事態に皆さんは不安を抱えて過ごしていることでしょう。先ずは生命の危険から身を守るために不要不急の外出を控えて下さい。またご家族や身の回りの人々の安全にも気を配り、感染の可能性を高めないようにして下さい。大学では感染の恐れなど考慮して、今年度のオリエンテーションは資料配布と画像配信による解説となりました。

一方で、この現状は予期せぬ時間をもたらしたともいえるのです。長期休暇の際に考えた事柄を、休校期間中に引き続き深めていくことができます。例えば美術大学で学ぶ意義を考えることや、修了年度、卒業年度を迎える皆さんは就職活動を視野に入れ、ポートフォリオの作成などを通して自分自身を見つめる良い機会です。勿論、読書やドローイングなどにも時間は取れるはずです。
熟考の機会と申し上げましたが、光陰矢の如し、もう直ぐ授業は開始される予定です。
今年度は学内授業が6月以降とされており、5月に新学期がスタートしても、教員や友人達との面接授業は遅れることになります。そこで、実技の前に授業の担当教員より各授業の実技前対応について連絡を致します。ホームワークが出されますが、目的意識を持って取り組んで下さい。このホームワークは授業が開始されたものと認識して下さい。真剣に取り組むことが、実技に移行した際のスタートダッシュの大きな力になります。課題に集中することで少しでも不安が解消されることを祈っております。この不測の事態が生んだ時間を大切にしましょう。また、元気に皆さんと再会できることを研究室一同は心から願っております。

留学生のみなさんへ 〜新学期にあたって〜

留学生の皆さん 現在、日本に滞在中の皆さんも、そして、来日できない皆さんも、大学のホームページに詳しく掲載されている内容を読んでください。その指示に従って落ち着いて行動して下さい。研究室は4月末まで閉鎖されます。今後、研究室から別途の連絡が入ると思いますが、不明な点がありましたら、遠慮せずにメールで連絡をください。

大学院美術研究科
デザイン専攻キスタイルデザイン研究領域のみなさんへ


大学院生のみなさん、進学、進級おめでとうございます。

桜から新緑の季節になりましたが、新型コロナウイルス感染防止のため、全員が自宅待機で、思うように行動できない日々が続いています。大学の授業運営にも大きな影響が生じています。感染防止、安全確保が最優先のため、状況に応じて、これまで通りのやり方ではできないことが出てくると思いますが、私達の行動変容に掛かっていますので、協力よろしくお願いします。少しでも早く、皆さんとお会いし研究制作について話し合いたいと願っています。

さて、今年度は、対面で行うオリエンテーションは実施されません。そのかわりに、4月30日までに大学のホームページにオリエンテーションの内容が掲載されます。ホームページの確認をお願いします。

大学院1年生は、テキスタイル新入生全員にむけたオリエンテーションのファイルも見てください。2年生は、オリエンテーションのファイルを読んで準備してください。
当分の間、遠隔授業になります。各自でオリエンテーションの確認をすませた後、2年生は、担当の先生と連絡を取り合いスタートしてください。
1年生には、あらためて研究室から連絡がいきますので、大学から送付されたホームページおよび配布物に目を通し理解しておいてください。

この試練を乗り越え、コロナ禍後の世界を築き上げていくために、静かに内省する長い時間を与えられたとことを能動的に捉え、未来の力にできるように研究制作をスタートさせましょう。

TD卒業 黒沢秋乃さんがニットブランドを立ち上げました

テキスタイルデザイン専攻卒業の黒澤秋乃さんが、ニットブランド「ONICA」を立ち上げ、このたび渋谷にて展示会を開催いたします。
All made in japanのウィメンズニットレーベルです。

 

黒沢さんは多摩美術大学でテキスタイルデザインを学び、その後フィンランドのアアルト大学大学院に留学。在学中にはイエール国際モードフェスティバルに選出されました。帰国後はニット企画会社にて経験を積み、2020年よりご自身のブランドをスタートしています。

みなさまぜひご高覧のほどお願い申し上げます。

 

【出展概要】
ONICA collection #001展示会

・会期:2020年3月27日(金)

※東京都の外出自粛要請を受け、1日のみの開催となりました。

・時間:10時〜19時

・会場:terrasse Gallery 2F

東京都渋谷区渋谷1-20-3 haus&terrasse

・入場料:無料

・インスタグラム http://instagram.com/onicaknits

・WEBサイト https://onicaknits.com

 

 

教授:髙橋正

産学共同研究八王子織物プロジェクト2019年度成果作品展示「経緯」

多摩美術大学と八王子織物工業組合の産学共同研究の成果作品を、JFW JAPAN CREATION 2020にて発表いたしました。

八王子織物工業組合とテキスタイルデザイン専攻の共同研究も5年目となりました。

今年度は、織物デザインを専攻している学生19名が4つのチームにわかれ、それぞれ世界の織文様から一つを選び、経糸と緯糸からなる柄のルーツを辿り再び構成するプロセスを経てデザインをまとめました。機屋の皆さんと製作した、新たなテキスタイルのネックウェアを、たくさんのご来場者様にご覧いただくことができました。

 

JFW JAPAN CREATION 2020

会 期 :2019年11月19日(火)、 20日(水)

主 催 :一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構

会 場 :東京国際フォーラム ホールE(展示ホール)

