【映画】金子遊准教授『森のムラブリ』全国劇場公開

本学科の金子遊准教授が監督した映像人類学ドキュメンタリー『森のムラブリ』の全国劇場公開が決定しました。タイやラオスの密林でバナナの葉の家をつくり、ノマド生活を送るムラブリ族。その謎に包まれたノマド生活の撮影に世界初成功した作品です。
2022年3月19日(土)より、シアター・イメージフォーラム(渋谷)で劇場公開がスタート、その後全国各地で公開される。

<あらすじ>
 タイ北部ナーン県のフワイヤク村は、400人のムラブリ族が暮らす最大のコミュニティ。男たちはモン族の畑に日雇い労働にでて、女たちは子育てや編み細工の内職をする。無文字社会に生きるムラブリ族には、森のなかで出くわす妖怪や幽霊などのフォークロアも豊富だ。しかし、言語学者の伊藤雄馬が話を聞いて歩くと、ムラブリ族はタイやラオスに住む別のグループを「人食いだ」と怖れている様子。
 伊藤とカメラは国境を超えて、ラオスの密林で昔ながらのノマド生活を送るムラブリを探す。ある村で、ムラブリ族が山奥の野営地から下りてきて、村人と物々交換している現場に出くわす。それは少女ナンノイと少年ルンだった。地元民の助けを得て、密林の奥へとわけ入る。はたして今も狩猟採集を続けるムラブリ族に会えるのか? 21世紀の森の民が抱える問題とはいったい何なのか?

『森のムラブリ』公式サイト
https://muraburi.tumblr.com/
映画館のページ
https://www.imageforum.co.jp/theatre/movies/5092/
Yahoo!ニュース記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fb154d223d1d3e6102020847d5173d06ad63b85