長期休暇に海外渡航を予定している学生へ

大学生のうちに海外旅行や短期留学など、異文化を肌で感じることは貴重な体験となるでしょう。
しかしながら、テロや事故、災害、そして、新たな感染症の拡大など世界各地で様々な危険が生じており、どこでどのような危険があるかは予測できない状況にあります。
皆さんも春休みを控えて、海外渡航の計画を立てられていると思いますが、本学では学生の生命を守ることを第一と考えており、下記に従ってください。

1.海外渡航の判断について

外務省海外安全相談センター(https://www.mofa.go.jp/anzen/) のホームページで情報の確認をした上で決めること。
危険情報は随時更新されますので、最新情報に従ってください。

2.外務省危険情報による本学の判断基準

外務省危険情報カテゴリー 本学の基準
【レベル4】
「退避してください。渡航は止めてください。」(退避勧告)
当該地域から安全地域へ退避勧告するという危険性が極めて高いものであり、本学では渡航を禁止とします。
【レベル3】
「渡航は止めてください。」(渡航中止勧告)
危険性が高く当該地域への渡航は止めること。また、既に現地滞在をしている場合、退避の可能性の検討や準備をすること。
【レベル2】
「不要不急の渡航は止めてください。」
危険性が高く当該地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うと共に十分な安全措置をすること。
【レベル1】
「十分注意してください。」
危険性があり当該地域への渡航、滞在は特別な注意が必要で危険を避けること

3.渡航者に関する注意

  • 外務省による最新の危険情報だけでなく、滞在中は現地の大使館、領事館等の最新情報にも注意を払うようにすること。
  • 海外渡航を予定している学生は、自身の安全(危機管理)について、意識してください。

以上

2020年1月28日 10:46  |  対象:全学生  |  発信:学生課