UNZEN——「平成の島原大変」: 砂守勝巳と満行豊人をめぐって

 

 

会期 2022年6月3日(金) – 6月18日(土)
会場 多摩美術大学(八王子キャンパス) アートテーク・ギャラリー2F

 

 

 


自然災害と芸術表現は、ともすると、これまであまり関係のないものと考えられてきた。けれども、遥か過去へと時を遡るなら、人類が自然との対峙によってつねに命の危機に晒されてきたのは明らかだ。きっと、数えきれぬほどの人が命を落としたことだろう。そんな時、突然この世を去った人たちへの慰霊や、残された者が必要とするささやかな希望として、人類は当初から、なんらかの「表現」を必要としたのではないだろうか。とするなら、自然災害と芸術表現は、根幹の部分では切り離し難く連動しているはずだ。

今日、地球規模での気候変動が年を追うごとに熾烈となり、世界の各地で例を見ない災害が相次いでいる。遠い過去の「神話」や「伝説」として受け取っていた自然との命がけの対峙は、実際には明日にもわが身へと降りかかりかねない迫真的なものとなった。こうして少し振り返っただけでも、20世紀が世界大戦の時代であったとするなら、21世紀が刻々と災害の世紀となりつつあるのが伺える。日本でも昭和から平成へと元号が切り替わると、列島の各地で大規模な自然災害が多発するようになった。そのうち、阪神淡路大震災と東日本大震災は、とりわけ大きな意味を持つ。それは令和になって突如として人類を襲ったパンデミックによって、依然として大きく変わる気配はない。

だが、これらに先駆けて、1991年に江戸時代の寛政年間以来となる大火砕流を起こした長崎県島原半島の火山、雲仙・普賢岳による数年にも及ぶ複合的な被害は、その後の「災害の世紀」の到来を先取りするところが多々あった。「寛政の島原大変」と呼ばれたかつての「大変」に対し、本展ではこの「平成の島原大変」に焦点を当て、これと取り組んだ二人の表現者――砂守勝巳と満行豊人――が残した写真と絵画の展示を中心に据える。そして、ここに歴史・地理・地学の知見を添え、記憶の継承や防災的側面も併せて盛り込み、「UNZEN」と総称し、芸術人類学的な見地から、美術大学がなしうる「美術展」というかたちで、「災害と表現」という新たな次元へと迫ってみたい。

椹木野衣

本展監修|多摩美術大学芸術人類学研究所所員

 

 

主な展示作品


 

*都合により出品作品が変更される場合があります。ご了承下さい。

 

展示概要


会 期

2022年6月3日(金)- 6月18日(土)


時 間

10:00 - 17:00


休館日

日曜日(6月5日・12日)


会 場

多摩美術大学アートテーク・ギャラリー2F

〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723

交通アクセス


観覧料

無料



主 催 ・ 運 営

多摩美術大学芸術人類学研究所


監 修

椹木野衣


キュレーション協力

砂守かずら


 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連プログラム


 

◉関連プログラム① 

朗読「雲仙・普賢岳噴火災害によせる朗読二題」 動画配信

演目①『朗読詩 アンタレスの涙』より
作・朗読:内嶋善之助(島原市・舞台作家)

 

 

演目②『普賢岳diary』より
作・朗読:内嶋善之助(島原市・舞台作家)

 

 

◉関連プログラム② 

シンポジウム「表現と記録、記憶の継承 UNZENからはじめる」

 

日  時:6月17日(金)14:50〜16:30(14:20開場)

会  場:多摩美術大学 レクチャーCホール

定  員:先着80名程度

参加方法:先着整理券制。当日13:00より展示会場(アートテーク・ギャラリー2F)入口付近にて整理券を配布します。

 

登  壇  者

岡村幸宣(原爆の図 丸木美術館学芸員)

笹岡啓子(写真家)

椹木野衣(本展監修、多摩美術大学教授/芸術人類学研究所所員)

砂守かずら(砂守メディアアーカイヴス代表)

 

※シンポジウムは、授業「現代美術ゼミ」との合同開催のため履修学生が参加します。
※シンポジウムへの参加受付は、定員に達し次第締め切ります。
※開催内容は、都合により変更になる場合がございます。変更が出た場合は、研究所ウェブサイトまたはtwitterなどでお知らせします。

 

 

*来場される皆さまへのご案内:「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策について」

 

展示チラシ(PDF)

※チラシ内容の訂正

現在配布中のチラシ(裏面)の資料情報に誤植がありました。下記のとおり訂正いたします。

【誤】「定点」砂守勝巳撮影 1993–95年 ©️Sunamori Media Archives

【正】「定点」砂守勝巳撮影 2004年 ©️Sunamori Media Archives

 

プレスリリース(PDF)

 

お問い合わせ

 

多摩美術大学 芸術人類学研究所(IAA)
〒192-0394 東京都八王子市鑓水 2-1723 メディアセンター4F
TEL:042-679-5697 Email:iaa_info@tamabi.ac.jp
URL:https://www.tamabi.ac.jp/iaa/