06 10月  

NEW MATERIAL!「ベンジャミンムーア・ペイント」

Posted by CMTEL  |  2015/10/06 14:18

こんにちは。
今回は『ベンジャミンムーア・ペイント』をご紹介します。
現在展示中のサンプルは日本でベンジャミンムーアを取り扱う販売商社『株式会社ニシイ』さんにご協力いただいております。

ベンジャミン01
ベンジャミンムーア・ペイントとは?
アメリカのペイントマーケットをリードしているベンジャミンムーア社が製造する高品質のペイントです。アメリカを含め、北米地域では自分たちで部屋のペイントをすることが一般的な習慣となっているため、誰が塗っても美しく仕上がるように高品質なペイントが生み出されました。IKEAのルームセットの壁や、ストア内各所の壁に使用されているペイントはこのベンジャミンムーア・ペイントです。

ベンジャミン05
豊富なカラーバリエーション
ベンジャミンムーア・ペイントの最大の特徴は色数の多さです。リーガルセレクトシリーズには3,600色もの豊富なカラーバリエーションがあり、白だけでも164色があります。
顔料の配合率など、全ての色の情報はディスペンサーという機械によりデジタル管理されているため、 前回オーダーしたものと同じ色が出来上がります。前回と同じ色をオーダーしたのに、次に買ったペイントを塗ってみると色が微妙に違ったということはありません。
また、その他のシリーズとしてはペイントした面に様々な効果や機能を加えるエフェクトシリーズも充実しています。メタリック調やラメ入り、乾くとチョークボードになるペイントや、砂が混ぜ込んであるため表面にレリーフ状の起伏を作ることのできる「テクスチャーサンドペイント」、金属の粒子が含まれていて乾くとマグネットをつけることのできる「マグペイント」などがあります。


5つの特徴
ベンジャミンムーア・ペイントにはカラーバリエーション以外に大きな5つの特徴があります。

ベンジャミン09
1,臭いがほとんどしない
一般的なペイントには、様々な揮発性有機化合物が含まれています。揮発性有機化合物とはシックハウスの原因物質の1つとされているトルエン、キシレン、ホルムアルデヒド、水銀、鉛などを指します。ベンジャミンムーア・ペイントにはこれらの物質が一切含まれていません。そのため、ペイント独特の嫌な臭いがほとんどありません。
実際にCMTELでも缶のふたを開けてみて、想像以上の臭いのなさに驚きました。CMTEL館内で試し塗りをしましたが、開館中でも全く影響がありませんでした。溶剤の臭いや成分が苦手な人でも扱うことができそうです。

ベンジャミン04
2,色ムラができにくく、塗りやすい
色ムラができにくく、誰が塗っても簡単に美しく均一に仕上がります。何度も上から塗り直す必要がないので、作業時間の短縮にもなり、作業工程がとても楽になります。また、濃い色の下地の上に薄い色を重ねて塗っても、2回だけできちんと下地が隠れます。

ベンジャミン03
3,飛び散りが少ない
ベンジャミンムーア・ペイントは「スパッタフリー」という飛び散りを少なくする特許機能を備えています。ペイント中のアクリル樹脂の含有率を100%に高めることで、高粘度で飛び散らず伸びの良いペイントになります。
試し塗りをした際に垂直に立てかけた板材に塗ってみましたが、全く飛び散りや垂れがなく塗りやすかったです。
この機能が特に本領を発揮するのは天井を塗る時です。上を向いての作業がかなり楽になるでしょう。

4,速乾性の高さ
ペイント後30分から1時間経てば手で触れてもペイントがつかなくなります。あっという間に乾くので、乾燥のための待ち時間も短縮でき作業効率が上がります。ペイントを行おうとすると多少の心構えが必要ですが、このペイントにはそれが不要です。その手軽さを例えるなら、ペンキというよりもアクリル絵の具に近いものを感じました。使った後の道具はアクリル絵の具同様、水で洗うことができます。

ベンジャミン10
5,ついた汚れが落ちやすい
塗装面の乾燥膜の強度が高いため、塗装がはがれにくく丈夫で耐久性に優れています。塗装後の汚れも拭き取ることができるので手入れが簡単です。安価なペイントには価格を抑えるために不純物が混ぜられています。一方ベンジャミンムーアのペイントには膜を作る力が強い「ピュアアクリル樹脂」が100%含まれているため、耐久性に優れています。

下塗り材(プライマー)
「プライマー」とはペイントを剥がれにくくし、綺麗に仕上げるための下塗り材です。また、発色やのびをよくして、下地の影響を受けにくくします。例えば細かい空洞をもつ陶器や金属等のペイントしにくい素材にあらかじめ塗っておくことにより、上塗りの吸い込みを抑え下地との密着性を高め、より耐久性を高めることができます。木材の場合はアク止めとして使用します。
ベンジャミン06
上の画像の板材の色は元々白です。向かって左側は下地にプライマーを塗っていますが、右側は塗っていないので下地の白が透けて見えます。このようにプライマーを塗ることによって下地の色の影響を受けにくくなります。上塗りを2度重ねて塗ってもよいのですが、プライマーを使用することで選んだペイントの色を確実に表現することができます。

ペイント用ツール
ベンジャミン08
ペイント用のツールも充実しており、使い方次第で様々な二次加工を楽しむことができます。これらのツールは店舗にて購入することができます。

今回ベンジャミンムーア・ペイントを使ってみて、その手軽さに壁塗り用ペイントの敷居が低くなりました。それは試し塗りが思いの外簡単で、きれいに臭いもなくペイントできたからだと思います。次はもっと広い所を塗ってみたいと自然と思わせてくれるペイントです。以上の素材サンプルやツールは、CMTELで実際に確認することが可能ですので、皆さん是非CMTELへお越しください。


ベンジャミンムーアペイントロゴデータ
『株式会社ニシイ』

 

アーカイブス

2019年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930