12 12月 


こんにちは、CMTELです。2018年1月12日(金)に孔版(こうはん)印刷体験ワークショップを開催します。
今回のワークショップでは孔版印刷の仕組みや、道具・材料の扱い方を紹介。また自分でデザインしたオリジナルの版で、各自持参した素材に刷る実習も行います。

【 孔版印刷とは? 】
スクリーン状の版に細かい穴を開け、そこからインクを紙に押し出す印刷技法です。シルクスクリーンも、この「孔版印刷」の一種です。

【 開催概要 】
●日 程:2018年1月12日(金)
●時 間:第1回(受付10:20-) 開始10:30 終了13:00(通常インク+箔フィルム 使用)
第2回
(受付14:50-) 開始15:00 終了17:30(通常インク+起毛シート 使用)
●場 所:メディアセンター2階 CMTEL
●参加費:無料
●募集対象:全学生
●募集定員:各回12名
●所要時間:約2時間30分
●お持ち物:印刷したい布や紙15点程(加熱しても変形しないもの・布は綿50%以上のもの)
●服 装:汚れてもいい作業着やエプロン
●講 師:株式会社JAM様 辰巳氏
●ご注意事項:参加者オリジナルの版(1点)を作成し、ワークショップでプリントに使用します。申し込みをした学生は、下記提出期限までに版データを製作し、CMTELへご提出願います。

【 版データに関して 】
●印刷可能範囲:19×19cm
●データ形式:ai(CS5)、psd(CS5)、jpg、pdf
●線の細さ:1pt(0.35mm)以上
●ご注意:テキストデータはアウトライン化すること。オブジェクトはK100(黒一色)にすること。aiデータに画像を盛り込む場合は、「埋め込み」設定にすること。(「リンク」設定にはしないでください)
提出期限2018年1月5日(金)17:00までにcmtel@tamabi.ac.jp版データを添付したメールをご送信ください。(件名には以下2点をご明記ください。「参加回(第1回もしくは第2回)」「氏名」)
※この期日に版データのお届けが確認できない場合、ワークショップへの参加が出来ません。
予めご了承ください。

【 応募方法 】
八王子キャンパスの学生:メディアセンター2F CMTELにて直接申し込み手続きをお願いします。
※来館の際には、学生証をご持参ください。
上野毛キャンパスの学生メールにて受け付けます。cmtel@tamabi.ac.jpまで、以下8項目を明記しご送信ください。件名「ワークショップ参加希望」、学部・学科・学年・学籍番号・氏名・フリガナ・参加を希望する回(第1回もしくは第2回)
なお以上の詳細は、学内の掲示板にもCMTEL NEWS no.7として掲示しています。
講師としてお招きする孔版印刷のプロから、直接レクチャーを受けることのできるチャンスです。通常の紙布用インクに加え、特殊印刷資材(第1回:箔フィルム、第2回:起毛シート)を使うことも可能。かなり内容盛り沢山なワークショップです、ぜひご参加ください!

参考に昨年2017年度のワークショップの模様はこちらからどうぞ。今年度のワークショップの内容に近いものとなっております。

EVENT REPORT@「孔版印刷(シルクスクリーン)を体験しよう!」

※このワークショップは、サポート企業・株式会社JAM様にご協力いただいています。

11 10月 

EVENT「無限の縫い(nui)アートへ」

Posted by CMTEL  |  2017/10/11 19:13

こんにちはCMTELです。
今回はCMTELを会場とした多摩美術大学芸術人類学研究所主催のイベントをお知らせします。


自由の代名詞であるかのような「アート」。作り手は「アート」を通して本当に自由な表現ができているのでしょうか。鹿児島にある「社会福祉法人太陽会しょうぶ学園」の作品は、生命力に満ちあふれ枠に捉われない表現で、見る者の心を「くぎづけ」にします。今回のイベントでは、しょうぶ学園の「ヌイ・プロジェクト」を中心とした作品を展示し、実際の作品が発する強いエネルギーを直に感じられる場になればと思っています。
また、「ヌイ・プロジェクト」だけでなく、多方面に活動を広げる「しょうぶ学園」の日々を追ったドキュメンタリー映画『幸せは日々の中に。』を上映します。第2回開催日には、本作品の映画プロデューサーのお二方を迎え、しょうぶ学園が実践している″背景の異なる人々が互いの能力を認め、共に創り生きていく「共創」のあり方″を、皆さんと思考する機会にしたいと考えています。


全2回のうち、第1回の前半「展示作品トーク」がCMTELにて行われます。なおイベント開催日を含む前後の期間(11月22日(水)〜12月15日(金))は、CMTELにてしょうぶ学園のヌイ・プロジェクトを中心とした作品を展示しています。この機会をどうぞお見逃しなく。

