建畠晢 TATEHATA Akira

京都市生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業。
美術評論家/詩人/埼玉県立近代美術館長/草間彌生美術館長/全国美術館会議会長/多摩美術大学学長

活動紹介
多摩美術大学芸術学科教授、国立国際美術館長、京都市立芸術大学学長などを経て、2015年より多摩美術大学学長。2011年〜埼玉県立近代美術館長。専門は近現代美術。

主な展覧会
『ヴェネチア・ビエンナーレ』日本館コミッショナー(1990年、1993年)
『横浜トリエンナーレ』芸術監督(2001年)
『あいちトリエンナーレ』芸術監督(2010年)
『東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」』芸術監督(2017年)

主な著書
詩集『余白のランナー』(1991年、思潮社)
詩集『そのハミングをしも』(1993年、思潮社)
詩集『パトリック世紀』(1996年、思潮社)
美術評論集『問いなき回答 オブジェと彫刻』(1998年、五柳書院)
美術評論集『未完の過去 絵画とモダニズム』(2000年、五柳書院)
詩集『零度の犬』2004年、書肆山田
エッセイ集『ダブリンの緑』(2005年、五柳書院)
詩集『死語のレッスン』(2013年、思潮社)

主な受賞歴
『余白のランナー』(1991年、第2回歴程新鋭賞)
『零度の犬』(2005年、第35回高見順賞)
『死語のレッスン』(2013年、第21回萩原朔太郎賞)
オーストラリア国家栄誉賞