国際交流便り

外国人留学生奨学金

官民協働で取組まれている海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第15期のオンライン申請受付が2月(予定)に開始します!
◆トビタテ概要◆
応募は「個人」単位ですが、学内で応募書類や留学計画などの確認を行った上、トビタテにまとめて申請します。
応募希望者は以下に記載されている学内エントリーフォームより応募してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【1. 募集要項】
募集の趣旨、要件等を以下の募集要項を参照してください。
◆募集要項◆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【2.応募方法】
(1)学内エントリー応募期限: 2023年1月28日(土)~2023 年2月16日(木)午前9時(時間厳守)
◆学内エントリーフォーム◆より応募してください。期限内に応募が完了した者のみ、本学からトビタテへ申請します。
※期限を1秒でも過ぎてから応募されたものについては、いかなる理由でもトビタテへ申請しません。収入証明書などの入手に時間がかかる書類は早めに準備をし、余裕を持って申請するようにしてください。

(2)学内エントリーフォームへのアップロード書類について
アップロードが必要な書類は2点あります。
●収入証明書類
2023年4月1日時点の学籍身分(見込)によって、以下の通り異なります。
美術学部生:2021年1月~12月における世帯の収入・所得が証明できる書類(父・母両方の源泉徴収票、確定申告書の写しなど)
大学院生:2021年1月~12月における学生本人の収入・所得を証明できる書類(配偶者に定職収入がある場合は、これも含む)
※「収入を証明する書類」は入手に時間を要します。申請を検討し始めた時点で準備を開始するようにしてください。
※収入については多くの場合、父親が「主たる家計支持者」母親が「従たる家計支持者」となり、両方の収入が正確に証明できる書類により審査されます。ご両親とも収入がある場合はそれぞれの源泉徴収票等(コピーで大丈夫です)をご提出ください。
※母親に収入がない場合は、母親の「収入が0」ということを証明できる所得証明書等をご提出ください。
※2021年1月~12月の間に転職や退職された場合には、別途書類を提出いただきますのでご了承ください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●応募書類事前準備シート
◆応募書類事前準備シート◆をダウンロードし、必要項目を入力、作成の上、アップロードしてください。
※こちらは正式な申請書類ではなく、事前準備用のシートです。正式な申請が始まったら、直接トビタテのオンラインシステムで自身で申請することになります。
現時点での提出開始日等の詳細は不明ですので、詳細が判明次第、応募者にお知らせします。
※留学計画書については、必要な情報が記載されているか、実現可能な留学計画か、相手に伝わるわかりやすい文章か等を国際交流センターで確認し、フィードバックをします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【3. 応募に関する質問、相談等】
1/30~2/20までの間、入試期間中のため入構禁止となっていますが、電話・メール・Zoom上で応募方法、書類作成方法についての質問、相談に乗ります。
お気軽に下記国際交流センターまでご連絡ください。
【国際交流センター】
TEL : 042-679-5605

応募資格
1) 本奨学生に応募できる者はアジア諸国及び地域の出身者
2) 修士課程に2023年4月1日現在1年以上在学する私費外国人留学生(研究生及び前年度研究生を除く)*
3) 留学生活上経済的援助を必要と認められる者
4) 学業成績が優秀な者(前年度GPA2.8以上)
5) 交流活動に積極的に参加できる者

*多摩美の学部から大学院修士課程に進学した場合は、1年次であっても1年以上在学しているものとみなす。

奨学金
金額:月額130, 000円
期間:4月から翌年3月までの1年間
正規の進級、進学の場合は年ごとの審査により、さらに1年間延長することがある。

推薦人数:
1名

提出期限
2023/2/1~2/15必着(入試期間中につき応募書類は郵送のみ受付)

郵送先
簡易書留などで、追跡ができる方法で郵送すること。
〒192-0394 八王子市鑓水2-1723
多摩美術大学 国際交流センター 神林奨学金担当宛

ダウンロード
募集要項

NEXT

アーカイブ