2020年度前期授業終了

コロナ禍のもとで例年よりもひと月遅れて5月にオンライン授業が始まり、7月に入ってからは周到な対策を施したキャンパスでの面接授業も交えつつ前期が本日で終了します。学生にも教職員にも例年はなかった大きな負荷がかかり大変な状況が続きましたが、オンライン授業の有効性が明らかになる一方で面接授業でなければ得られないものが逆に浮き彫りになるということもありました。

コロナ禍がいまだ収まる気配を見せない中で、美大がいかにあるべきかということ自体が問われています。後期も感染動向や社会の動きに留意しながら、学生の皆さんにとって実りある授業になるよう模索を続けます。

カテゴリー: