中尾拓哉 NAKAO Takuya

東京都生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。
美術評論家/多摩美術大学美術学部芸術学科・絵画学科油画専攻非常勤講師/立教大学現代心理学部映像身体学科兼任講師/東京藝術大学美術学部芸術学科非常勤講師/東京工業大学リベラルアーツ研究教育院文系教養科目非常勤講師

活動紹介
近現代芸術に関する評論を執筆。特に、マルセル・デュシャンが没頭したチェスをテーマに、生活(あるいは非芸術)と制作の結びつきについて探求している。
https://nakaotakuya.com

著書
『マルセル・デュシャンとチェス』(平凡社、2017年)

編著書
『スポーツ/アート』(森話社、2020年)

共著書
「セザンヌに映り込む」(『ストローブ=ユイレーーシネマの絶対に向けて』森話社、2018年)
「手の連なりーージョルジュ・ブラックの触覚に向かって」(『引込線2017』引込線実行委員会、2018年)
「イヴ・クラインの柔道」(『スポーツ/アート』森話社、2020年)
「戦争か、ゲームかーー9つのフラグメンテーション、あるいはコーパス」(『政治の展覧会:世界大戦と前衛芸術』引込線/放射線パブリケーションズ、2020年)

監訳書
『デュシャン 人と作品』(マシュー・アフロン著、フィラデルフィア美術館、2018年)

主な論文
「50年あるいは100年後の鑑賞者ーー日本・マルセル・デュシャン論再考」(『美術手帖』美術出版社、2019年2月号)
「もう遊ばないーー消えたジャコメッティのゲームボード」(『ART LIBRARY』No. 21、公益社団法人 日本彫刻会、2020年)
「アート・イン・ザ・ゲームーーゲームアート前史」(『美術手帖』美術出版社、2020年8月号)
「ポール・セザンヌの『カード遊びをする人々』についての試論ーー近現代芸術に潜在するゲーム」(『多摩美術大学研究紀要』35号、多摩美術大学、2021年)

受賞歴
「造形、その消失においてーーマルセル・デュシャンのチェスをたよりに」(『美術手帖』通巻1000号記念第15回芸術評論募集佳作入選、2014年)