工芸学科 アトリエ見学会2022

update:2022/06/06


 アトリエ見学会2022

美大への進路選択の一助となるよう、受験を希望する方・工芸学科に興味のある方に
工芸学科(陶・ガラス・金属)の授業内容を肌で感じ、工芸学科を知って頂く機会を設けました。オープンキャンパスでは見ることの出来ない大学生のリアルな制作現場を体験できる絶好の機会です。
また、推薦入試・一般入試のより具体的な説明会も行いますので、指導教員に直接相談をするチャンスです。

〜多摩美術大学 工芸学科 アトリエ見学会〜

○日程
2022年6月25日(土)午後3時より約2時間 (受付開始午後2時半)

○集合場所
多摩美術大学八王子キャンパス 工芸棟1F ギャラリー

○対象
多摩美術大学工芸学科受験希望者・興味のある方

○予約締め切り
2022年6月18日(土)

○予約方法
Eメールにて下記の必要事項を送信してくだい。
・件名「工芸学科アトリエ見学会 申し込み」
・本文 1.参加者氏名
    2.返信可能なメールアドレス(受付確認のメールを送信します)

送信先Eメールアドレス kougeikengaku@tamabi.ac.jp

鯨虎じょう Amulet

update:2022/05/23

鯨虎じょう Amulet

工芸学科・陶プログラム助手の今城芙美乃の個展が開催されます。


鯨虎 じょう | Amulet
2022年5月14日(土)- 6月11日(土)

開廊時間:l0:00-18:00
休廊:日•月
会場:現代美術 艸居
京都市東山区元町381-2

http://gallery-sokyo.jp/exhibitions/

「輪郭」新谷仁美 絵・森田春奈 陶

update:2022/04/04

「輪郭」”

本展覧会は、工芸学科・陶プログラム非常勤講師の森田春菜先生の二人展が開催されます。


「輪郭」
新谷仁美 絵
森田春奈 陶
2022.4.23satー29fri  12:00~19:00

 【輪郭】
  物の外形を形づくっている線。
  物事の大体のありさま。概要。大筋。容貌。

井上雅之展―多摩美術大学退職記念―

update:2022/04/01

井上雅之展多摩美術大学退職記念

陶専攻教授井上雅之先生の多摩美術大学退職記念が開催されます。


井上雅之展 INOUE Masayuki
―多摩美術大学退職記念―
2022.4.4(月)‐4.23(土)
日曜日休廊 10:30-18:30


ギャルリー東京ユマニテは「井上雅之展―多摩美術大学退職記念―」を開催いたします。

井上は1957年神戸市生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修士課程を修了後、1980年代から陶を素材に立体作品の制作を試み、国内外の展覧会で発表。多くの美術館などに作品がコレクションされています。また、2017年には「第24回日本陶芸展」で大賞受賞するなど現在も精力的に発表を続けています。

土を捏ね焼しめて生成される陶は古来から用の美の器として使われてきましたが、井上はその身近な素材でいくつものパーツを組み上げ構成し、大規模なかたちを作り上げるという新たな手法で日本を代表する作家の一人として活躍。陶という自然の力と自身の身体をとおして生成される強固な素材で様々なかたちを立ち上げようとしています。

また、井上は制作の傍ら、母校である多摩美術大学工芸科で1998年から教鞭をとってきましたが、来春をもって退職となり、今回は退職記念の展示となります。3年振りの新作展となる本展は、今にも動き出しそうな生き物を彷彿とさせる2mもの巨大な作品を中心に小品なども含めて発表します。

さらに、6月には茨城県陶芸美術館にて学生時代に制作した初期作品から最新作まで約65点による回顧展も開催されます。併せて是非ご高覧下さい。

〈作家コメント〉

自身の成したことを十全に俯瞰することは叶いませんが、振り返る機会を得ています。20代半ばにロクロと出会って始めた仕事と、40年余りの時を経て眼前にある作品が根源的には同様、同質であると実感しています。素材というか、物質というか目の前にある存在に誘われ、それへの感応の形象化を続けています。

METAL ARTS 変幻自在

update:2022/02/24

METAL ARTS 変幻自在

METAL ARTS 変幻自在

工芸学科・金属プログラム3年生による展覧会です。

「METAL ARTS 変幻自在」

【展示詳細】
開催期日:2022年2月28日(月) ~ 2022年3月18日(金)
     8:30〜20:00(最終日16:00まで)
     入場無料
休館  :土日祝日