無限の縫い(nui)アートへ
ーしょうぶ学園×多摩美術大学・芸術人類学研究所からのアプローチー
主催 多摩美術大学芸術人類学研究所

【 第1回 開催概要 】
「無限創造
(ゲネシス)の始まり」(展示作品トーク&映画上映会)
●日程: 2017年11月24日(金)

−前半− 展示作品トーク

●時間:14:40-16:10
●会場: 多摩美術大学 八王子キャンパス メディアセンター2階 CMTEL
●スピーカー:鶴岡 真弓(芸術人類学研究所 所長 / ケルト芸術文化&ユーロ=アジア・デザイン研究家)
内容:しょうぶ学園の園生の方が生み出した作品を前に、芸術人類学研究所・鶴岡所長のトークを行います。
●対象: 学内、学外を問わずどなたでもご参加可能
●聴講可能人数: 40名 ※満員の場合は立ち見となる可能性もございますのでご了承ください。
●作品の展示期間: 11月22日(水)ー12月15日(金) 開館13:00-17:00
※上記期間中は、CMTELにて作品を展示しています。(閉館:土日祝)

−後半− 映画上映会
●時間: 16:20-17:50
●会場:多摩美術大学 八王子キャンパス レクチャールーム301
●上映作品:『幸福は日々の中に。』(しょうぶ学園ドキュメンタリー映画 /
監督:茂木綾子+ヴェルナー・ペンツェル / 製作:silent voice / 上映時間73分)
●対象:学内、学外を問わずどなたでもご参加可能(入場無料)
●座席数:80名 ※満員の場合は立ち見となる可能性もございますのでご了承ください。

 

【 第2回 開催概要 】
「映像から共創を考える」(映画上映会&ゲストトーク)
●日程:2017年12月8日(金)
●時間:14:40-17:50
●会場:多摩美術大学 八王子キャンパス レクチャーホールB
お越しの際は、公共交通機関をご利用いただきますようお願いいたします。

●上映作品:『幸福は日々の中に。』(しょうぶ学園ドキュメンタリー映画 /
監督:茂木綾子+ヴェルナー・ペンツェル / 製作:silent voice / 上映時間73分)
●対象:学内、学外を問わずどなたでもご参加可能(入場無料)
●座席数:200名 ※満員の場合は立ち見となる可能性もございますのでご了承ください。
●ゲストスピーカー:
芹沢 高志氏(本作品プロデューサー / 環境計画家 / P3 art and environment 統括ディレクター)
相澤 久美氏(本作品プロデューサー / 建築家 / 編集者 / NPO法人震災リゲイン代表理事)
●ホストスピーカー:
港 千尋(芸術人類学研究所 所員 / 写真家)

【しょうぶ学園】
鹿児島市に1973年に知的障害者支援施設として開設。利用者の感性溢れる姿勢に「与えられる」側から「創りだす」側になることを目標に、85年から「工房しょうぶ」と称し、木工、陶芸、染織などのクラフト工芸活動を中心に利用者の個性を発揮できる環境に転換。その後、絵画や音楽などの芸術表現活動が広がり、展覧会などで障がいがある人たちの才能のすばらしさを伝えている。06年には人と環境「衣食住+コミュニケーション」をテーマにものづくりと環境と就労を融合させ、パン工房、パスタカフェやギャラリー、地域住民が利用できる地域交流スペースなどを整備し、開かれた施設づくりに取り組んでいる。
しょうぶ学園「nui project」リンク http://www.shobu.jp/nui.html


【アクセス】

橋本駅から
JR橋本駅・京王橋本駅北口ロータリー6番バス乗り場より、神奈川中央交通バス「多摩美術大学行」約8分
時刻表はこちらから
八王子駅から
JR八王子駅南口ロータリー5番バス乗り場より、京王バス「多摩美術大学行」約20分
時刻表はこちらから


【問い合わせ先】

芸術人類学研究所
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
多摩美術大学八王子キャンパス メディアセンター4F
Email:iaa_info@tamabi.ac.jp
サイト URL:http://www.tamabi.ac.jp/iaa/

15 9月 

「UVレジン」という素材、ご存じの方も多いのではないでしょうか?今回のミニワークショップでは、透明なUVレジンといろいろな素材を組み合わせたアクセサリーバッジを制作します。素材はCMTELでも準備しますが、自分で持ち込むことも可能です。募集定員が少ないため、気になる方は早めの申し込みをおすすめします!