HP:https://www.japancreation.com

教授:川井由夏

大学院2年生岡本風愉さん個展延期について

2020年3月11日(水)〜15日(日)工房親にて開催を予定しておりました大学院2年生岡本風愉さんの個展が、新型コロナウィルス(COVID-19)感染の危険性を鑑み、延期となりました。日程が決定いたしましたら、当サイトにて改めてお知らせ申し上げます。

学科長・教授:髙橋正

卒業制作展示・3年生展示 開催中止のお知らせ

この度は大変残念なことではございますが、既に告知済みのテキスタイルデザイン研究室主催の3つの展示の開催を中止いたします。

・卒業制作学外展示(青山スパイラルホール/3月6日〜9日)

・卒業制作学内展示(八王子キャンパス/3月20日〜23日)

・3年生選抜展示(青山ライトボックス/3月7日〜9日)

 

新型コロナウィルス(COVID-19)による感染の恐れが拡大しており、学生や参加者への危険性を鑑み中止を決定するに至りました。

展覧会を楽しみにされていた皆様、ご尽力頂いておりました関係者各位には心よりお詫び申し上げます。ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

今後とも一層のご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

学科長・教授:髙橋正

助手の鬼原美希さんが日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」に出演

テキスタイルデザイン研究室助手の鬼原美希さんが、2月1日放送の日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」に出演します。

今回は京王線の旅。千歳烏山にアトリエを構える織作家として、世界各国を巡り現地の素材を使った綴れ織作品を中心に紹介されます。ぜひご覧下さい。

2020年2月1日(土)朝9時25分〜10時30分放送

番組概要:

毎週土曜あさ9時25分から放送。日テレ「ぶらり途中下車の旅」は、毎回個性豊かな芸能人が旅人となり、電車で気ままにぶらり旅。ナレーションは小日向文世。

放送局:日本テレビ、ミヤギテレビ、Daiichi-TV、サンテレビ他

放送地域:関東広域圏、宮城県、静岡県、兵庫県他

番組HP:https://www.ntv.co.jp/burari/

教授:川井

TD領域修了の大水綾子さんが、皇室藕絲蓮織物献上会に貢献。

令和元年11月11日 渋谷区東郷記念館にて皇室藕絲蓮織物献上会が行われました。テキスタイルデザイン専攻学部卒業およびテキスタイルデザイン領域で修士課程を修了した大水綾子さんが、ミャンマーで手紡ぎした蓮糸を自ら糸の補強から染めと織を担当しました。1300年の年月を超えて復元した蓮糸100%の礼服用着尺反物を、愛子内親王殿下へ霞会館を通じて献上しました。

蓮織物(藕絲織物)の歴史は日本においては、仏教伝来とともに、奈良県当麻寺,観経当麻寺蓮糸曼荼羅に代表されるように、飛鳥時代から伝わる、皇室と非常に御縁の深い織物です。

2002年、上皇天皇陛下のご学友であった故・千本松幹夫先生が「社団法人 献上藕絲蓮の会」を設立し、上皇陛下に20cm×20cmの小さな蓮袱紗を献上し、蓮糸で出来た着物を愛子内親王殿下が20歳になるまでに献上する約束をされたことがこのプロジェクトのはじまりです。

2010年以降に、その遺志が引き継がれ、大正紡績株式会社、株式会社GIM、オーロラ株式会社等、様々な企業の尽力を得て、2018年大水綾子さんの染織により蓮藕絲100%の着尺反物が織り上がりました。
泥水の中でも凛と咲き誇る蓮が持つ「生命の誕生」「多産の象徴」「釈迦が生まれた聖なる花」にちなみ、愛子内親王殿下の御健康、御平安、御多幸を祈願するとともに、日本の伝統文化の継承と平和が蓮織物に託されました。

教授:川井由夏

TD’13年修了 氷室友里さん 出展のお知らせ

2013年度テキスタイル専攻修了の氷室友里さんが、パリで開催される国際家具見本市「MAISON & OBJET PARIS」にて、出展いたします。

初めての出展となる本年は、ハサミでカットすることでデザインが変化する「SNIP SNAP」ファブリックやアートパネルを展示します。会期中パリにお越しの方はぜひお立ち寄りください。

【出展概要】

・会期:2020年1月17日(金)〜21日(火)

・時間:9:30〜19:00(最終日のみ18:00まで)

・会場:Paris Nord Villepinte

・ブース:UNIQUE & ECLECTIC SIGNATURE Hall 5A Stand No.N14
リンクはこちら:MAISON & OBJET

なお、「SNIP SNAP」をはじめとする氷室さんの商品は、ニューヨークのSHOP Cooper Hewittにて取り扱いがスタートしました。こちらもお近くにお越しの方はぜひお立ち寄りください。

リンクはこちら:SHOP Cooper Hewitt 
トップページからもご確認いただけます。Holiday Gift Guide 2019

教授:柏木

TD卒業 ミズタユウジさんがアルフレックス東京で作品展開催

アートとインテリアの心地よい関係を提案する企画「LIFE with ART prolect」にて、テキスタイル専攻卒業のミズタユウジさんの作品展が開催中です。

刺繍や線描、ドローイングをはじめとしたアート作品の展示はもちろん、アルフレックスのアイコンであるソファ「マレンコ」とコラボレーションします。マレンコの麻生地にミズタさん自らがシルクスクリーンプリントと刺繍を施したオリジナルカバーは1点ものです。会期中にぜひお立ち寄りください。

【出展概要】

・会期:2019年11月28日(木)〜12月24日(火)(水曜定休日)

・時間:11:00〜19:00

・会場:アルフレックス東京

 

教授:髙橋