開催場所:天王洲セントラルタワー1F アートホール
     〒140-0002 品川区東品川2-2-24

METAL ART STREET 2022

update:2022/02/24

METAL ART STREET 2022

METAL ART STREET 2022

工芸学科・金属プログラム教職員・大学院生による展覧会です。

「METAL ART STREET 2022」

【展示詳細】
開催期日:2022年3月8日(火) ~ 2022年3月13日(日)
     11:00〜19:00(最終日17:00)
     入場無料
開催場所:「White Gallery」
     〒113-0022 文京区千駄木2-35-2

     「Gallery KINGYO」
     〒113-0022 文京区千駄木2-49-10

出展者:野口 裕史 安藤 泉 藤田 政利 関井 一夫 小林 光男 手錢 吾郎
山田 瑞子 留守 玲 糸賀 英恵 澤田 将哉 山内 奏 牛木 ちひろ
鎌田 晶 下 虎之介 劉 雨婷 木村 留莉子 李 沫林 和田 資生

壁11㎡の彫刻展#06

update:2022/01/13

 壁11㎡の彫刻展#06

工芸学科・陶プログラム卒業生であり元助手の森川裕也さんのグループ展が開催されます。


いりや画廊企画
「壁11㎡の彫刻展#06」

​児玉士洋/小日向千秋/佐藤伊智郎/増川寿一/村松英俊/森川裕也/吉村サカオ

​2022年1月24日(月)から2月5日(土)
11時30分〜19時30分(最終日16時/日曜休廊)

小笠原森   - きっかけをかさねる -

update:2022/01/12

小笠原森

陶プログラム非常委員講師の小笠原森 先生の展示が開催されます。


小笠原森   - きっかけをかさねる -

Place:東京ガーデンテラス紀尾井町
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-3
紀尾井タワー2F オフィスエントランス

Date:2022年1月7日(金)〜3月4日(金)  11:00~20:00(入場無料/無休)

塩谷良太 「Formlessness doesn't exist without Form かたちに、かたちないもの」

update:2022/01/12

塩谷良太

陶プログラム非常委員講師の塩谷良太先生の展示が開催されます。


塩谷良太展 <かたちに、かたちのないもの>

会場:cont
466-0059 愛知県名古屋市昭和区福江1-15-18
https://sheep-dps.jp/shop/
TEL:052-228-6675

会期:2022年1月21日(金)〜1月31日(月)
開館時間:11:00~17:00
会期中無休

オンライン展覧会: 2022年2月2日(水)11:00開始 - 2月13日(日)18:00終了
https://soycandle-sheep.com

工芸学科 非常勤講師 採用情報

update:2021/12/07

工芸学科採用情報

1.職名 非常勤講師
2.人員 1名
3.所属 工芸学科 金属プログラム研究室
4.専門分野 彫金・鍛金
5.担当授業科目 工芸造形論Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ、工芸制作研究Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ、卒業制作
6.応募資格 修士以上の学位を有し、金属工芸に於ける専門技術・知識(彫金・
鍛金)それに伴う教育・研究能力を有する者。
7.勤務形態 非常勤(1年ごとの契約、双方合意により最長5年)
8.待遇
【契約期間】2022年4月1日 ~ 2023年3月31
【勤務地】 多摩美術大学八王子キャンパス
      (東京都八王子市鑓水2-172)
【給与】  本学規程による
【社会保険】労災保険のみ適用。
      (雇用保険、社会保険は適用されません。)
【通勤手当】実費を支給する。
支給は非課税限度額(1ヵ月150,000円 )かつ、
1日あたり20,000円を上限とする。

9.採用予定日 2022年4月1日
10.応募期間 2021年12月7日(火)〜2022年1月5日(水)必着
11.応募書類 
 ⑴履歴書(本学所定書式、写真添付)
 ⑵教育研究業績書(本学所定書式)
 ⑶作品資料(ポートフォリオ)
12.選考方法 書類審査〜面接審査
13.応募方法 JREC-INを参照
https://jrecin.jst.go.jp/offer/CancelJor
14.問い合わせ先
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-172
多摩美術大学 八王子キャンパス
工芸学科 金属プログラム研究室
手銭吾郎E-mail: tezeni@tamabi.ac.jp

Category


Archive