●UVレジンとは
UVレジンとは紫外線に反応し化学変化を起こして固まる性質をもった樹脂です。身近で使われている例としてはジェルネイルがあげられます。樹脂特有のにおいもほとんどなく、紫外線を照射するUVライトを使えば5分ほどで制作ができます。また綿密な計量や攪拌(かくはん)のプロセスがないため失敗も少なく、初心者でも気軽に楽しめます。アクセサリー作りだけでなく、表面加工にも使用できる素材です。

【開催概要】
●日時:2017年10月5日(木)6日(金)
第1回/10:40〜11:20 第2回13:00〜13:40 第3回/14:00〜14:40 ※1日3回、2日間で計6回開催
●所要時間:約40分
●参加方法:要申し込み(定員になり次第募集締切)
●場所:八王子キャンパス メディアセンター2階 CMTEL
●募集対象:多摩美術大学全学生
●募集定員:各回6名/1日3回、計36名
●参加費・材料費:無料
●制作点数:1点
●服装:汚れてもいい作業着やエプロン
●持参するもの:封入したい素材(水分を含むもの、スポンジ状のものは不向き)

【応募方法】
●八王子キャンパスの学生:メディアセンター2F CMTELまで直接申し込みに来てください。
※来館の際には、学生証を持参してください。
●上野毛キャンパスの学生:メールにて受け付けます。cmtel@tamabi.ac.jpまで、以下9項目を明記し送信してください。
件名「ワークショップ参加希望」、学科・学年・学籍番号・氏名・フリガナ・希望日、希望回、電話番号

なお以上の詳細は、学内の掲示板にもCMTEL NEWS no.6として掲示しています。ぜひこの機会にUVレジンを体験してみてください。皆さんの参加をお待ちしてます!

11 5月 

今年度最初のワークショップは「樹脂成型」です。「興味はあるけど難しそう」「どんな材料・道具が必要か分からない」などなど、樹脂にハードルを感じている皆さん、CMTELで樹脂のベーシックにチャレンジしてみませんか?

ワークショップではデモンストレーション実習を通して、「樹脂の扱い方」から「注型(ちゅうけい)制作の基本」を樹脂のプロレクチャーします。また「シリコン型の制作方法」についての説明も行います。

実習では、多摩美のロゴをモチーフにした通称『Tamabi Ring』を制作。出来上がった指輪は、もちろんお持ち帰りいただけます。

今回のワークショップの内容は、フィギュア作り立体作品の複製アクセサリー作り透明樹脂制作に役立つ技法です。樹脂のことを知って制作に活かしましょう!(昨年度の様子はこちらをご覧ください。)


【ワークショップ概要】

●開催日時:2017年6月7日(水) 8日(木)
第1回/15:00〜16:00頃  第2回/16:30〜17:30頃 ※1日2回、2日間で計4回開催
●所要時間:約1時間
●参加方法:要申し込み定員になり次第募集締め切り
●募集対象:多摩美術大学全学生
●募集定員:各回定員30名/各回定員入れ替え制
●場  所:CMTEL(八王子キャンパス・メディアセンター2F)
●参加費・材料費:無料
●服  装:汚れてもいい作業着やエプロン
●講  師:日新レジン株式会社 様より 戸丸 氏  目黒 氏  山本 氏

【応募方法】
●八王子校舎の学生は、メディアセンター2F CMTELにて直接申し込み手続きをしてください。※来館の際には、学生証を持参してください。
●上野毛校舎の学生は、メールにて受け付けます。
cmtel@tamabi.ac.jpまで、以下9項目を明記し送信してください。件名「ワークショップ参加希望」、学科/学年/学籍番号/氏名/フリガナ/希望日/希望回/電話番号

以上、皆さんの参加をお待ちしてます。

※このワークショップは、サポート企業・日新レジン株式会社様にご協力いただいております。

17 4月 

こんにちは、CMTELです。今回はGW明けにCMTELで開催する企画展示のお知らせです。

昨年に続き今年も、UVインクジェットプリントを用いて印刷されたポスター作品展示を開催。今回の展示を通し、視覚にも触覚にも訴えかけることのできるUVインクジェットプリント表現の可能性を感じていただければと思います。期間限定の展示、ぜひ「見に」「触りに」お越しください!

●期 間:2017年5月10日(水)- 2017年  6月1日(木)
●開館時間:平日10:30−17:00
●場 所:八王子キャンパス メディアセンター2F CMTEL(23-204)
●作品数:7点
●協 力:株式会社ショウエイ様 平和紙業株式会社様
●作品デザイン:宮前陽氏、渡辺美里氏、杉田翔平氏、石井勇一氏、河野愛氏、佐藤裕氏

●UVインクジェットプリントとは:
インクが通常のインクジェットプリンターとは異なり、紫外線で硬化するUVインクを用いています。プリントと同時に紫外線を照射し、瞬時に素材にインクを定着させます。「インクの厚盛り」「白インクでの表現」「紙以外にも印刷」…などなど、この印刷技術ならではの技をぜひご覧ください。また小ロット印刷にも向いており、卒業制作個人制作でも活用できる印刷技術です。
________________________________________________________________________________

作品展示・技術紹介「UVインクジェットプリント表現の幅」は以下の企業様・デザイナー様にご協力いただき開催しております。(順不同)

株式会社ショウエイ
 logo_cs6

平和紙業株式会社
heiwa
宮前陽氏

渡辺美里氏

杉田翔平氏

石井勇一氏

河野愛氏

佐藤裕氏